<   2006年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

早稲田実業、夏の甲子園初制覇!

いやはや、球史に残る好カードとなりました、第88回の全国高校野球選手権決勝。昨日は、延長15回を戦う投手戦となり、引き分け再試合となり、「駒大苫小牧×早稲田実業」は球史にその名を刻みました。

そして今日、その球史に残る名勝負の結果が出ました。

早稲田実業が、4-3と辛くも駒大苫小牧を下し、あの王貞治や荒木大輔でも成し得なかった、夏の全国制覇を達成し、一人で今大会を投げきった斎藤投手と和泉監督は、一躍時の人となりました。

序盤、駒大苫小牧は先発の菊池が四球で崩れ、1点を献上。すぐにエースの田中と交代するも、さらに1点を失い、2-0と早実がリードしました。

6回、駒大苫小牧は三谷の本塁打で1点差に迫りましたが、その裏に1点を失い、再びリードを2点差に広げられます。さらに7回にも1点を失い、その差は3点となりました。

しかし、王者・駒大苫小牧はそれでも食い下がりました。土壇場の9回表、先頭の三木がヒットで出塁し、無死一塁の場面で中澤がバックスクリーン左へ1点差に詰め寄る2ランホームランを放ち意地を見せました。

が、4番の本間は最後まで斎藤にタイミングが合わず三振。5番の岡川はセカンドフライ。そして、6番・ピッチャーの田中は粘りはしましたが、最後は斎藤のストレートに三振。早実の初優勝が決まるとともに、駒大苫小牧の3連覇の夢が費えました。

どちらが勝ってもおかしくない、本当に球史に残る屈指の名勝負だったと思います。

私の弟は、この早稲田実業の高等部に通ってまして、今日は小室記念ホールでこの試合を観戦してきました。もう、ものすごい盛り上がりだったそうです。

しかし、早実の斎藤投手はすごいピッチャーですね。この大会をほぼ一人で投げきり、3連投で400球以上投げてるにも関わらず結果を残す。本当に凄いピッチャーです。今年のドラフトの目玉になるかもしれません。是非、プロで見てみたい投手です。

駒大苫小牧の田中投手も素晴らしい選手だと思います。こちらもドラフトの目玉になるでしょう。打撃センスも非凡で、色んな球団から引く手数多だと思います。

とにかく凄い勝負でした。こんな試合を見ることが出来て、一野球ファンとして、とても幸せです。両校の選手の皆さん、おつかれさまでした。

そして、我が母校の野球部の選手の皆さん、来年こそは甲子園への切符を勝ち取ってください。早実、日大三など、強敵はたくさんいますが、来年こそはお願いします。

ではでは今日はこのへんで。
[PR]

  by crazytigersfan | 2006-08-21 22:18

首位決戦観戦。

今日は、白骨氏とともに、パ・リーグの首位攻防戦:西武ライオンズ×福岡ソフトバンクホークスの16回戦(インボイスSEIBUドーム)を見に行ってきました。

席は内野指定で、一塁側のB59通路21段目の102番でした。
d0041058_154468.jpg

なかなかの席でした。全体を見渡しやすく、観戦に向いていました。(内野なんで、応援には向きませんが。)
d0041058_221147.jpg

      ↑5回時
d0041058_225110.jpg

      ↑7回時
人の入りは、一塁側内野席・ライトスタンドはかなり入ってました。レフトスタンドはそこそこでしたが、三塁側の内野席は結構空いてました。夏休み終盤の日曜と言うこともあってでしょうが、全体的にはパの試合としてはかなり多く入っていたと思います。

で、試合なんですが、まぁ、とにかく残塁の多い試合でした。両チーム合わせて19本のヒットが飛び出しながらも、得点は両チーム合わせてたったの5点。投手戦でもなく打撃戦でもなく、なんとなく歯がゆい試合でした。

先発は、西武が西口、ソフトバンクが杉内でした。

西口は立ち上がりこそボール先行で走者を許しながらも、併殺でしのぐピッチング。終盤にかけて段々良くなるしり上がりのピッチングでした。

一方の杉内は、立ち上がりは良かったのですが、点を取ってもらった後から不安定になり、5回途中で降板しました。

試合は、ソフトバンクが松中のホームランで先制。ライトスタンドへ推定120メートルのホームランでした。いや、貫禄の一発でした。生で見られて凄く嬉しかったです。

その直後に、西武は高山のレフトスタンドへのホームランで同点に追いつき、さらに5回、和田のセンターへ抜ける適時打で勝ち越しに成功しました。

その後は暫く膠着状態。お互いに走者を背負いつつ、それを併殺でしのぐ、と言った感じでした。

8回、西武3番手の三井が、代打・大道に同点の適時二塁打を許し、西口の勝ち星を消してしまいました。つくづく西口って不運な投手だなぁ、と思いました。

直後の8回裏に、先頭の和田がヒットで出塁し、更に牽制悪送球で二塁へ進塁。そして、平尾が犠打できっちり三塁へ送った後、高山が大きなライトフライ。これが犠牲フライとなり、勝ち越しに成功しました。

最終回は、守護神・小野寺が登板。一死満塁の大ピンチを作りながら、ズレータを三振、カブレラをセカンドライナーに打ちとって試合終了。3-2で、辛くも西武が逃げ切りました。

とにかく胃が痛くなりそうな、そんな試合でした。でもま、一方的なゲームとかじゃなくて良かったですよ。松中のホームランとか、中継で本塁刺殺とか、結構良いものも見られましたし、内容的には満足しています。

では、今日はこの辺で。
[PR]

  by crazytigersfan | 2006-08-20 23:50

終戦記念日

今日は終戦記念日でした。日本国民の一人として、戦没者の方々に対して深い哀悼の念を表明したいと思います。

さて、終戦記念日の今日、大きな話題になったのは、小泉純一郎首相の靖国神社の参拝です。

私は前々からこの参拝には賛成を唱えていましたし、公約どおり終戦記念日に参拝したことで、個人的な小泉首相の株は上がっております。

予想通りですが、韓国やアジア諸国…とりわけ中国から猛烈な抗議がありました。

この抗議は、私は大変不快に思っています。

中国や韓国は何かと過去の歴史問題に言及しますが、その問題は国交の正常化に伴って、水に流してるはずで、これを蒸し返してくるのは、まずおかしいことです。さらに言えば、首相がいつどこに参拝しようが、これは「内政」に関することであり、国際法上に明記されている「内政不干渉の原則」を大いに侵犯しているものです。

私は、歴史問題について、正当化して、なかったことにしようとは思っていません。南京大虐殺や朝鮮人に対する非人道的な扱いがあったことは歴史上の事実ですし、許されることではありません。

しかし、その問題と祖国を守るために戦った兵士や、戦争の被害にあった民間人を祀った神社に参拝し、戦没者に敬意を表することとはまた別の問題です。

今回の参拝に対する中国政府の声明は違法で不当な暴言と言わざるを得ません。

中国はいつまでも過去のことに固執し、それをもって外交の手段の一とする悪質な国家だと、言われても仕方がないでしょう。特に、日本に対しての執着心は異常です。ここまで固執するなら、アヘン戦争でもたくさんの人が亡くなったんだから、イギリスに対してもいつまでもそれを外交の手段として使って脅迫的外交をすべきですよ。それをやらないと言うことは、もはや、すでに解決された歴史問題を使っての不当な脅迫行為以外の何者でもありません。日本政府としてはもっと中国に対して、強気にでるべきです。

「日本製品のボイコット?上等だ!」

くらいの気持ちで接するべきです。これによって中国との関係が悪化しても、それは止むを得ないことでしょう。不当な脅迫に屈する必要はないのです。

韓国に対してだってそうです。韓国民がデモ行進で「小泉首相は韓国民に謝罪しろ」とのたまってましたが、意味不明です。1910年に行われた、日本の韓国併合は「負」のイメージで見られがちですが、韓国の行政システムや教育システムの基礎を築いたという韓国に対する貢献もあります。そもそも、 自国の英霊に対して敬意を表することに対して、どうして他国民の顔色をうかがう必要がありましょうか?

実際、60年も前のこと、しかも直接的に遺族にかかわりのない参拝で、遺族の心が傷つくんでしょうか?実際にその立場に立たないと分かりませんが、客観的に見ればまずそれはないでしょう。一国の代表者が、自国存亡のために命を落としたものに対して敬意を表することがそんなに「遺族の感情」を傷つけ、「平和的な国際関係」を破壊するものなんでしょうか?

私は納得がいきません。極端な例になりますが、「韓国民が安重根を崇拝することは、我が国最初の総理大臣である伊藤博文を殺害した犯人を崇拝することであるから、日本国民の気持ちを傷つけているから、安重根を崇拝することに対して謝罪すべきだ」と言っていることになります。おかしな理屈でしょう?

中国や韓国のしていることは「歴史問題」をネタにした悪質な「ゆすり」です。これに対してビクビクする外交はもってのほかですし、卑屈になって彼らの機嫌を取るような外交も許せません。ポスト小泉に求めることはただ一つ。

「中国・韓国・北朝鮮に対する強硬外交」

これです。屈することはないのです。過去は過去、清算の終わったことを口にするのはおかしいと言ってやればいいのです。

いつまでも歴史問題を持ち出すことは愚かしいとしか言い様がないし、不当極まる卑劣な外交手段であると断言せざるを得ません。この不当な圧力に対して、日本国民は堂々と「おかしい」と言うべきなのです。中国や韓国の機嫌を取る必要などないんです。間違ったことに対しては「おかしい」と言わなければ状況は変わりません。彼らの過去を盾にした卑劣な外交に対して、日本国民は屈することなく堂々と立ち向かうべきであると思います。日本製品のボイコットなんてチャンチャラおかしいですよ。やってもらいましょう?過去を振り返ってばかりのヤツに明るい明日など訪れません。
[PR]

  by crazytigersfan | 2006-08-15 23:51

エロおやじ ~さらば夏よ~

どうもこんにちは。

いよいよ、サザンのニューシングル・「DIRTY OLD MAN ~さらば夏よ~」が発売されました。(ま、昨日から売ってる事は売ってましたが。)今回のブログタイトルは、今回のシングルの英語部分を日本語訳したモノです。

ま、それはさておき、私も早速ゲットしてきました。
d0041058_23183196.jpg

このCDを買うと、サザンのシングル恒例のステッカーを使ったくじ(写真左下)が出来るので、私もやりました。

結果はA賞。聞こえは良いですが、賞品は団扇です。写真の一番上に写ってるのがそうです。

A賞が当たるのは、2度目です。この前当たったのは、3個前のシングル・「君こそスターだ/夢に消えたジュリア」のときで、このときも賞品は団扇でした。

曲自体は、A面なんかはラジオやテレビで結構耳にする機会があったので、さほど新鮮には感じませんでしたが、やっぱりいい曲です。B面はラジオでもあんまりかからなかったので、新鮮に聞くことが出来ました。

ではレビューをばして見たいと思います。

DIRTY OLD MAN ~さらば夏よ~…イントロから1回目のAメロまではキーボードとアコギのバッキングで、8分刻みのバスドラムがすごく心地いいです。2回目のAメロからベースが入ってくるんですが、これまた疾走感があっていい感じです。ルート音を刻むのではなくて、ルートとコードの構成音の二つの音を8分で並べているので、とっても心地よいです。サビからのストリングスが、曲を盛り上げていて、頭に残ります。ディスコをイメージした曲らしいですが、近年のサザンらしい爽やかなポップテイストの名曲です。この曲には振り付けがあるんですが、振り付けはかなり難しいです。

BREEZE…イントロ1はアコギでの変拍子+パーカッション。アコギのリズムは弾くのは難しいのではないかと思います。イントロ2からはアコギは普通のバッキングになって、ハラボーの吹くリコーダー(多分ソプラノリコーダー)が入ってきます。リコーダーパートは懐かしいような、それでいてちょっと切なくなるようなメロディーです。すごく頭に残ります。全体的に、とっても爽やかなサマーソングだと思います。「DIRTY OLD MAN ~さらば夏よ~」はメッセージソング的なイメージがあるんですが、こっちは単なる夏の情景を描いた、爽やかな歌だと思います。

太陽に吠える!!…石原裕次郎主演の名作・「太陽にほえろ!」をもじったタイトルですが、曲自体はものすごく作りこまれた、濃~いブルースです。イントロは、去年の全国ツアーの時に、アンコール前で披露されていた「××ブルース」(××は場所によって違いました。東京は「水道橋」で、横浜は「生殖器」でした)と全く同じ。ギターソロが哀愁のブルース感をうまく引き立てています。途中からハモンドオルガンがバッキングに入り、これまたいい感じです。この暑っ苦しいブルース具合がすごくツボにはまりました。今回の3曲の中では一番気に入ってます。

今回のシングルは、桑田佳祐がギターを弾いてないそうで。変わりにA面のベースを弾いてます。あんな疾走感のあるベース演奏が出来るのか、と感心させられました。でも、ムクちゃんの方が、やっぱり味のあるベース演奏をします。桑田はいわゆる「上手い」ベースで、ムクちゃんは「味のある」ベースなんですね。ムクちゃんの場合、「そんな展開するのか!」とビックリするくらいのベースラインを弾いてるときがありますからね。やっぱり、サザンのベースはムクちゃんです。

今回、「太陽に吠える!!」で、久々に毛ガニがパーカッションを叩いてました。メンバー最年長者も健在ぶりをアピールしてくれたので、今後のサザンの活動も楽しみです。

ではでは、今日はこの辺で。
[PR]

  by crazytigersfan | 2006-08-09 23:16

さつがいせよ!

昨日、田村ゆかりさんの10thシングル「童話迷宮」が発売されました。

当然、私もそれを買うべく新宿のゲーマーズに行ったんですが、ちょっと行った時間が遅かったせいか、もう売り切れてたんですよ!

発売日にゆかりんのCDを買えなかったことはなかったんですが、今回はゆかりんのポスター手渡しイベントがあるせいなのか、さっさと売れちゃったみたいでした。仕方がないので、昨日はあきらめ、今日改めて立川のゲーマーズに買いに行ったわけです。

立川には予想通りいっぱい残ってました。仕事に行く前だったのでさっさと購入しました。

んで、これがその成果です。
d0041058_23285693.jpg

特典のブロマイドとイベントの応募用紙ももらえました。だけど、店員が空気読めない人で、ブロマイドをそのままCDと一緒に袋の中に入れるんですよ…。きちんと専用のビニール袋に入れてほしいですね…。

そうそう、立川のゲーマーズって、4階にあるんで、エレベーターに乗っていくじゃないですか。で、エレベーターを待ってたんですが、私のほかに30代後半~40代前半くらいの女性がいらっしゃいまして。エレベーターがつくと、先にその女性が乗りこみ、7階のボタンを押したんです。それで、私は4階のボタンを押そうとしたら、その女性、4階のボタンも押したんですよ。彼女いわく、

「若い人はみんな4階に行くから…」

ま、私は4階に行く予定だったからいいんですが、もし違ったらどうする気だったんでしょう?それとも、私の外見を見て確信を持ったんですかね?ま、いいや…。

じゃあ、CDのレビューを書きます。

童話迷宮:「おとぎ銃士 赤ずきん」のオープニングテーマ。オルガンやキーボードのアレンジがとってもテクノな感じでいいです。ゆかりん得意のアダルティーな歌い方もとってもいいです。

miss you:ゆかりんの歌としては新しい感じの曲だと思います。バラードは何曲もあるんですが、爽やかな感じの中にも情感のこもった名曲だと思います。

天使のお仕事:ふわふわとしたファンシーな曲に、ゆかりんの甘い声がきれいにマッチしていて、ついつい何度も聞いてしまいます。中毒性高いです。

ジャケットは史上最高とも言えるほど可愛らしいデキだと思います。一般の方々にもオススメですよ。

それじゃ今日はこのへんで。
[PR]

  by crazytigersfan | 2006-08-03 23:21

イースタン観戦。

今日は、白骨氏と読売ジャイアンツ球場で行われた、イースタンリーグの公式戦・読売ジャイアンツ×北海道日本ハムファイターズの試合の観戦に行ってきました。

読売ジャイアンツ球場に行くのは初めてなので、色々と楽しみにしながら球場に向かいました。

まぁ、それにしても、球場に着くまで遠いこと!

京王よみうりランドの駅を出てすぐのところから「巨人への道」なる遊歩道があり、そこからジャイアンツ球場まで向かうわけですが…。

遊歩道とは名ばかりで、その正体は250段を超す石段なのです!オフには選手が自主トレに使っていると言います。

そりゃもう、日ごろ運動不足な私にとってはキツいものでしたよ、ハイ。勾配が緩やかなのと、曇り気味の天気だったことが救いです。これで快晴だったらもっとキツいものになっていたことでしょう。

その地獄の石段を登り終えて、駐車場を抜けたところにようやく「ジャイアンツ球場入り口」の看板が見えました。

看板の横手の階段を下りて、ようやくチケット売り場です。いやぁ、階段を登り終えた直後にまた別の階段を下りるってのはキツいですな。足がガクガクしましたよ。

チケット売り場で父からもらった招待券を出し、入場券と交換してもらいました。なんか、他にも色々とグッズをくれました。
d0041058_1261260.jpg

手前のクリーム色の冊子は、「ジャイアンツ イースタン・パスポート」なるもので、ジャイアンツ球場での巨人主催のイースタンの試合に行くとスタンプを押してもらえ、そのスタンプ数に応じてグッズがもらえるらしいです。

当然、1人1冊なのですが、なぜか券売所のおっさんが3冊くれたのです。そのうち
1冊は白骨氏の分なのは分かりますが、どう勘定しても1冊多いんです。ま、細かいことは気にしない、ということでそのままもらっちゃいました。

その上の紙は、球場とかではよくあるラッキーナンバーの書かれた紙です。当たると球団グッズとか球団の主催試合のチケットがもらえるヤツです。まあ、普通に外れました。

で、ちょっと横道に逸れましたが、それらを受け取ると、客席へ向かいました。さすがに2軍の試合ですから、人も多くはありません。(球場自体の収容人数も4000人ですから。)

ま、どっちを応援する、ということもないし、せっかく空いてるんだから、とバックネット裏に座りました。

今まで外野・内野と見てきましたが、やっぱり真後ろってのは迫力ありますね。球筋が良く見えるので、ピッチャーの投球を見てても楽しいですしね。ま、2軍の試合じゃなきゃ、とても出来ないことですけどね。

さて、試合のほうはと言いますと。ツイてるんだか何だか知りませんが、巨人の先発は往年のエース・桑田(!)。いやいや、こんなところで桑田にお目にかかれるとは思いませんでした。受けるキャッチャーは村田と、バッテリーだけものすごいベテランで、ちょっと浮いてはいましたが、やっぱり上で活躍してた選手を見られると言うのも嬉しいものです。

一方のハムの先発は若手有望株の正田。さらに、3番にはファームで調整中の木元がいました。コチラも知っている顔がいて嬉しかったですね。

試合は、序盤は膠着しました。巨人の先発・桑田はヒットを浴びるんですが、のらりくらりとベテランらしくかわし、点を許しません。ハムの先発・正田はヒットを許さず、きっちりと役目をこなしていました。

試合が動いたのは3回裏。正田が一死から村田に四球を与え、桑田がきっちりと送りバント。(このへんは、さすがにベテラン。きっちりこなしてました。)さらに暴投で走者は三進し、川中の内野安打で巨人が先制しました。

さらに4回裏。正田は無死から先頭の堀田に四球を与えます。さらに、原・三浦と連打を許し、無死満塁のピンチを作ります。そして、続く黒田が適時打を放ち、1点を追加。さらに二死となったあと、桑田が2点適時打を放ち(やっぱり桑田は打撃もすごいです。)、この回3点を挙げて、一挙にリードは4点としました。

しかし、桑田はその直後の5回表に鵜久森の適時二塁打、糸井の適時三塁打で3点を失い、この回限りで降板しました。

その後、一旦試合は止まりましたが、7回表。この回からマウンドに登った福田が制球定まらず、四球の連発で無死満塁のピンチを作り、一死後に尾崎に適時打を浴び、同点にされました。しかし、その後は投球にエンジンがかかり、この1点だけに抑えました。

そして、その裏。村田が左中間に勝ち越しのソロホームランを放ち、さらに二死二、三塁から堀田の適時打で1点を追加。2点を挙げました。

結局、これが決勝点になり、試合は巨人が6-4で勝利しました。

ま、巨人が勝ったのはアレですけど、桑田は見られたし、木元も見られたし、豊田の登板もあったし、ホームランも見られたしと、見たいものは見せてもらったので、結構満足だったりします。こんどは、ファーム交流戦の巨人×阪神を見たいものです。

ま、石段の登り下りは大変でしたが、なかなか有意義な時間でした。

ではでは、今日はこのへんで。
[PR]

  by crazytigersfan | 2006-08-01 23:09

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE