<   2006年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

試験終了!

やっと試験が終わりました。

試験期間中にやったテストの感触でも書きますか。

・憲法(人権)Ⅱ…先日も書きましたが、まずまずの手ごたえでした。やはり試験問題が予め分かってるってのはいいですね。

・民法(総則)Ⅱ…あれだけヤバいの何のと騒いでいましたが、全然勉強しませんでした。2時間もやってないんじゃないでしょうか…。なぜか集中できなくって、ほぼノー勉で臨みました。結果は…。2問目の無効と取消の対比について、もう憶えてきたこと全部書いたので(全く関係の無い行為能力についてまで述べたんで)、単位下さい!って感じです。

・刑法総論Ⅱ…こちらは30分ほどの勉強でしたが、結構出来ました。この科目も試験問題が予め分かっていたので、前期試験同様に、「正当防衛と緊急避難の異同」一本に絞って、ちょこちょこと補足的に暗記したものを、自分の知識に合わせて書きまくりました。一番自信がある科目です。

・現代法入門Ⅱ…これ、すっごく微妙…。ちょっとナメてかかったのが失敗でした。正誤問題が全く自信がありません。正誤を選ぶだけじゃなく、訂正もしないといけないので…。だから訂正の必要ない「○」ばっかりつけました。論述も「少年法と刑法における条文の書き方の相違について」を自分の知識だけで書いたので、微妙…。まぁ、「なんとかなるよ、絶対大丈夫だよ。」って感じ…と言うか、何とかなっていてくれ。

・生命と人間Ⅱ…持ち込み可なので、なにも勉強しませんでした。某掲示板での情報を基に教科書に書き込みをしていきました。一つは当たりましたが、「食育」なんて誰もが想像していなかった問題が出ました…。しかし、運がよかったのは、後期は2度しか出席しなかったのに、その出席したときのヤツがピンポイントで「食育」をやった回だったので、そこに救われました。単位はきっと来る!(はず…)


さて、話を変えて。

試験期間中に、ゲンを担いでこんなものを食べました。
d0041058_1283449.jpg

その名も「阪神タイガース勝めし」だそうです。JR西日本の甲子園口駅の駅弁だそうです。

蓋を開けると、こんな感じ。
d0041058_1293350.jpg

さらに中身にズームすると…
d0041058_1302685.jpg

一口カツが3つと、フライドポテト、それに下にはベーコンライスが敷き詰めてあります。そこに、付属のデミグラスソースを掛けて食べるわけです。

味はまぁまぁでした。カツにベーコンライスだから、ちょっと脂っこいですが、温めて食べればそんなに気になりませんでした。

ただ、家では電子レンジで温められるのでいいですが、これ、醒めたままだったらとても食べられませんよ…。駅弁としては失格かもしれませんね…。

容器は食べ終わった後に、キレイに洗っていただくと、小物入れのグッズとしてお使いいただけますと、説明書に書いてありました。確かに陶製ですから結構頑丈です。捨てるのはもったいないですが、かと言って使い道も無い…。困りますね。

そんなことは気にせず食べてみたい!と言う方はどこかのデパートか百貨店で「駅弁大会」が開催されたときに購入して召し上がってみてください。多分、京王百貨店主催の駅弁大会なら取り扱うと思うので、その時にでも。

因みにお値段は1000円(税込み)となっております。


さて、テストも終わり我々大学生は春休みに入りますが、プロ野球では明日からキャンプが始まります。

ヤクザ清原がオリックスに入ったことで、
d0041058_2384166.jpg
オリックスの注目度が高い今オフですが、どうせ「清原」のネームバリューがそうさせているだけなので、よくマスコミの言う

「阪神を倒して関西の雄に」

なんてセリフは鼻で笑ってしまいます。どうせ、清原は機能しないだろうし、選手の乱獲で、巨人の二の舞じゃないかと思ってますから。

あ、いやこれはオリックス球団に向けた敵愾心ではなく、清原に向けたものなので、そのへんは誤解なさらぬよう。

そんなことは置いといて、このブログでは、阪神タイガースのキャンプ情報について書いていこうと思うので、またお引き立てくださいますよう、お願いいたします。

それでは、2006年のプロ野球シーズンもよろしくお願いします。m(_ _)m

P.S.巨人の高橋由伸選手、阪神の鳥谷敬選手が相次いで結婚を報告しました。高橋由選手は日本テレビのアナウンサーと、鳥谷選手は聖望学園時代の先輩マネージャーとご結婚されたそうです。

お二人とも、おめでとうございます。鳥谷選手、結婚を機に大活躍を期待しています。今シーズンも頑張ってください。
[PR]

  by crazytigersfan | 2006-01-31 23:11

テストも山場です。

どうもみなさま、こんにちは。テスト期間の真っ只中、いかがお過ごしでしょうか。

さて、私はと言いますと、月曜日に憲法(人権)Ⅱの試験が終わり、明日に民法総則Ⅱの試験が待っているのであります。

憲法は、絶対にヤバい!と思っていたのですが、N教授が試験問題を予め告知してくれたおかげで、丸暗記が間に合い、意外と出来たので、ホッとしています。

しかし…。

ここで気を緩めたのが失敗だった!

実は、憲法が意外と出来たので、気分がよくなり、帰り道に寄り道してこんなものを買ってしまったのです。
d0041058_21202620.jpg

リアル系プロ野球ゲームですな。私が今まで遊んでいたのは、2003年の前半までのデータのヤツだったので、そろそろ新しいヤツが欲しいと思っていたのです。

出来れば、2005開幕がよかったのですが、生憎2005開幕は定価の半額にもなっていないので、あきらめて、2004の前半までのヤツを購入したわけですよ。

帰宅して、1試合だけやってみようとゲームをしたのが運の尽き。

システム自体に大きな差は無いのですが、少しずつ操作が変化している上に、ちょっと難しくなっていたので、いらんところに火がついてしまい、徹夜明けだというのに、日が変わるまでオープン戦をやりこんでしまいました(汗)。

また、ゲーム中のポイントを貯めると監督も選手として出場できるようになるということで、せっせとポイントをためて、岡田監督を購入。

さらに、パワプロ11の選手が移籍できるということなので、ネットでパスワードを拾って、色々な選手を取り込んで、また戦って…。

これを繰り返していたら、試験まで2日あったはずが、もう24時間を切っているんですから。ビックリです。やばーい!(スピードワゴン風)

私は元来一度ハマったら飽きるまでやりこむタイプなので、こういうやりこみ要素の強いゲームをやり始めてしまうと、止まらなくなってしまうわけで。今こうしてブログを書きながらも、ゲームしたくてたまりません。でも、さすがに勉強しないともう時間が…。

と、そんな葛藤の日々を送っていたりするのです。ゲームを買ってから、切実に「早く試験終わんねぇかなぁ」と思っていたりします。

とにかく、明日が最大の山場なので、この難所をなんとか乗り切っていきたいと思います。それでは、また。
[PR]

  by crazytigersfan | 2006-01-25 21:15

一難去って、また一難。

一難去って、また一難とはよく言ったものです。今まさしくその状況を迎えています。

2日ぶり…ですよね。あはは、曜日と言うか、時間の感覚が鈍ってきた。

とりあえず、語学・教養科目の試験は一通り終わりました。語学・教養は全部で6科目ありました。デキの方は下記の通りです。

・基礎運動実習…単位は確実にもらえるそうです。教授自ら仰ってくださりました。

・初級中国語A…休み明け初っ端の、1月10日に実施されるも、出題される内容が明快且つ限定されていたため、楽勝。滑り出しは上々に見えたが…。

・初級中国語B…前期に続き、一夜漬けで挑むも、範囲の広さに苦戦。結局リスニングで点を稼ぐ形で、単位は確保できそうだが…。

・English A…テストなし。しかし、課題をかなり怠惰したため、単位が来るかは微妙。来ても「D」は免れないであろう。

・English B…轟沈。前期同様大失敗に終わった。確実に単位は来ないものと思われる。改めて英語力のNASA…もとい、無さを痛感した。

・日本語文献精読…非常に微妙な出来。テストだけなら単位を落とすのは目に見えるが、課題はかなり出来ていたと思うので、単位には是非来てもらいたい…。

まぁ、一言で言えば、ヤバいってことですね。

過ぎたことを振り返っても仕方が無いので、来週の試験期間中に行われる法学の試験に全力を尽くすことにします。

そうそう、またまた生命と人間が最終日にあるんですよね。腹立つわぁ…。勉強しなくてもいい科目ではあるけれど、やはりまだ試験が残っていると思うと解放感がイマイチ感じられないし…。と言うか、よく考えたら、後期の生命と人間、2回しか出てない…。

生命と人間もちょっとヤバい悪寒…。


そういえば、もうすぐセンター試験ですね。例年通り、センター試験付近では雪が降りますな…。明日は関東の平地でも積雪するそうな…。頑張れ、受験生!

では、また試験終了後にお目にかかりましょう。それではまた!

P.S.今日の現代法入門、私の受ける正規の時間帯は6限なんですが、5限がないんで、5限で受けようと思ったんです。ところが、他のクラスでもそういった輩が多かったらしいのと、テスト前最後の授業と言うことで、今まで来なかった学生がちゃっかり出席しているおかげで、10分前に教室に入って座れませんでした!
受けたくも無い授業を90分も立って見なければならないのは本当に辛かったです。着席しながら寝ているヤツには些か腹が立ちましたが、まぁ、いつもの私も授業で寝ているので文句を言える立場ではないんですけどね…。
[PR]

  by crazytigersfan | 2006-01-20 23:54

何かの間違いじゃないか。

タイトルは、今日の宮崎勤被告の名言から引用させていただきました。

今日は、世の中では、ヒューザーの小嶋社長の国会証人喚問やライブドアの強制捜査の方に目が行ってしまっていて、あまり特集やらクローズアップはされませんでしたが、17年前に世間を震撼させた幼女連続殺害事件の被告人・宮崎勤の最高裁の判決が言い渡される日でした。

判決は、最高裁第3小法廷で言い渡されました。

「宮崎勤被告の上告を棄却する。」

その理由として、

「被告に責任能力があるとした1、2審の判決(死刑)は正当として是認できる。自己の性的欲求を満たすための犯行で、動機は自己中心的で非道。酌量の余地はない。」

と加えました。判決文はたった3ページだったと言います。

この判決を弁護人を通して聞いた宮崎被告
d0041058_053776.jpg
の言葉が、「信じられない。何かの間違いじゃないか。」と、言うわけです。

彼の逮捕までの犯行を見ますと(一審、二審の事実認定に基づくものを列挙させていただきます。)、

1988年8月22日、埼玉県入間市で4歳の今野真理ちゃんを車で誘拐、殺害した。死後、彼はビデオカメラで真理ちゃんの性器にいたずらする様子を撮影している。

1988年10月3日、埼玉県飯能市で7歳の吉沢正美ちゃんを車で誘拐、殺害した。殺害した後、死体の衣服を脱がせ、性器にいたずらをしている。

1988年12月9日、埼玉県川越市で4歳の難波絵梨香ちゃんを車で誘拐。裸にしていたずら、写真を撮った後、殺害している。

1989年2月、今野真理ちゃん宅にダンボールが届けられる。中には今野真理ちゃんの歯、骨、そして「真理、骨、焼、証明、鑑定」と書かれた文書が入っていた。その後、「今田勇子」の名前で犯行声明文、告白文がマスコミに送りつけられる。

1989年6月6日、東京都江東区で5歳の野本綾子ちゃんを車で誘拐、殺害した。今野真理ちゃんと同様、ビデオカメラでいたずらシーンを撮影。

1989年7月23日、東京都八王子市で幼女2人の全裸写真を撮影しているところを現行犯逮捕。それ以前の事件について自供したため、1989年8月11日、「連続幼女殺害事件」の犯人として再逮捕となった。

と、彼自身が行ったというのであれば、非常に残忍且つ冷酷な犯罪を次々に起こしています。逮捕直後は、大筋認めているような供述をしていましたが、時が経つに連れ、「幼女の手を食べた」などの猟奇的なものから、「夢の中の出来事のようだ」などの現実と空想がごちゃまぜにしているような色々な供述で捜査や審判に大きな混乱を与えてきました。

先ほど「彼自身が行ったのであれば」と書いたのは、この事件は「冤罪」であるとする人たちがいるからでありまして、まだ冤罪ではないと100%言いきれないので、そちらの意見も尊重して、書いた次第です。

さて、私自身のコメントはと言うと、この事件、まず間違いなく宮崎被告が行ったことと考えて間違いないでしょう。

4件すべてが同一犯だと考える論拠は、稚拙な論理ですが、

①被害者の年齢が4歳~7歳の幼女であると言うこと、
②犯行範囲が埼玉県~東京都と、比較的近い範囲で行われていると言うこと、
③証拠として押収されたビデオから、4人の殺された女の子がいずれも死後にいたずらされていることが判明していること、

の3点からいずれの事件にも共通点が多いことから、同一犯であることは火を見るよりも明らかである、と言う理論です。

さらに、一時期もっとも議題に上ったのが、「精神疾患」を患っているのではないか、との意見です。弁護側は最後までこの理論をもって、検察側に対抗していました。

私から見れば、まず精神疾患はないと思います。それは、逮捕直後と暫く経ったあとでの供述に食い違いが見られることからです。

2001年に起きた、宅間守・元死刑囚(刑執行済み)によって引き起こされた大阪小学校乱入事件のときのように、「精神疾患を患ったように見せれば刑を免れる」との浅はかな考えからの逃げ道作りをしているようにしか見えないからです。

確かに、4人の幼い命を奪った以上、極刑も大いにありうると考えたとき、自らの命を絶たれてしまう恐怖に直面し、その危機から脱すべく虚偽の供述や、見せ掛けの演技でごまかそうとしようとする考え自体は、同じ人間として、理解に足りるところではあります。

しかし、4人の幼い命を奪ったからには、それだけの罪を償うべくまず第一に、誠心誠意を持って遺族に謝罪することが必要であったのではないでしょうか。

「悪いことをしたら謝る。」

これは、どんな人でも小さい頃に誰かから教わっていることです。人間の根本的な礼儀を怠った以上、誠意が見られないとか、罪を逃れようとしているなどの意見が出て批判されるのもやむを得ません。

事件から17年の月日が経ちました。17年の間、留置されていた宮崎被告には考える時間がたぷりあったはずです。どこかで、自分の罪を悔い、反省の念がこみ上げてこなかったのでしょうか。そんな考えが浮かばなかった以上、極刑を以って罪を償わせるのはいた仕方ない、と私は思います。

彼は、4人の幼い命を奪っただけでなく、「オタク」や「ロリコン」と言った人々の社会的な地位をも奪い去りました。

「オタク」と言えば、「気持ち悪い、変態」のイメージがついてまわります。確かに、そう呼ばれている人々の外見や行動にも大いに問題点があるとも言えますが、まずはこの事件によってこのイメージが世間一般に広まっていると言うのが大きな要因を占めていると思われます。

ただ、このイメージの問題に関しては、当時のマスコミによる捏造報道が原因であると言う考えが有力でもあります。詳しくはここを参照してください。この事件にも限らず、奈良の事件のときや、先日の塾講師殺害事件(某週刊誌のつり広告に「犯人はやっぱりアキバ系」と言う記述が見られました)などのオタク偏見報道は目を覆いたくなります。それに加え、「電車男」のヒットが追い討ちをかけるように、オタクの偏見化を進めていきました。

頻繁するこどもを狙った犯罪、そしてマスコミによる偏見報道…。一般人がオタクやロリコンを誤解し、差別するのは当然です。この偏見報道には断固として立ち向かうべきであると思います。このまま誤解され、差別されるのは、オタクのはしくれとして私自身もたまりませんし、報道などは見ていて不愉快きわまりません。「ゲームやアニメ・漫画を取り締まるべきだ」と言う愚の骨頂とも言える論争をする前に、「マスコミによる偏見的放送による人権侵害」について論争できないものでしょうか。一刻も早く議論すべきだと思います。

また、偏見報道をするマスコミには大いに非があると思いますが、疑われるようなことをするオタク達も態度を改善するべきであるとも思います。2ちゃんねるやその他の掲示板における挑発的な書き込みは、世間にどんどん誤解を与えます。そして、エロゲーやロリ漫画で行われていることは、現実で行ってはならないということを再認識して、オタクから犯罪者を出ないように自分自身を戒めていく必要があると思います。理性をもう一度見直せ、と私は彼らに言いたいです。そして、自分自身にも…。

17年の時を経て、一応の決着を見たこの事件。色々な意味で社会に大きな影響を与えたこの事件を我々は胸に刻んで行かねばならない、そう感じさせられました。

それでは、今日はこの辺で。
[PR]

  by crazytigersfan | 2006-01-17 22:58

明日から試験タイムに突入します。

あぁ、学生の逃れられない運命、試験。

明日からの一週間は語学や教養科目の試験で、来週からは法学の試験に入っていきます。

めんどくさいけど、ここを乗り切れば楽しい楽しい春休みなんで、なんとか乗り切っていこうと決心しました。


さて、試験が近いですが、あえてそっちの方向とは別の話題を。

大学で軽音サークルに入ってから、聞く音楽と言うか、アーティストの幅が広くなった気がします。

今現在聞いているのは、

B'z
CHAGE&ASKA
GLAY
Mr.Children
SMAP
X JAPAN
チェッカーズ
中島美嘉
槇原敬之
平井堅
松田聖子
松任谷由実

ってとこです。あとは当然、サザンオールスターズ桑田佳祐原由子田村ゆかりの以前からのメンバーも聞いています。

まぁ、マッキー以外は全部ベストしか聞いてないんですが、最近は中島美嘉が気に入ってます。

透き通る声でいて、力強い、みたいな声質がすごく聞いていて気持ちがいいですね。

もともと中島美嘉の歌を聞いたのは、ガンダムSEEDの4期のエンディング(FIND THE WAY)でだったのですが、あれを聞いたときは柄にもなく感動してしまいましたよ。

いつかバンドでやってみたいものです。

さて、そろそろ勉強を再開することにします。短いですが、今日はこの辺で。では、また。

P.S.李承燁が巨人入りとの噂が出ているようですが…。清水・スンヨプ・ヨシノブの外野はある意味怖いぞ…。
[PR]

  by crazytigersfan | 2006-01-15 14:31

そろそろ更新しないと。

1週間ぶりに更新します。

休み明けの試験って本当に困りますよね。休みの間に勉強しなきゃならないし。おかげで、6時に寝て16時に起きると言う昼夜反転生活を送っていたりします。

なぜ昼間は勉強する気にならないのだろう。

まぁいいや。

さてさて、先ほど華麗なる詐欺師氏のブログを拝見させていただきまして、私も部屋にあるもの…と言うか、自分の机付近を撮影してみました。

まずは机。
d0041058_065461.jpg

小学生の頃から進歩していない整理能力。さらに、机の上の本棚の部分を引き伸ばすとこんな感じです。
d0041058_031050.jpg

ど真ん中にあるブロンズ色の物体は、明八卒業のときのPTAの記念の時計です。その左はつい最近買ったZ団の「江の島」と言うメドレーCDですね。フィギュアのステラの首が落ちているのは気にしないで下さい。

時計からサンダーバード3号を挟んで右側は、文芸部の後輩の方々が卒業のときに送ってくれた寄せ書きの色紙です。中学生まで部活らしい部活に入っていないので、色紙とか貰ったことが無いので、とても嬉しかったので今も飾らせていただいています。

そして、後ろを向くとこんな感じです。
d0041058_0112098.jpg

まぁ乱雑なのは一緒です。キーボードの上に六法が無造作に置いてあるのが法学部っぽいでしょ?(そんなことはないですね。)

因みに、キーボードの奥に写っているのは弟ですね。棚を挟んで後ろには高校生の弟の机、左には小学生の弟の机があります。

と言うか、もう大学生になったわけなんで、そろそろ机くらいは別々にしてもらいたいんですよね…。いや、ほら、プライベートなこととかいっぱいありますから(笑)。

続いては、これからの大学のサークル生活でも苦楽を共にするであろう愛器を紹介させていただきます。

まずはこれ。
d0041058_0165490.jpg

私の初めて買ったギターです。ストラトタイプのエレキギターで、一昨年の10月ごろ、立川のフロム中武内の新星堂ロックインで購入しました。確か10,000円ちょっとだったと思います。白骨氏や所長閣下、地租氏達とのスタジオの時はいつもこのギターを持参しています。サークルではアコギキャラを定着させたかったので、去年の12月のライブまではライブ使用は一回もありませんでした。

写真の下に写っているのはマルチエフェクターですね。ZOOM 505Ⅱです。言い方は悪いですが、一番安いマルチエフェクターです。でも、エレキが下手くそな私にはコレで十分なのです。これは去年の1月に、京王八王子のシマムラ楽器で購入しました。確か、6,000円くらいだったと思います。

続いてはこれ。
d0041058_0231848.jpg

とにかく持ち運びすることの多いエレアコです。やっぱり生で音が出ると言うのは便利なので、色んなところに持っていってます。カラオケやメイドカフェ、文芸部のレコーディングにも持って行きました。サークルで使っているのも専らこれですからね。これは去年の1月に秋葉原のラオックス楽器館で購入しました。価格は10,000円だったと思います。とにかく使用頻度が高いので傷みが激しいのですが、これからもこれを弾くことが一番多いと思われます。因みに色は濃紺ですよ。写真の写りのせいで黒に見えますが、黒じゃありません。

ラストはこれ。
d0041058_0302888.jpg

ブルースハープと、ハープホルダーです。もともとハーモニカは得意なので、弾き語りをする上で、あった方がいいかなと思い、買った記憶があります。しかし、意外なことに、新入生デビューライブでこれらを使う機会があったんですよね。ラルクの「flower」で使いました。ライブ後、某先輩に、

「BEAT(ウチのサークルの名前)でハーモニカ使ったのは、お前が最初だよ。」

と言われました。もともと、メタル路線の強いサークルなので、ポップテイストが強いハーモニカを吹くヤツはいなかったと言うことでしょう。まぁ、それは置いといて。
ハープ本体は去年の5月頃に府中の新星堂で、ホルダーは6月頃に京王八王子のシマムラ楽器で購入しました。

と、現有の楽器は以上です。まぁ、これからも増やしていきたいのですが、なんせ楽器は高いので、なかなか簡単に増備できないんですよね…。

今後はレスポールとベースを増備したいと思っています…が、いつのことになるやら。

と、今日はこの辺で。明後日には試験だぁ…。勉強します…。

P.S.そうそう、1日に高幡不動尊に初詣に行ったときの写真もUPしておきますね。
d0041058_0444812.jpg

↑は高幡不動尊自慢の五重の塔です。他にも新撰組の土方の像とかあるんですが、ご覧のように人が多いんで…。
d0041058_046128.jpg

で、これが本堂…なんですが、母親の頭が画像の半分を占めてしまったorz
まぁ、人が多かったことが伝わればいいや…。それじゃ、また。
[PR]

  by crazytigersfan | 2006-01-08 23:55

新年あけましておめでとうございます。

月並みな挨拶になりますが、

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。m(_ _)m

と、言うわけで、2006年が始動したわけですが、皆様、いかがお過ごしでございましょうか。


ところで、見ましたか?先ほど終了した紅白歌合戦。

悲惨でしたね、みのもんたの司会。

私は見ていて「これはアカンわ」と思ってしまいましたよ。病気で朦朧としていたんですかねぇ…。なんか、司会進行の役目なのに、番組の波に乗れていなかった気がします。

「あのね、司会魂って知ってるかい?…(中略)…そして、喋りはおもいッきり!…」

「(山本耕史に)じゃ、最後の曲、誰の何ていう曲か、ほら、紹介しなさいよ!ファイナルアンサー?」

業界的に言うと、「スベった」ってヤツでしょうか。他の司会の人が困るぐらいスベっていて、最後の方はスルーされてましたね。

と、言うか、他局の看板番組のセリフをガンガン言うなんて、司会者としてどうなんだ、って感じがします。

こりゃ、視聴率も期待できませんねぇ…。

ま、さんざん文句を言っているわけですが、結局紅白を見てしまう私なんですがね。

21時にドラえもんスペシャルが終わった後にNHKにまわしたら、ちょうどTOKIOが歌うところだったんで、そこから見始めました。

今回見たかったのは、

・アリス
・渡辺美里
・松任谷由実 with Friends Of Love The Earth
・m-flo♥Akiko Wada

の4組でした。感想としては、

アリス:良かった!とにかく、堀内孝雄はポップシンガーでやっていくべきだ、と思いましたね。「遠くで汽笛を聞きながら」は本当に名曲です。

渡辺美里:曲は有名な「My Revolution」と言うことでしたが、昔ほど声のノビがなかったような気がしました。やはり20年の歳月は重かったんでしょうね…。

松任谷由実 with Friends Of Love The Earth:さすが呉服屋の娘、和服で登場したユーミンでしたが、歌は何と言うか、4人で分割だったので、ユーミンとして聞くのには不満でした。でも、内容的には満足しています。印象的だったのは、韓国の男性ボーカルの人。すごく綺麗な高音で歌ってまして、羨ましかったですね。

m-flo♥Akiko Wada:うん、アッコさんは白組が良く似合う。曲はTBSの野球中継のイメージソングでしたが、さすがアッコ。あのパンチの効いた声で我々を魅了してくれました。正直、m-floは必要なかったような気が…。

って感じです。


そういや、一部で大人気だった「ハッピー☆マテリアル」は、地味にスキウタ投票の紅組の50位だったんですね。もう少しで、出場できていたかもと考えると、ヲタの力と言うものも侮れないと痛感します。あ、別にヲタ批判をしたいわけじゃないですよ。どちらかと言えば、私は擁護派ですから。

ま、今日はこんな感じで。新年の挨拶代わりに代えまして。それでは、今年もよろしくお願いします!
[PR]

  by crazytigersfan | 2006-01-01 00:00

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE