<   2006年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

猛虎首位奪還!

昨日の西武ライオンズ2回戦に、我らが阪神タイガースがワンチャンスをモノにして勝利し、読売ジャイアンツが千葉ロッテマリーンズ2回戦に敗れたため、阪神が首位に立ちました。

昨日もわずか4安打と打線が不振極まりない阪神ですが、とにかく磐石な投手陣のおかげで、最少得点でも先行すれば逃げ切れるので、打線不振ながらも、ついに首位に立つことができました。

さて、オールスターの投票が先週の頭から始まりましたね。

私も投票開始日の0時に登録して、早速投票しました。

パシフィック・リーグ

先発投手:吉井理人(オリックス)
中継投手:菊地原毅(オリックス)
抑え投手:福盛和男(東北楽天)

捕手:カツノリ(東北楽天)

一塁手:小笠原道大(北海道日本ハム)
二塁手:堀幸一(千葉ロッテ)
三塁手:中村剛也(西武)
遊撃手:沖原佳典(東北楽天)

外野手:SHINJO(北海道日本ハム)
外野手:サブロー(千葉ロッテ)
外野手:磯部公一(東北楽天)

指名打者:山崎武司(東北楽天)

セントラル・リーグ

先発投手:安藤優也(阪神)
中継投手:藤川球児(阪神)
抑え投手:久保田智之(阪神)

捕手:矢野輝弘(阪神)

一塁手:A・シーツ(阪神)
二塁手:藤本敦士(阪神)
三塁手:今岡誠(阪神)
遊撃手:鳥谷敬(阪神)

外野手:濱中治(阪神)
外野手:金本知憲(阪神)
外野手:赤星憲広(阪神)

まぁ、セ・リーグは阪神の選手ばかりですが、パ・リーグはバランスよく選んだつもりです。

あ、ソフトバンクの選手が入ってないやw

とにかく、今回は清原を出さないことと、カツノリの初出場を達成させてやりたいです。


さて、話題を変えましょう。

去る25日、給料日と言うことで、3限の授業が終わった後、駅バイトまでの時間を利用して、秋葉原に行ってきました。

まぁ、普段どおりの秋葉原でしたが、やっぱりメイドが目に付きますね。平日の昼間だっていうのに。2~3年前はこんなこと無かったんだけどなぁ。

そのメイドもピンからキリまでですね。でも、若ければそれなりにはなるんですが、まさに「おばさん」と言うにふさわしい人がメイドの格好をしてて、ちょっと眼に毒でしたね。

さてさて、わざわざ行ったのはこれを買うためです。
d0041058_1528101.jpg

ゆかりんのコンサートDVDです。特典の生写真が入荷待ちらしく、6月初旬に取りに来いといわれました。代わりなのか、旧譜購入特典のステッカーをくれました。

で、仕事を終えて帰宅して、早速見たんですが…。

今まで、ライブの映像はサザンオールスターズしか見たことがなくて、こういった所謂「アイドル」モノは見たこと無かったので、戸惑いと言うか何と言うか…。

1フレーズごとに“ゆかりん”コール入れたり、ピンクの法被とハチマキを纏ったオタク風の人が多かったり、ピンクのライトスティック(?名前が分かりません)を振ったり…。

ちょっとテンションと言うか、そういうのについていけない感がありました。MCのたびになんか大声で叫ぶおっさんとかいるし…。

ちょっとキモいかも…。

途中のMCで、年齢アンケートやったら、20~30代の多いこと!!流石にオイオイと突っ込みたくなりました。

会場全体が暗くなって、観客のライトスティックのピンクの光で包まれるのはキレイなんですが、観客席のアップになると、とても見ていられません。やっぱり法被とハチマキはアカンですよ。

ま、でもそれを夜中にコソコソ見ている私自身も相当キモいとは思いますが。

で、内容なんですが、そういう観客のところを除けばなかなか良かったですね。衣装も全体的に可愛かったし、歌は上手いし。アンコールのLittle Wish~First step~で感激したのか、泣きながら歌ってるところには感動しました。

2枚目にはこのコンサートの1個前のコンサートのSpecial Editionが収録されているんですが、こちらはバンドによる生演奏でした。

しかし、サザンに慣れてると、やっぱり見劣り(聞き劣り?)しますね。演奏技術そのものはやっぱりプロだからしっかりしているんですが、やっぱり斎藤誠のギターの方が味があるし、ギターのフレーズが生きてる感じがします。ドラムなんかはやっぱりヒロシのドラミングには遠く及ばない感じです。

でも、カラオケでやるよりかは、やっぱり生演奏の方がいいです。

そうそう、このディスクのMCでゆかりんが、飲み会に呼んでもらえなかったことに対して、

「コンサートがあるから、ゆかりはホテルで体を慰めろってことだと思うんだけどぉ…」

会場全体が異様な盛り上がり。言った本人も気がついたらしく、恥ずかしそうにセットの裏に隠れていってしまう姿には萌えましたw


さてさて、このDVDの他に、こんなのも買いましたよ。
d0041058_1644490.jpg

久々にロリマンガを買いました。私の好きな作家なんですが、ヒットでした。おいしくいただかせてもらいましたよw

たまに行くとやっぱり燃えるところですね、秋葉原。6月入ったらまた行かないと。特典も貰わなきゃいかんし、G-Sisterも買わなきゃいけないし。

何だかんだ言ってもヲタ脱出はできないものです。アニメとかほとんど見てないんですけどね…。

今日はこの辺にしときます。ではでは。
[PR]

  by crazytigersfan | 2006-05-28 14:53

無敵のパフォーマーSHINJO!

先日の甲子園での阪神-北海道日本ハム戦で、SHINJOがやってくれましたね。言わずもがな、これのことですよ。
d0041058_093456.jpg

古巣の本拠地で、古巣のユニフォームで練習をしてみせる…熱狂的なファンの多い阪神を知っているSHINJOならではのパフォーマンスです。(試合上の)敵である阪神ファンをも喜ばせようとするそのファンサービス精神には頭が下がります。

ただ、これを審判団が「マナー違反」で注意するというのはちょっといただけないと思います。

野球離れが進み、ファン獲得が、NPBにとって最重要課題である今、こうした奇抜かつ斬新なアイディアを「マナーの問題」として潰していくのはいかがなものでしょう?

こうした変わったパフォーマンスで少しでも野球ファンを獲得していく必要があるんじゃないでしょうか?SHINJOはそういった点で、ものすごく球界に貢献しています。先日のエリのたったアンダーシャツだってそのパフォーマンスの一環であって、褒められこそすれ、注意を受けるのはおかしいと思うのは私だけでしょうかね?

事実、SHINJOの奇抜なパフォーマンスのおかげで、開幕の札幌ドームは満員になりました。彼のパフォーマンスなしに、球界の盛り上がりはない、と言っても過言でないのです。

今年限りで引退するというSHINJO。大事なパフォーマーを失おうとしてるのに、審判団は「マナー」の3文字でその引退前のパフォーマーの最後の球界への貢献を潰していく。納得がいきませんね。

それじゃ、今日はこれくらいで。

P.S.今日のオリックス戦に5-3で勝ち、阪神は再び単独2位に浮上しました!巨人との差はわずかに2ゲーム。もう背中が見えてきました。この交流戦で一気に首位を奪還したいですね。
[PR]

  by crazytigersfan | 2006-05-21 23:12

無念…。ター坊逮捕…。

今、とても悲しいです。

それは、こんな記事を読んでしまったからです。

 神奈川県警暴力団対策課は12日までに、覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反の現行犯で、人気バンド「サザンオールスターズ」の元メンバーでミュージシャン大森隆志容疑者(49)=横浜市中区打越=を逮捕した。

 大森容疑者は「自分で使うために持っていた」と容疑を認めているが、入手経路は「誰から買ったかは言えない」と供述しているという。

 調べでは、大森容疑者は11日正午ごろ、自宅寝室などで、覚せい剤約10グラムと乾燥大麻約40グラムを所持した疑い。

 同課は数カ月前に大森容疑者が覚せい剤や大麻を所持しているとの情報を入手、内偵捜査を続けていた。

 大森容疑者はサザンオールスターズでギターを担当していたが2001年に独立し、ソロ活動していた。(デイリースポーツ)


サザンオールスターズの元メンバーのター坊こと、大森隆志の逮捕を知ってしまったからです。

大森は、2000年の「SASミレニアム3部作」と呼ばれた、「TSUNAMI」、「HOTEL PACIFIC」、「この青い空、みどり~BLUE IN GREEN~」を最後に、サザンオールスターズを脱退、ソロ活動をしていました。

新しいところでは、元ゴダイゴの浅野氏や、上田正樹氏らとジョイントコンサートをしたりしていました。

しかし、最近は、HPの更新も滞り、活動内容も非常に不透明な時間が長く続き、色々な噂が立てられていました。

巨大掲示板・2ちゃんねるで、「大森はクスリをやってるのでは?」と書きたてられたこともありましたが、まさかそれが事実になるとは…。

大森がクスリに走ってしまった理由はわかりません。サザンを脱退し、色々と気苦労もあったんでしょう。脱退当時と比べ、かなり太り、髪の毛は後退して、同年代の他のサザンメンバーと比べ、かなり老けた感があります。活動も極端に少なくなり、刺激の求め方が、他になかったのかもしれません。

非常に残念極まりない事件ですが、罪を犯してしまった以上は仕方がありません。それ相応の償いをして、反省するべきです。

また、この事件が今年のサザンの活動に影響しないことを切に願います。

では、今日はこの辺で。

P.S.今、彼の作曲である「9月の風」を聞きました。もの凄く綺麗なメロディーで涙が出そうになりました。なぜ、クスリに走ってしまったのだろうか…。
[PR]

  by crazytigersfan | 2006-05-12 23:13

交流戦開幕!!

さてさて、今日はプロ野球中心の話題で行きましょう。

今日は、2度目となる「日本生命 セ・パ交流戦」が開幕しました。

私は5限が終わるとまっすぐ家路につき、テレビで阪神-ロッテの1回戦の模様を観戦しました。

阪神タイガース-千葉ロッテマリーンズ 1回戦 【阪神甲子園球場】

M:000 001 100 2
T:101 110 03× 7

ロッテ:バーン●-加藤-内-小宮山
阪神:オクスプリング○-能見-金澤-ダーウィン-藤川-久保田

本塁打
阪神:シーツ(8号ソロ)、今岡(5号ソロ)

結果は、阪神の快勝でした!
d0041058_131545.jpg


色々と珍しいものも見られました。

まず一つ目。これは交流戦前から分かっていたことですが、復刻版ユニフォームの79年のビジター用を着用していました。ホームでのビジターユニフォーム着用と言う点も非常に珍しいですが、阪神のイメージとは遠い青色のユニフォームと言うのも珍しかったですね。非常に新鮮でしたよ。

二つ目。腰の重い(我慢強い?)ことで有名な岡田監督が、今日は6回のピンチにワンポイントでのリリーフ起用をしたことです。5回まで快調なピッチングだったオク様が6回突如乱れて降板。一死満塁でフランコを向かえる場面、岡田監督は能見を起用。

能見は2-3とフルカウントから高めに直球を投げ込み、フランコを見事に抑えました。そして、里崎を迎える場面に変わったところで、岡田監督が金澤を起用。金澤も期待に応えて里崎を打ち取りました。

日ごろ「ワンポイント起用はしない」と語る監督だけに、珍しかったです。

最後は8回の今岡の適時三塁打。鈍足で有名な今岡の三塁打なんて滅多に見られるもんじゃないですねw

でも、今日は3安打1ホーマーと復活の兆しが見え始めた気がします。ホームランにしろ、三塁打にしろ、4月に苦しんだ内角の球を軽々と外野の後ろに落とすんですから、完全復活も遠くないでしょう。去年の打点王の開眼の日は近い…はず。

他の球場は結果だけちょろっと載せます。

・神宮:東京ヤクルト-西武(10-8)
・横浜:横浜-東北楽天(5-2)
・札幌:北海道日本ハム-中日(3-2)
・神戸:オリックス-読売(4-8)
・福岡:福岡ソフトバンク-広島(5-0)

順位です。(5月9日23時現在)

セントラル・リーグ

①読売 22勝9敗2分け
②阪神 18勝12敗1分け 3.5差
③中日 16勝11敗1分け 0.5差
④広島 12勝17敗2分け 5.0差
⑤東京 12勝18敗0分け 0.5差
⑥横浜 9勝20敗2分け  2.5差

パシフィック・リーグ

①福岡 20勝15敗1分け
①西武 20勝15敗
③ハム 20勝16敗     0.5差
④オリ  18勝17敗1分け 1.5差
⑤千葉 18勝18敗     0.5差
⑥楽天 9勝26敗      8.5差

阪神が勝ち、中日が負けたので、阪神が単独2位に浮上しました!

いよいよ巨人と阪神の首位攻防戦になってきました。去年のように交流戦で一気に弾みをつけて、連覇に向かって欲しいものです。

それでは今日はこの辺で。
[PR]

  by crazytigersfan | 2006-05-09 23:54

劇的ビフォーアフター!

おかげさまで、一昨日(5月3日)を持ちまして、当ブログも1周年を迎えることが出来ました。これも、ひとえに皆様のおかげです。ありがとうございます。

思えば、1年前。まだバイトもせず、大学のクラスにも馴染めず(今もですが)、本当につまらない大学生活を送っていた頃に、このブログを始めたんですよね。

あれから1年。親のコネとは言え、駅員のバイトも始め、結構充実した学生生活を送れている気がします。

まぁ、充実した分忙しくなり、野球中継を去年ほど見られなくなってしまったので、このブログの趣旨を少し変えました。

「阪神を中心とした日記」ではなく、「阪神のことも書く日記」に変更しました。タイトルも、「猛虎の小部屋」→「真弓の独り言」に変更しました。もちろん、阪神を応援する気持ちには微塵も変わりありません。


さてさて、話題は変わりまして、今回のタイトルですが。

先日、部屋の掃除をしました。あまりに散らかっていて、文字通り「足の踏み場もない」状態でした。まぁ、その様子をご覧いただきましょうか。
d0041058_17141540.jpg

酷いでしょう。何も知らない人が見たら泥棒にでも入られたんじゃないか、って思いかねませんよね。

このままでは机が使えないので、6時間くらいかけて、掃除(と言うか、片付けですな)をしました。そして、その結果がコチラ!!
d0041058_17164711.jpg

自分でもビックリするくらい片付きました!イスに楽に座れて、非常に快適だったりします。

これでタイトルの意味もお分かりでしょう。まさに「劇的ビフォーアフター」って訳です。

で、その後府中に出かけて、こんなものを買ってみました。
d0041058_17193452.jpg

左は、サザンオールスターズのベストアルバム「HAPPY!」で、CD3枚と法被、ハッピー・ステージパスのセットで3300円也。右は、原由子のベストアルバム「Loving You」で、1000円也。

個人的には凄く満足の行く買い物でした。「HAPPY!」は今年の元日、某BOOK OFFで買い逃したのですが、そのときより安い値段で買えたので、かなり嬉しかったりします。全曲リマスタリングが施してあるので、通常のCDアルバムよりパワフルなサウンドに仕上がっていて本当に気に入っています。

全部聞き終わって、特に「良かったな~」と思った曲をいくつかピックアップ。

亀が泳ぐ街…11stアルバム「世に万葉の花が咲くなり」収録。はっきり言って、嫌いな曲だったんですが、改めて聞きなおしたらハマりました。オルガンのリフが頭から離れません。

遥かなる瞬間…33rdシングル「素敵なバーディー(NO NO BIRDY)」のカップリング。ドラムの松田弘のボーカルの曲ですが、ちょっとマイナーなキーに弘のハイトーン・ハスキーボイスが絶妙に絡み合っていて、シングルで聞いたときよりも気に入りました。なんか聞いていて切なくなりました。

東京サリーちゃん…10thアルバム「稲村ジェーン」収録。厳密に言うとサザンの曲じゃないんですが、そんなことはどうでもいいんです。ブルージーなロックテイストのナンバーで、サビの韻の踏み方がハンパじゃありません。本気で桑田佳祐は天才だと思いました。

慕情…11stアルバム「世に万葉の花が咲くなり」収録。これは前々から好きだったんですけど、改めて名曲だと思いました。16曲×3枚の全48曲のトリを務めているわけですが、まさにピッタリ!ピアノが切なすぎます。CDが止まった後もしばらく余韻に浸れました。

例示すれば枚挙に暇が無いんですが、あまりに長くてもアレなんで、これでやめときます。

本当に名盤です。少々高いですが、見かけたら是非買ってみてください。オススメです。

「Loving You」ですが、これは「涙の天使に微笑を」と言う曲が聞きたくて買いました。これは、NHKの朝の連続ドラマ「甘辛しゃん」の主題歌として使われていました。

私がこの曲を初めて聞いたのは、「スーパーライブ・イン・渚園」のDVDでしたが、初めて聞いたときから、本当にハマりました。切ないメロディーとピアノ・ストリングスの素晴らしいアレンジとハラボーの甘く綺麗な声が絶妙にマッチしていて、何度もこの曲を見ました。私の中で、5本指に入るくらい好きな曲です。

他にも色々気に入った曲はあるんですが、割愛しますね。

給料が入って間もなかったんで、合計4300円でしたが思い切って購入に踏み切りました。でも全く後悔してません。

それではまた。

P.S.昨日の伝統の一戦、凄かったですね!久保田を二塁に置き、二死から矢野が三塁に当たる適時打…。まさに奇跡の一打でしたね。この勝利は大きいですよ。中日とのゲーム差は1.5、巨人とのゲーム差は3.5。いよいよ肉薄してきました。面白いペナントになりそうです。
[PR]

  by crazytigersfan | 2006-05-05 17:52

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE