<   2005年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

優勝から一夜明けて…。

優勝から一夜明けての神宮での一戦。

まぁ、昨日の今日ですから、負けてしまったのは仕方ありませんねぇ…。

福原-石川の先発だった。

2回、今日スタメン起用の濱中が二死から三塁打でチャンスを作ると、関本が二塁打を放ち、濱中を迎え入れ、先制。

その裏、リグスに13号ソロが飛び出して同点に追いつかれるも、5回。

濱中・関本の連打でチャンスを作り、今日スタメンマスクの浅井。

初球のシンカーを振りぬき、レフトへ。適時打で勝ち越しに成功し、さらに福原も初球打ちで適時打。

しかし6回裏に福原が掴まってしまう。岩村に29号ソロを許すと、ラミレス・リグスに連打を浴び、真中に四球を与えて満塁。

そして、城石の内野ゴロの間に1点を返され、1点差に詰め寄られてしまった。

しかし、同点を許さず、福原は6イニングを3失点でマウンドを降りて、リリーフに託した。

シーズン中ならJFKの登板する場面だが、優勝も決まったことなので、7回からは、若手の投手陣、“SHE”の江草が登板。

しかし、今日の江草は大乱調。

先頭の青木のヒットに始まって、宮本を打ち取った後、岩村にヒットを許し、ラミレスに同点の適時打を許してしまう。

さらに、続くリグスに今日2発目となる14号3ランを許してしまい、
d0041058_2340687.jpg
一挙に勝ち越しを許してしまう。さらに、真中・城石と連打を浴びて、江草はKOされてしまった。

3番手は、“SHE”の桟原。代わり端に米野に犠飛を浴びてしまうが、代打・古田をサードライナーに仕留め、ツバメの攻撃を絶った。

しかし、4点のリードを許して、打線も適当な戦いになってしまい、つながらず。優勝直後のゲームはちょっとダレた感じで負けてしまった。


他の試合。

セ・リーグ。

広島-中日。レイボーン-マルティネスの先発。竜は4回二死満塁から連続押し出し四球で2点を先取。6回に森野の三塁打で加点した。マルティネスが7回2失点と好投し、平井、岩瀬の継投で逃げ切った。岩瀬はプロ野球タイ記録の45セーブ目。コイはレイボーンの制球難が響いた。2-3。


まぁ、消化試合ですから。あんまり負けても気にすることは無いです。それよりも、日本シリーズに向けて、主力選手がうまく調整してくれることを期待しています。


今日は4限からでした。

久々の刑法は、教授が相変わらずの過激発言。

「最近の明治の司法試験合格者が減っています。まったく、台頭してきた大学なんて無名のところばっかりですよ。青山学院とか、学習院とか。そんなとこ知りませんよ。法政だ、立教だなんて、二流ですよ!立教なんて長嶋茂雄くらいしか出てないんですから。長嶋なんてバカの代名詞なんですから、立教はバカってことです。」

と、他大学を平気でなじり倒しています。他にも「バカ田大学(早稲田大学)」やら「低脳未熟大学(慶応義塾大学)」など、他大学の批判の過激さには定評があります。

今日は正当防衛の授業でしたが、自衛隊は税金泥棒だとか、天皇制は廃止すべきだとか、過激な思想をお持ちで。笑いを誘っているだけなのかもしれませんが…。

そして、5限は後期から教養基礎演習。日本語文献精読の教授がこの授業も受け持っているのですが、日本語文献精読の授業がもう一時間あるって感じですかね。今日は立川志の輔の落語を見ました。

面白かったですけどね。落語は。

そして、6限は現代法入門。現役弁護士を講師として呼んできて、訴状などについて話を聞くと言うものでしたが、まぁ、

喋り方が癇に障る!

その上、声もデカいので寝ることすら出来ない!

退屈な90分を過ごして帰宅しました。

今日でとりあえず1週間が終わりです。いや、久々に1週間丸ごと大学に行きましたが、やはり疲れますね。体力つけなきゃ。

と、話もまとまったところで、今日はこの辺で。失礼します。

P.S.日本ハムは来季もヒルマン監督が続投するようです。
オリックスが、マック鈴木ら6選手に、西武が芝崎ら5選手に戦力外通告をしました。
また、巨人の西山秀二捕手が現役引退を表明しました。今季12試合のみの出場と言うことで、いったい何をしに巨人に行ったのでしょうか。「巨人OB」の名が欲しかっただけなのでしょうかね…。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-09-30 23:38

2年ぶり、9度目のセ・リーグ制覇!!

待ってました、この瞬間を!

阪神タイガース、宿敵の読売ジャイアンツを下して、2年ぶり9度目のリーグ制覇を達成しました!!
では、その優勝を決めた試合の内容を簡単に。

先発は、巨人に滅法強い、エース・下柳と、内海。

まず、初回。下柳が巨人打線を三者凡退に退けると、その裏。

赤星が内野ゴロ性の当たりを放つが、二岡が送球を逸らし、結果的に出塁という形に。

さらに失策が絡み、赤星は二塁へ進塁。

しかし、鳥谷・シーツと凡退し、チャンスを逸するかと思われた。

ところが、アニキが外のカーブを一、二塁間へ痛烈に引っ張り、ライト前へ。二塁走者の赤星が生還し、まず先制した。

さらに2回。シェーン砲がレフトへ痛烈なヒットを放ち、激走もあって二塁打となり、矢野もヒットで続く。さらに、関本が遊撃へ詰まりながらも二岡の脇を抜けるヒットを放ち、
d0041058_23205949.jpg
適時打とした。貴重な追加点を奪い、さらに下柳の犠打で走者を進め、赤星。

内野ゴロになってしまったが、三塁走者が生還し、もう1点追加。セーフティ・リードとなる3点差になった。

一方の下柳は絶好調。3イニングをパーフェクトに抑え、ピンチらしいピンチも作らず、6イニングを4安打無四球無失点で抑え、優勝決定へしっかりとゲームを作った。

そして7回には、藤川球児がマウンドへ。これで、プロ野球新記録となる79試合目の登板となった。

そして、新記録に恥じぬ気迫の好投で巨人打線を三者凡退に退けた。

その裏。二死満塁から桧山・矢野の連続適時打が飛び出し、2点を追加。ダメ押しとなった。

8回はジェフ・ウィリアムスがマウンドへ。こちらも気迫の投球で、三者三振できっちりと打ち取った。

そして、9回はもちろん久保田。

力みから、連打で走者二人を許すも、併殺で二死三塁とした。

が、やはり相当の重圧なのだろう。ウナギイヌへの初球が暴投となり、三塁走者を生還させてしまう。

さらにウナギイヌにヒットを許してしまうが、村田を直球で詰まらせ、レフトフライに打ち取り、スリーアウト。

ボールを取ったアニキの顔がほころび、矢野が久保田に抱きつき、ダッグアウトから選手とコーチが飛び出してきて、マウンドの周辺に、大きな輪が出来た。
d0041058_23212043.jpg


満面の笑みを浮かべた岡田監督が「オカダ」コールに乗ってゆっくりとマウンドへ近づき、選手の輪の中に消えると、岡田監督は宙に舞った。
d0041058_23213932.jpg


昨季のBクラスの屈辱を見事に晴らす、就任2年目での優勝。歓喜の声援と共に、甲子園が揺れた。


しかし、最高の優勝決定でした。宿敵巨人に甲子園で勝利しての優勝ですから。さらに、藤川のプロ野球記録達成が花を添えて、最高の一言に尽きますね。

岡田監督の亡き父上の誕生日である今日に決定することが出来たのは、神様が決めたことだったのかもしれません。

とにかく、優勝おめでとうございます!次は日本シリーズですね!

相手はまだ決まっていませんが、とにかく勝って、20年ぶりの日本一になってください!


他の試合。

セ・リーグ。

中日-横浜。佐藤-斎藤の先発。竜が延長戦を制した。阪神の優勝により2位が決定。4-4の10回、先頭の森野が二塁打。代打川相の犠打で一死三塁とし、谷繁のスクイズで勝ち越した。その裏を締めた岩瀬が44セーブ目。ハマはクルーンが誤算で勝率5割復帰は成らず。5-4。

ヤクルト-広島。松岡-デイビーの先発。延長12回、規定により引き分けた。コイは6回、嶋の右越え25号2ランで逆転したが、守護神・ベイルが誤算で、逃げ切れなかった。ツバメは5回に真中の5号2ランで先制。1点を追う9回は、リグスの12号ソロで同点とし、今季初の引き分け。3-3。


ま、とにかく、優勝決定。今日はその一言に尽きます!後の残り試合は、各人のタイトル獲得を目指して戦ってください。


今日は3限から。English・Bが大嫌いで、いっそ休もうかとも思ったのですが、嫌々ながらも授業に出ました。

予めテキストを訳すなり何なりして予習してこなければいけないのですが、私はなぜかやらなくていい気がしたので、今日はやって行かなかったのですが、見事にこれが正解でした。

授業は、テキストを読む→意味を取るの2段階に別れていまして、読む人と意味を取る人は別なのです。そして、うまい具合に今日は私は読むだけで済んだので、予習をしてこなくてもまったく不自由しませんでした。ラッキー。

そして、4限は空き時間なので、吉祥寺で時間つぶしをしようと思い、明大前の吉祥寺方面のホームに下りると、同じサークルのドラマーのT氏がいらっしゃったので、彼と共に吉祥寺で時間つぶしをしました。

一応、サークル内ではオタクであることを暴露していないので、ずっと音楽関連の話をしていました。

そして、彼と吉祥寺で別れ、5限の民法総則に出席。

とは言っても、今日は優勝が決まるかもしれない大事な日なので、試験の答案を返してもらうと、授業などほっぽらかして帰宅しました。

因みに、点数は62点でした。どうでもいいですね。

ま、今日はそんな感じです。まだ優勝の興奮が冷め遣らぬところですが、一応今日はこの辺で。

さようなら。

P.S.オリックスの仰木彬監督が、今季限りで勇退されるようです。やはり、病気の体に、監督の激務は厳しかったのでしょう。それでも、最近低迷していたオリックスをPO争いまで導いたのは、やはり監督の力があってこそなのでしょう。来季以降は、シニア・アドバイザーと言う形で球団に残るようです。なお、後任の監督は未定です。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-09-29 23:20

ついに王手!!

ついにここまで来ました!マジック1!

今日はエース・井川とケツ出しでした。

初回、井川が三者凡退に退けると、その裏。

先頭の赤星がレフト前へヒット。この当たりが左翼手・清水の前でイレギュラーし、赤星は一気に三塁を陥れ、三塁打となった。

続く鳥谷。大きな当たりが飛び、これが右中間を抜き、先制の適時打に。さらに今日復帰のシーツ・アニキと連打で無死満塁とし、今岡。

当然のようにレフトへ適時打。
d0041058_051734.jpg
これで2点を追加し、シェーン砲は四球。続く矢野が犠飛で4点目。

関本が倒れ、井川。真ん中のスライダーを捉え、三遊間を割る適時打として5点目。

打者10人目の赤星も直球をライト前へ弾き返し、これで6点目。

結局、初回に6点を奪い、流れを一気に手繰り寄せた。

しかし井川がピリッとしない。点を取ってもらって早々に仁志に11号2ランを許し、2点を失うと、4回には走者を溜めて、村田に適時二塁打を浴び、6点のリードを2点のリードにしてしまう。

が、打線が援護。その裏、二死三塁から今岡が三塁線へ適時打を放ち、7点目を奪い、リードを3点差に広げた。

井川はエースらしからぬ、5回でマウンドを降りた。勝つためとは言え、エースとしては情けない成績だった。

しかし、中継ぎがきっちりと勝利を手繰り寄せた。

橋本とウィリアムスが2イニングをゼロに抑え、8回は藤川。

藤川は今日の登板で78回目の登板となり、稲尾和久(西鉄)と菊地原毅(広島-オリックス)の持つプロ野球記録に並んだ。

そして、その記録タイに恥じぬ2三振無安打でパーフェクトに抑え、最後は久保田。

矢野に6号ソロを浴びるが、後続を断ち、球団タイ記録の27セーブ目を挙げ、いよいよ優勝が目前に迫ってきた。
d0041058_0513154.jpg


他の試合。

セ・リーグ。

中日-横浜。川上-門倉の先発。門倉の投打にわたる活躍でハマが快勝。3回に小池の18号で先行した横浜は6回、門倉の満塁走者一掃二塁打など6安打で5点を加え、試合を決めた。門倉は自己最多の11勝目。竜は門倉の外角低めの直球とフォークに打線がつながらず、川上も突然崩れた。 1-6。

ヤクルト-広島。館山-黒田の先発。黒田がリーグ単独トップの14勝目を今季初完封で飾った。4回、栗原の左翼線適時二塁打で先制し、7回に前田の31号ソロで加点した。ツバメは今季初の7連敗。 0-2。


パ・リーグ。

ロッテ-日本ハム。渡辺俊-入来の先発。ハムがサヨナラ勝ちし、1分けを挟んで5連勝。1-1の延長11回2死一塁から代打・田中賢が右越えに1号サヨナラ本塁打を放ち、勝負を決めた。カモメは渡辺俊が1失点で防御率のタイトルを逃し、チーム50年ぶりの85勝もならなかった。1-3。

オリックス-西武。JP-大沼の先発。西武が連敗を2で止め、借金2でレギュラーシーズンを終えた。1回、フェルナンデス(26号)、中村(22号)の連続アーチで3点。5回には栗山の10号ソロなどで2点を追加し、8回にも加点した。大沼は自己最多の5勝目。猛牛は攻守ともに精彩を欠いた。 0-7。

楽天-ソフトバンク。有銘-高橋秀の先発。ソフトバンクが49年ぶりとなるシーズン89勝。1回に松中が先制46号2ラン。1点を追う6回には4長短打で3点を挙げた。5回から登板の新垣が10勝目。楽天は5回に山崎(25号)、礒部(16号)が連続ソロを放つも及ばず、歴代5位タイの97敗。5-6。

パ・リーグは全日程を終えました。詳しいタイトルホルダーは明日か明後日に記しますが、一応野手4部門と投手5部門を。

野手部門

・打率…和田一浩(西武ライオンズ)[.322]

・本塁打…松中信彦(福岡ソフトバンクホークス)[46本]

・打点…松中信彦(福岡ソフトバンクホークス)[121点]

・盗塁…西岡剛(千葉ロッテマリーンズ)[41個]

投手部門

・最多勝…杉内俊哉(福岡ソフトバンクホークス)[18勝]

・最優秀防御率…杉内俊哉(福岡ソフトバンクホークス)[2.11]

・最優秀中継ぎ投手…菊地原毅(オリックスバファローズ)[36HP]

・最優秀救援投手…小林雅英(千葉ロッテマリーンズ)[29S]

・最高勝率…斉藤和巳(福岡ソフトバンクホークス)[.941]

と言った顔ぶれでした。

中日が負けたので、ついにマジックナンバーは1!明日にも優勝が決まります。

さぁ、勝って気持ちよく優勝しましょう!


今日は、3限のEnglish・Aが30分で終わったので(前期の残りの暗記テストをやっただけなので)、渋谷へ行きました。

暇だったこともあるのですが、緊急的にシールドが必要だったので、渋谷の大きな楽器屋に赴き、1本100円の特価シールドを購入しました。

ついでに、某カードショップを探したのですが、閉店(?)していたようでした。

そして、道路の反対側を見ると、なんとアニメイトが。こんなところにあったのか。

そして、まだ時間が余ったので、吉祥寺を徘徊。時間を見計らって大学に戻り、5限の日本語文献精読。なにやらグループ分けして、森鴎外の文章を訳したりするとか言うダルさ全開の後期の授業内容に萎えて、授業の大半を寝過ごしてしまいました。

その後、バンド練習でスタジオ入り。2時間ほど練習した後、バーミヤンで夕食をとって帰宅しました。

さて、明日も5限までありますが、そんなことはどうでもいいのです!

民法がどうした!

私はしっかり18:00から見るからな!

明日は記録尽くしで阪神が優勝する日になるに違いありません!

あー、興奮してきた。

それでは、明日、優勝の報告をできることを祈りつつ。さようなら。

P.S.巨人が、元木大介内野手(33)と後藤孝志内野手(36)に対し、戦力外通告したそうです。ついにクセ者も巨人から放り出されました。清原・ローズとともに楽天入りの噂も。なお、後藤は引退を表明しました。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-09-28 23:49

マジックは変わらず3のまま。

中日が今日も勝って4連勝。阪神のマジックは3のままです。

セ・リーグ。

中日-横浜。中田-三浦のルーキーとエースの対決。竜が4連勝。3回にアレックスの18号2ランなどで3点を先取。8回には福留の28号などで2点を加え、突き放した。先発のルーキー・中田は球に切れがあり、8回途中まで1失点で8勝目。岩瀬が43セーブ目。ハマは反撃が遅く、3連勝成らず。5-2。

パ・リーグ。

ロッテ-日本ハム。小林(宏)-須永の先発。両軍投手陣が譲らず、延長12回引き分けた。カモメは小林宏が9回を2安打0点に抑えたが、打線は3併殺の拙攻。ハムも須永が好投したが、打線が16三振を喫した。猛牛の4位、ハムの5位が決定。0-0。

楽天-ソフトバンク。朝井-和田の先発。タカが長打攻勢で圧倒。1回にバティスタの二塁打とズレータの41号2ランで3点を先取すると、2回に本間の2号本塁打などで2点。ズレータは5回にも42号を放った。先発の和田が12勝目。楽天は序盤の失点が重過ぎた。3-6。

明日の阪神の優勝の可能性はなくなりました。Xデーは最短で29日と言うことになりました。


さて、今日も1限からの授業でした。1限は中国語Aですが、ひたすら発音するだけなので、寝てました。そして、2限は基礎運動実習。とにかく、バスケは疲れます。

運動量が多すぎです!

2試合やったらひっくり返るくらいに息が荒くなりました。

運動量が多いので、授業時間は短いので、昼食を取るために食堂に行きましたが、まだガラガラ。まったく並ばずにチャーハンを受け取って席について食べたのですが、

スープがしょっぱい!!

塩辛過ぎてビックリしました。ウチの祖母だったら間違いなく厨房に向かって

「これしょっぱいわよ!お湯ちょうだい、お湯!」

と言って大さわぎになるようなしょっぱさでした。

まぁそのしょっぱさの動揺かどうかはわかりませんが、食器を下げるときに、お椀を間違って食べ残しを入れるほうに入れてしまい、大恥をかきました。

あんまり人がいなかったのが救いですね。

3限の生命と人間は受ける気がさらさらないので、八王子へ時間つぶしに。スリーブが古くなったきたので新しいのを購入し、ブックオフで1時間くらいつぶして帰りました。


で、昨日から以前録画しておいた3年B組金八先生の第4シリーズを見ていたのですが、蓑田紀美(ドラマ開始当初は登校拒否)役をやっている藤田瞳子が地味に好みだということに気がつきました。

飽くまで、15歳という設定上の彼女がですが。

最近は、仮面ライダーアギトとかに出てるようですね。

78年生まれですか。と言うと、もう27歳ですか…。完全にストライクゾーン圏外ですね。

参考)
18歳当時(金八やってた頃)
d0041058_2345204.jpg

現在(アギトの小沢澄子役)
d0041058_23453842.jpg


どうでもいいですね。

さて、バスケの疲れが来てるんでそろそろ寝ます。それじゃ、また明日。

P.S.楽天がまた選手を解雇しました。星野おさむ内野手、入野久彦捕手、近沢昌志捕手、小島昌也外野手、高橋浩司捕手の5選手に戦力外通告をしたそうです。星野もですか…。内野のどこでも守れるユーティリティプレイヤーなんですけどね…。やっぱりクビですか…。残念です…。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-09-27 23:41

優勝目前、気分はソワソワ。

もう気分がソワソワしますね。

とにかく優勝決定を間近に控えて、選手や首脳陣同様に我々ファンも浮き足立っています。

28日の甲子園での巨人戦で決まるのか、それとも29日の巨人戦か。もしくは神宮へ持ち越しか。何にせよ、今週中に優勝の感激のレポートを書けることはほぼ確定でしょう。

さて、気が早いですが、日本シリーズのことでも少し考えましょうか。

果たしてどこの球団と当たるんでしょうかね?

とりあえず、パ・リーグでプレーオフに進出するのは

1位:福岡ソフトバンクホークス
2位:千葉ロッテマリーンズ
3位:西武ライオンズ

の3球団です。

単純に考えれば、1位通過のホークスが来ると思うのですが、それ以上に今年のロッテが好調なのでロッテの可能性も捨て切れません。また、昨季の王者・西武ライオンズが来ないとも限りません。ロッテ戦を勝ち抜けば、相性のいいホークス戦ですからね。

ちなみに、相性で言うと、

H 10-10 M
H 11-9  L

M 12-8  L

となっています。(25日現在)

数字から行くと、ホークスとロッテは互角。ロッテと西武はロッテの方が勝ち越している。と言うことになります。

すると、今年はホークスかロッテとの対戦になるでしょうね。

なお、交流戦での阪神との成績は、

T 2-4 H
T 2(1)3 M
(T 4-2 L)

で、阪神はホークス、ロッテともに負け越しているんですよね…。

となれば、どちらが来ても同じ。そうすると、ファン心理的にはホークスに勝って、2年目の雪辱を晴らしたいところです。しかし、ロッテと当たるとなれば、千葉に球場があるので、応援に行けるということを考えるとロッテと当たって欲しいような…。本音を言えば、西武と当たるのがベストなんですがね。前回の日本一のときも、西武を下していますし、交流戦でも勝ち越しましたので。

とにかく、セ界制覇のみならず、日本一を達成して欲しいものです。

そして、願わくばアジアカップも制覇して、アジア最強のチームの栄冠を手に入れて欲しいものです。

もし、阪神が日本一になった暁には、東京ドームのアジアカップを見に行きたいです。自由席は1500円なので、そこそこのお値段。見に行きたいですねぇ…。


今日は、1限からと言う非常にダルい日。

眠い目をこすりつつラッシュに揉まれ、1限の中国語Bの授業。授業が終わる頃に目が覚め、一時帰宅。

昼食をとって、4限の憲法を受けるべく再登校。しかし、授業なぞ全く聞かず、デッキ構築やら楽譜の暗譜をしていました。

それで、今日の憲法に出て気がついたのは、

人が少なくなってる…。

この授業は必修科目なので、二階席まである第6教室の大半が埋まるくらいになるはず(現に、前期の最初の授業のときはそれくらい人がいました。)なのですが、今日はまばら。教室の半分くらいって感じでした。

まぁ、出なくても適当に教科書を覚えれば単位を取れると言うことで授業をサボっている人々もいるのでしょうが、それ以外にも単位を落とされた人がたくさんいるってことみたいです。某掲示板等ではかなり話題になっていました。

よかった、Dながらも単位来て…。

とそんなことを思って帰宅。少しギターの練習をして現在に至っています。

明日も1限からというダルい時間割ですので、そろそろ寝ます。と言うよりも、一昨日・昨日とあまり寝てないので眠いのです…。

それでは、この辺で。

P.S.阪神は26日、シーズン終了後のファン感謝デーを11月19日に甲子園球場で行うと発表した。球団創設70周年を記念して、現役選手とOBの混合による交流戦が行われる。OBの出場選手は未定。入場券やファン交流プログラム参加についての問い合わせは、阪神球団営業部、電話0798(46)1818まで。(時事通信)

OBと入り混じってとの感謝デーと言うのはいいですね。真弓さんも来るのでしょうかね。今岡との新旧背番号7が並ぶところを見たいです。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-09-26 23:36

今岡、土壇場で殊勲の一振り!マジックは3に!

ハラハラさせられましたが、打点王の一撃で、試合をモノにしました。

今日の先発は、前回竜に、屈辱のKO負けを喫した杉山と、ルーキーの大島。

両投手とも、序盤から調子は決して良くなかった。

しかし、要所で併殺を決めたり、連続三振を奪ったりで、なかなか得点を許さず、息詰まる投手戦になっていた。

そして、試合は6回裏に動いた。

6回表に一死満塁のチャンスをモノに出来なかった阪神。これに反してコイは、一死から新井・前田の連打でチャンスを作り、栗原が四球を選び、一死満塁。阪神と同じ状況を作り出し、打者は森笠。

インコース気味の高めのスライダーを振りぬいた。打球はライトの頭上を越え、新井と前田が一挙に生還。息詰まる投手戦は、コイが先制した。

しかし杉山は、最後の一踏ん張りと言わんばかりに倉と代打・浅井を打ち取り、追加点は許さなかった。

試合が動いたことで、阪神の打線にも当たりが出だした。

ラッキーセブンの攻撃。マウンドには、コイのセットアッパー・永川が登っていた。

先頭の藤本がヒットで出塁。代打・片岡は内野フライに倒れ、一死となったところで赤星が四球を選び、鳥谷が詰まりながらも、ショートとセンターの間に落ちるヒットで一死満塁。そして、関本に代打が送られた。

打者は桧山。後半戦上り調子のベテランは、今日も決めてくれた。1-2からの真ん中のフォークを一塁方向へ。強い当たりで、真正面に飛んだが、これを新井がグラブに当てて大きく逸らし、その間に藤本と赤星が生還。適時失策で同点に追いついた。

なおも一死一、三塁で、この3連戦調子の上がらないアニキ。2-1と追い込まれた後の、ボール球のフォークにバットを当てた。二塁手・松本の正面に飛んだが、松本はバックホームをせず併殺を取りに行った。しかし、アニキの全力疾走が活きて併殺崩れ。その間に鳥谷が生還して、勝ち越した。

1点リードと来ればもうJFKの投入に決まっている。

2番手はジェフがマウンドに登った。

しかし、今日のジェフはピリッとしなかった。松本こそ三振に切ったが、山崎にヒット、嶋に二塁打と連打を浴びると、新井には四球。一死満塁となる苦しいマウンドになった。

それでも前田は三振に抑え、右打者・栗原を迎えるところで3番手・藤川にバトンタッチした。

藤川は、福間納(阪神)に並ぶ、77試合目の登板となった。

そして、得意の直球で栗原を三振にしとめて、満塁のピンチを脱した。

ところが、今日は藤川の調子も良くなかった。8回のマウンドにも登ったが、森笠にいきなりヒットを許すと、一死となった後、代打の野村に二塁打を浴び、一死二、三塁のピンチを作ってしまう。

そして、松本の打席。1-1からの3球目のフォークが暴投になり、走者が一つづつ進塁して同点に追いつかれてしまい、しかも、ボールをつかんだ藤川が、焦りからか、ホームに送球。しかし、矢野は送球されるとは考えていなかったため、捕球体勢に入っておらず、悪送球に。これで野村も生還。まさかの勝ち越しを許してしまった。

しかし、ドラマは9回に待っていた。

マウンドには、コイの守護神・ベイル。

しかし、先頭の赤星がファールで粘り、結局四球で出塁。鳥谷が犠打を決めて走者を得点圏へ。そして、代打・濱中が起用され、四球を選び、一死一、二塁の好機でアニキ。

が、どうもこの3連戦のアニキの調子はすこぶる悪く、ボール球のスライダーを引っ掛け、併殺コースへ。

万事休す。

そう思ったが、ここでもアニキの俊足が活きて、二死一、三塁と望みをつないだ。

そして、今岡。

今日はここまで無安打だった。そして、この打席も初球をファール、2球目を見逃しボール。3球目の直球を振って空振りでカウント2-1となった。

今度こそ万事休す。

コイ党の「あと一球コール」の中、4球目の直球はファールとし、5球目の直球に手を出した。

ボール球だった。

しかし、今岡にボールもストライクも関係ない。「狙っていた」と言う、打った瞬間にそれとわかる大きな当たりが黄色一色に染まったレフトスタンドへ突き刺さった。
d0041058_2285611.jpg

今季第28号は、貴重な逆転の3ランとなった。

ベンチでは岡田監督が拳を突き上げ大はしゃぎ。それほどまでに意味のある一発だった。

そして、最後は久保田。前の二人がピリッとしなかったが、久保田はスライダーにキレがあり、栗原にヒットを許しただけで、得点は許さず。きっちりと抑えきり、2点のリードを守りきった。

これで4連勝。マジックを一つ減らし、3とした。もう、甲子園での胴上げは秒読み段階に入った。

他の試合。

セ・リーグ。

巨人-中日。上原-山井の先発。竜が投手戦を制し3連勝。6回、福留の27号2ランで先制し、8回にウッズの適時打で加点。先発の山井が8回を無失点に抑える好投で3勝目。岩瀬が42セーブ目。巨人は力投の上原を打線が援護できず、球団のシーズン最多敗戦に並ぶ76敗目を喫した。0-3。

横浜-ヤクルト。吉見-藤井の先発。ハマは3年連続最下位からの脱出が確定した。ツバメと入れ替わり、3位に浮上した。3回に佐伯が先制打。さらに満塁から種田の2点適時打などで計4点を奪った。吉見は7回1失点で4勝目。ツバメは藤井が乱調で2年ぶり6連敗。4-1。


パ・リーグ。

ロッテ-楽天。加藤-岩隈の先発。カモメが逆転勝ち。2点を追う7回、フランコの遊ゴロと里崎の左中間二塁打で同点。8回二死満塁から、フランコの右翼線二塁打などで4点を挙げた。7回に登板した小野がチーム6人目の10勝目。ワシは救援陣が踏ん張り切れなかった。11-8。

ソフトバンク-西武。斉藤-松坂のエース対決。タカが2年ぶりにレオに勝ち越し、単独1位を決めた。4回に松中の45号2ランで先制し、その後も松中や森本の適時打で2点を加えた。斉藤は9回二死まで2失点で16勝目を挙げ、レオの松坂は13敗目を喫した。4-2。

日本ハム-オリックス。立石-スチュワートの先発。ハムが効率よく得点し、4連勝。一回、2死一塁から田中幸の二塁打で先制。四回には森本の7号3ランなどで5点を加えた。立石は今季5勝目。猛牛はブランボーの19号ソロのみに終わり、4連敗で借金が今季最多タイの8になった。 6-2


JFKのJFが今日は崩れてしまいましたが、今岡の貴重な3ランで何とか救われました。巨人があまりに弱くて、中日に3タテを許してしまったため、今日もマジックは一つしか減りませんでした。まぁ、マジックは勝っていけばどんどん減っていくものですけど、竜がもう少し負けていてくれると、甲子園で優勝が決まることがはっきりしたんですけれど…。まぁ、そのへんは明後日からの竜の相手の横浜に期待しましょう。

田尾監督が今季限りで解任されるようですね。やはり、シーズン95敗の責任を取らざるを得ないと言うことなのでしょうか。
d0041058_2292550.jpg
決して、田尾采配が悪かったわけではないのですが…。しかし、数字が出た以上は仕方ありませんね。後任には社会人野球・シダックスのGM兼監督の野村克也氏(70)や、巨人OBで野球評論家の広岡達朗氏(73)や森祇晶氏(68)らの名前が取りだたされているようです。

また、オリックスの仰木監督も今季限りで勇退されるそうです。体調面を考慮してのことだとか。後任には、現・広島ヘッドコーチの三村敏之氏(57)が最有力の模様です。

さて、下位チームの監督の去就問題がピックアップされる中、パ・リーグのAクラスは順位が確定しました。

1位:福岡ソフトバンクホークス
2位:千葉ロッテマリーンズ
3位:西武ライオンズ

と、こういう形になりました。ソフトバンクが今日勝利したため、ロッテの同率首位が無くなり、プレーオフ第1ステージの開催が決定しました。よって、西武はプレーオフに参加できることとなりました。

今年の阪神と日本シリーズで当たるのはどこなんでしょうか?楽しみですね。


今日は11時に吉祥寺集合で(○ε○)氏と白骨氏とギャザをしに行きました。

私は寝坊したので、少し遅刻して行って2時間くらいプレイしていると、デュエル・マスターズの大会があるとかで、対戦スペースの明け渡しを要求されてしまい、やむなく退散しました。

その後は、少しだけ白骨氏と吉祥寺を徘徊して帰宅。途中からになりましたが、野球中継を見ました。

と、そんな一日でした。

明日は1限からだ…。ダルい…。しかしウダウダ言っていても仕方ないので気合を入れて授業に行ってきます。それでは、また明日。

P.S.ロッテの2桁勝利の投手が6人となり、プロ野球記録タイとなりました。

 ロッテは25日、小野投手が楽天最終戦(フルスタ宮城)で10勝目をマークし、南海が1956年と63年に2度記録している2けた投手6人のプロ野球記録に並んだ。
 毎日時代の56年以来、49年ぶりに84勝を挙げているロッテは15勝の渡辺俊を筆頭に、12勝の小林宏、11勝のセラフィニ、清水と久保がともに10勝と5投手が2けた勝利をマークしていた。 小野は同点の7回に4番手で救援登板し、1イニングを0点に抑えた。打線が8回に勝ち越して勝利投手となった。(共同通信)


これは、今年のロッテの先発投手陣の安定具合を示していますね。やはり、ルーキーの久保が10勝を挙げたのが大きいですね。

大相撲は今日が千秋楽。優勝争いをしている琴欧州は千代大海を寄り切りで下し、朝青龍は栃東を押し倒しで下したため、優勝決定戦が行われました。

白熱の取り組みの末、朝青龍が琴欧州を寄り切りで下して、
d0041058_22101596.jpg
6場所連続の優勝を決めました。
d0041058_22103484.jpg
38年ぶりの6場所連覇となりました。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-09-25 22:06

藤本攻守で大活躍!能見も好投で3連勝、マジック4!

ルーキーの好投と、藤本の攻守に渡る活躍で今日も快勝、マジックは4となりました。

今日の先発は、先日、安藤の代役を見事に果たしたルーキー・能見と、大竹でした。

序盤は、両投手の好投が光る、締まったゲームでした。しかし、試合は4回裏に動いた。

一死とした後、4番の新井。インコースへの直球が高く浮いてしまった。それを、ホームラントップを走る新井は見逃さなかった。

打球は「詰まった」そうだが、ライナー性の当たりでライトスタンドの最前列へ入った。山本浩二(現監督)の持つ球団記録にあと1と迫る43号ホームランで、コイが先制した。

しかし、後続を能見が断ち切り、5回表。

先頭の矢野が初球を狙った。スライダーを完璧に捉えると、打球はレフトスタンドへ。第19号同点ホームランで、試合を振り出しに戻し、続く藤本。

フルカウントとなった後、大竹がストライクを取りに来たカーブを振りぬいた。

打球は打った瞬間にそれとわかる、ビックリ箱の第1号ホームラン。連発で試合をひっくり返した。

藤本のホームランで流れは完璧に阪神に傾いた。

6回にはビッグイニングが訪れた。点を取ってもらった後の能見が5回裏を三者凡退に抑えたことで、野手のリズムも良くなったようだった。

先頭の片岡が四球を選び、アニキは三振に倒れるも(なお、アニキへの投球中に大竹がボークを取られ、片岡は二塁へ進塁。)、今岡が四球を選び、一死一、二塁。

そして、昨日の殊勲者・桧山。今日も決めてくれた。

初球を狙い打ち。見事に左中間を割る適時二塁打となり、片岡が生還。さらに矢野が死球で満塁。続く藤本は押し出しの四球を選び、この回2点目。

さらに続く能見は併殺崩れ。この間に桧山が生還し3点目。さらに赤星が初球を適時打とし、この回4点目。これで、試合の大勢を決めた。

先発の能見は7イニングを1失点で押さえていたが、
d0041058_2354781.jpg
8回、倉に二塁打を浴び、ピンチを作り、続く木村拓也の当たりを藤本が好捕するが、続く緒方が犠飛を打ち上げ、1点を返され、山崎を打ち取った後、さらに嶋に適時二塁打を浴びて3点目を奪われ、ここで降板。藤川にバトンタッチした。

藤川はここ最近少し安定感を欠いていたが、今日はズバッと新井を三振に切って取り、コイの追加点を許さなかった。

そして、9回は久保田がマウンドへ。

二死から代打の野村にヒットを許したが、続く代打の浅井を三振に切って取り、無失点。昨日に続いてセーブを上げ、チームも3連勝。マジックを4に減らした。

他の試合。

セ・リーグ。

巨人-中日。西村-石井の先発。竜が17安打し、連夜の2ケタ得点で大勝。1回に立浪の適時打で先行すると、4回、投手の石井が2点二塁打。5回はウッズの36号ソロ、6回に井端の2点打など得点を重ねた。プロ初先発の石井は5回無失点で投打に貢献して3勝目。5-11。

横浜-ヤクルト。雨天中止。

パ・リーグ。

ロッテ-楽天。久保-一場のルーキー対決。ワシが快勝し、連敗を8で止めた。3回、一死満塁から礒部の犠飛と川口の二塁打で3点。その後も着実に加点して主導権を握った。一場は速球がさえて、2度目の完投で2勝目。カモメは久保が制球ミスに泣き、打線もつながらなかった。1-8。

日本ハム-オリックス。ダルビッシュ-ケビンの先発。ハムは1-1の4回、木元の18号2ランで勝ち越した。ダルビッシュが緩急をつけて7回1失点で5勝目を挙げた。猛牛は3連敗。投手陣は5回以降を無安打に抑えたが、打線が拙攻で再三の好機をつぶした。3-1。

ソフトバンク-西武。新垣-西口の先発。レオが逆転サヨナラ勝ちでシーズン3位を決めた。2点を追う9回無死満塁から野田の左前適時打で1点を返し、さらに代打・後藤が左越えに2点二塁打を放った。
d0041058_2373217.jpg
タカは継投に失敗し、連勝は2でストップ。5-6。


パ・リーグは、ソフトバンクの1位と、西武の3位が確定しました。セ・リーグは中日が勝ったので阪神のマジックは1つしか減りませんでした。しかしまぁ、マジックは4。甲子園の巨人戦で優勝決定はもはや確定と言えるでしょうね!


今日は14時ころに起きて、慌てて阪神戦を観戦しました。それ以外は何もしてません。大学始まっても相変わらず暇人です。

今日は書くこと無いので、この辺で。

P.S.大相撲、朝青龍が勝ち、
d0041058_2375235.jpg
琴欧州が敗れた
d0041058_238268.jpg
ので2敗で両者が並びました。こちらの優勝争いも熾烈になってきています。
そういや、メッツの石井一久が、古田監督就任ならヤクルト限定で球界復帰もあるようです。先発の足りてないヤクルトにはありがたい話ですね。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-09-24 23:04

桧山、殊勲の二塁打でマジック5!

広島に勝利して、マジックは5になりました。

いよいよ秒読みって感じです。

今日の先発は、右のエース・福原と、レイボーン。

普段、好投しながら打線の援護を受けられない福原だが、今日は初回から援護点をもらえた。

先頭の赤星がヒットで出塁。鳥谷のヒットで、チャンスを作って片岡。真ん中、アウトコース気味のカーブを振りぬき、レフト方向へ。

コレが犠飛となり、1点を先制した。なおも、チャンスは続いたが、アニキ・今岡と凡退して、追加点を奪えなかった。

さらに2回には、藤本のヒットで作ったチャンスに、福原自らが適時打を放ち、追加点。3回は、今岡と藤本の3点適時打で一挙に4点を奪い、試合の大勢を決めたかに見えた。

しかしその裏。福原が崩れた。

一死から今岡の失策で走者を出すと、1番の松本を打ち取るも、山崎・嶋・新井の3連打で3点を失ってしまう。さらに4回には山崎の適時打で、5回には緒方に20号ソロを許して、1点差に詰め寄られてしまう。

そして、6回からは桟原が登板。岡田監督は、逃げ切り策を講じた。しかし、3番手のジェフが7回を抑えるものの、8回、先頭の緒方にヒットを許し降板。藤川がマウンドに登ったが、森笠に痛恨の同点適時打を放たれ、試合は振り出しに戻ってしまった。

しかし9回。先頭の鳥谷が内野安打で出塁。さらに片岡もヒットで続き、無死一、二塁でアニキ。

期待は高まったが内野フライ。続く代打・濱中は外野フライで、あっと言う間に二死に変わってしまった。

ここで、打者は桧山。高めの直球を捉えた。

打球はセンターの頭上を超える適時二塁打。二者生還で2点の勝ち越しに成功した。

そして、その裏は久保田。新井にヒットを許すも、得点は許さず逃げ切りに成功。桧山の殊勲打で、マジックを一つ減らして、5とした。
d0041058_23185362.jpg


他の試合。

セ・リーグ。

巨人-中日。酒井-マルティネスの先発。竜が6年ぶりで巨人に勝ち越した。1回に福留(26号)、ウッズ(35号)の連続本塁打などで5点先取。2回に3点、3回に2点を加え序盤で2けた得点した。7勝目のマルティネスは7回を10奪三振で1失点。巨人は8回に5点を奪う反撃を見せたが遅すぎた。6-10。

横浜-ヤクルト。土肥-ゴンザレスの先発。ハマが競り勝った。佐伯の18号ソロで均衡を破った後、村田の23号2ラン、相川の8号ソロ、内川の5号ソロの3連続本塁打で計5点を挙げ、試合を決めた。投げては土肥、川村、木塚が零封リレー。ツバメは貧打で5連敗。5-0。

パ・リーグ。

ロッテ-楽天。黒木-有銘の先発。カモメが先発全員安打の猛攻で大勝した。1回に福浦の6号ソロ本塁打で先制し、4回はサブローの適時打やパスクチの8号3ランで5-0。その後も大塚の8号2ラン、李承燁の30号3ランなど、2本塁打などで点差を広げた。黒木は8回3失点で2勝目。ワシは今季3度目の8連敗となった。12-3。

ソフトバンク-西武。杉内-泡様の先発。タカが4本塁打で主導権を握り、辛くも逃げ切った。2回に松中の44号で先制。5回以降も川崎(4号)、ズレータ(40号)、代打・大道(1号)の一発で加点した。杉内は最多勝争い単独トップの18勝目。レオは9回に1点差まで猛追したが、4連勝は成らず。5-4。

日本ハム-オリックス。鎌倉-吉井の先発。ハムが一発攻勢で2連勝。1回、小笠原が36号中越え2ラン。5回にはセギノールの31号右中間2ランなどで加点した。先発・鎌倉から小刻みな継投で逃げ切った。猛牛は打線が1点しか奪えず、2連敗で今季の負け越しが決定した。5-1。


今日の試合で、オリックスのPO出場は厳しくなりましたね…。やっぱり、何だかんだ言っても西武は強いです。

さぁ、いよいよ優勝マジックは「5」!もはや、秒読み段階と言っていいですね。明日・明後日と広島に連勝して、甲子園での巨人戦でスカッと勝って優勝を決めたいところですね!

すごく楽しみです!


今日は、10:30から立川の某音楽スタジオにて地租氏・所長閣下・白骨氏と共にバンド練習をしました。やっぱり、楽しいですね、楽器演奏って奴は。技量や努力は必要ですが、それに見合う楽しさがあります。

で、2時間ほどスタジオに篭った後、昼食を某ラーメン店でとりました。

なかなかうまかったですが、ちょっと味が濃かったかな。スープの味が後まで残るしつこさがちょっと引っかかりますが、まぁ、とんこつスープですし、仕方ないですかね。にんにくが無料サービスだったので良しとしますか。

で、昼食後は、地租氏・所長閣下と駅で別れて、某ゲーマーズで白骨氏とギャザ。3時間くらいやりましたかね。

ま、感想。

ループジャンクション:無限ライフを得るデッキだそうで。コンボが決まりやすい作りだったので、何度も決められてかなり負けました。えーい!コンボデッキなんか大嫌いじゃ!

ゴブリン:自分で回させてもらいましたが、まぁ、勝てない。メタデッキだからと言うのもありますが、1戦も勝てませんでした。ゴブリン、強いと思うんだけどなぁ。白骨氏の安上がりのデッキは大した強さですよ。

と、面白おかしくプレイしていたら、突如異臭が!

私の席の後ろに立っていたいかにも「ヲ」の字の人からものすごい汗臭が!

私と白骨氏はあまりの臭いに耐え切れず、わざわざ席を移動しました。もう、のどは痛くなるは、気分は悪くなるわで、酷い目にあいました。

あのさぁ、身だしなみなんかどうでもいいや、めんどくさいし。って気持ちもわかるんだけど、社会人としてはね、周りの人に迷惑をかけちゃいけないんですよ。汗っかきの体質ならタオルを持ち歩いて、適宜体を拭くとかね。そういう努力ぐらいはして欲しいですね。
あれで、体調崩したら、刑法第204条の傷害の罪に問われちゃいますよ(笑)。

そんな感じで、17時過ぎに引き上げて、白骨氏とルミネ立川店の業務員入り口のところで別れて、私は母親に頼まれた品物を探すべく、某アニメイトへ。

ざっと見渡して、すぐに目的物を見つけたので、さっさと購入しました。

そして、帰宅。夕食をとって、ドラえもんを見て、巨人-中日戦を見ました。

で、観戦中、突然トイレに行きたくなったので、行ったら、ものすごい下痢をしてしまって、今げっそりしています。別に腹が痛いわけではないんですが、体力を消耗するんでね…。あの、ゲーマーズでのあの異臭に当たったか(笑)。とにかく、今日は早めに寝ます。

今日はそんな感じです。

それじゃ、また明日!

P.S.ジョージ・マッケンジー、骨折の影響で、POに出られないようです。ソフトバンクにとっては大きな痛手ですね…。しかし、彼なしでも勝つのが、ソフトバンクの強さですから。日本シリーズで待ってますよ!

最後に、みなさんのダイスキな初芝選手の昨日の様子を。
d0041058_23194132.jpg

↑会見する初芝。
d0041058_2320640.jpg

↑胴上げされる初芝。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-09-23 23:18

JP好投するも…。

今日はセ・リーグの試合はありません。パ・リーグ2試合が行われました。

日本ハム-オリックス。金村-JPのエース対決。獅子のしっぽに食いついて放さない、仰木監督いうところの「スッポン」野球どころではない。天敵、金村の前に、なすすべもなく敗れ、西武と2ゲーム差に。一様に厳しい表情で引き揚げる選手の顔が、1敗の重みを雄弁に物語っていた。

 必勝の一戦のマウンドに立ったのは首痛も癒えたエース、JP。7日以来の先発となった右腕は「最後は力強くフィニッシュしたい」と、プレーオフへの夢を乗せて、序盤から会心の投球を見せる。緩急を生かし、1回2死からの7連続を含む13三振を奪い、8回をセギノールの30号ソロ一発による1失点に抑えた。

 しかし、打線が昨年4月から11連敗中の金村を攻略できない。7番にブランボー、8番に北川を置いた重量級打線は、2、3回の好機を逃すと、その後はあらがう手だてすら失った。

 残り試合は、西武との直接対決2試合を含む5試合。逆転にはもう一戦必勝しかない。仰木監督は「(西武を)アベレージ(勝率)で越えるようにこれからもやっていくしかない」。そして、一息ついて「と、いうことで…」。報道陣を避けるようにロッカールームに姿を消した。

金村は13勝目を挙げた。
d0041058_2311381.jpg

1-0。

ソフトバンク-ロッテ。高橋秀-清水の先発。序盤から主導権を握ったタカが宮地の3号2点本塁打など12安打を放ち、7-1で快勝した。

 先発投手はカモメが今季10勝の清水直に対し、タカはルーキーでプロ未勝利の高橋秀。高橋は2回に橋本の適時打で1点を失ったが、初回、4回、5回と再三得点圏にランナーを進められながらも粘りのピッチングでピンチを凌ぎ、6回途中で2番手の三瀬に交代するまで、カモメ打線を1点に抑える好投を見せた。

 ルーキーの好投に若鷹打線も応えた。初回に清水から1点を先制した後も、2回にプロ16年目のベテラン宮地が2点本塁打、
d0041058_234571.jpg
3回にはバティスタ(27号)とズレータ(39号)がそれぞれ本塁打を放ち、高橋を援護。5回、7回にも松中の適時打で追加点を奪い、タカが4連戦最終戦で連敗を3でストップし、意地を見せた。高橋はうれしいプロ初勝利。首位ソフトバンクと2位ロッテとのゲーム差は3に広がった。


さて、先の特別国会で小泉純一郎・自民党総裁が第89代内閣総理大臣に指名されました。新内閣は、前閣僚をそのまま再任する形になりました。

内閣総理大臣:小泉純一郎(63)[無派閥]
総務大臣:麻生太郎(65)[河野グループ]
法務大臣:南野知恵子(69)[森派]
外務大臣:町村信孝(60)[森派]
財務大臣:谷垣禎一(60)[小里派]
文部科学大臣:中山成彬(62)[森派]
厚生労働大臣:尾辻秀久(64)[旧橋本派]
農林水産大臣:岩永峯一(64)[旧堀内派]
経済産業大臣:中川昭一(52)[旧亀井派]
国土交通大臣:北側一雄(52)[公明党]
環境大臣:小池百合子(53)[森派]
官房長官:細田博之(61)[森派]
国家公安委員長:村田吉隆(61)[旧堀内派]
防衛庁長官:大野功統(69)[山崎派]
金融担当大臣:伊藤達也(44)[旧橋本派]
郵政民営化担当大臣:竹中平蔵(54)[無派閥]
行政改革担当大臣:村上誠一郎(53)[高村派]
科学技術担当大臣:棚橋泰文(42)[旧橋本派]

とりあえず、小泉総理の思うままに動く駒を据えて、全力で郵政民営化に取り組むと言う姿勢が見えます。

選ばれた以上は、日本政府の中枢として、活躍されんことを祈ると同時に、日本をより良くしてもらえるように頑張ってください。


皆さん、見ました?アメリカの飛行機事故の映像!凄かったですね!映画かと思わせるようなスリルのある映像になっていましたね!

d0041058_2336767.jpg

米航空会社ジェットブルーのニューヨーク行きエアバスA320型旅客機(乗員・乗客146人)が21日午後(日本時間22日午前)、カリフォルニア州バーバンクのボブホープ空港を離陸後、前輪が収納不能になるトラブルが発生した。
 同機は約3時間にわたり上空を旋回、午後6時20分ごろ、ロサンゼルス国際空港に緊急着陸した。けが人などはいない模様。米メディアによると、同機は離陸後、前輪が90度真横に向いたまま機体に収納できない状態となった。旋回を続けることで燃料を消費し、機体を軽くした上で、緊急着陸を行った。
 同機は、後輪だけで通常の着陸時よりも長く滑走。減速後に横向きになった前輪を滑走路に接触させた際に、煙と炎があがった。乗客らはタラップを降りて脱出した。同空港内には救急車や消防車などが多数待機し、緊急事態に備えた。
 ジェットブルー航空は米国の新興航空会社。運航開始は2000年で、格安料金と設備の良さを売りに業績を伸ばしてきた。(読売新聞)


不謹慎ですが、色々な意味で興奮しました。

しかし、車輪が一つ使えない状態で、死傷者なしで無事機体を接地させた機長の技術は素晴らしいの一言でした。とにかく、ケガ人もでないようで、本当に良かったですね。


今日は、5時まで夏休みの宿題を片付けていました。

それは、English Bの課題で、プリントのChapter・1を全訳、Chapter・2を要訳してくることだったのですが。

何せ堅い文章でダルい!Chapter・1は日本国憲法の前文と条文の一部が英文になっているものだったので、もう面倒くさいので六法をそのまま写しました(汗)。

Chapter・2は途中で自力で訳すのをあきらめて、Yahooの翻訳システムを使って、その訳を使わさせていただきました(汗)。

と言った感じで、5時くらいに眠りにつき、10時に起床。ブランチをとって、大学へ。

3限は、English・B。とりあえず、宿題を出さねばならないので、教室へ。

今日は何をするんだろう?と考えているうちに先生が来て、今日はテストを返却しますと言いました。

ちょっと待って、N先生…。

今、テストを返却するって言った…?

見たくない!返さんといてや!

なぜなら、私はこのテスト、まったく出来た自信が無く、よく単位が来たな、と思っているくらいですから、結果が悲惨なのは見るまでも無いですから!

しかし、そんな思いと裏腹にテストは戻ってきました。

…36点…。

酷すぎる…。私の人生で受けてきたテストで、2番目に悪い点数でした。

先生いわく、

「今回は、大学のカリキュラムシステムの変更がありまして、前期を落とすと後期を取れない、と言うことなので、だいぶ救済措置をとりました。平常点を足しても届かない方にも、何とか単位をあげましたが、後期はそうは行かないので、心して授業を受けてください。」

とのこと。

先生、それは私に言っているのか…?

そうだよな、Dがつくためには60点取らなきゃいけないんだもんな。24点も足りてないし…。

後期は頑張ろうっと。

そして、授業が終わった後は、府中に出向いて、サザンの最新のスコアをチェックして、大学に戻って、5限が始まるまで、図書館で、刑法に関する本…いや、はっきりいえば、日本の拷問史の本を読んで、時間をつぶしました。

で、教室に行くのに頃合な時間になったので、図書館を出ると、入り口のところに華麗なる詐欺師氏がいらっしゃいました。

こちらから声をかけたのですが、最初は私だと認識してもらえなかったようでした。

そんなにいつもと違う格好してたかなぁ?それとも、彼における私の意識が薄れているのか…。ま、そんなことを思いながら教室に向かいました。

で、5限の民法総則を眠い目をこすりつつ(途中だいぶ寝ましたが…)受けて、帰宅しました。

帰ってくると、ガンダムSEEDの最新のSUIT CDがありました。
d0041058_23581830.jpg

ちょうど、私の聞きたかった、ミーア・キャンベルのキャラソンが収録されていたので、即聞きました。

感想。

・Quiet Night C.E.73 …ラクスのキャラソン「静かな夜に」のアップテンポバージョンでした。ただ、ラクスが厳粛に歌っているのに対して、ミーアは、アイドルっぽく歌っているので個人的には、コチラの方が好きですね。歌詞を囁いたり、英語にしてみたりと、個人的にはかなりツボでした。

・Emotion…正直に言って、私の知っている曲の中からベスト5を選べ、と言われたらこの曲は絶対に入ります。それほどに、私はこの曲にハマってしまいました。
アニメ本放送のときに、挿入歌で流れたときから好きだったのですが、音源を聞いて、一層好きになりました。流れるような詩とメロディーライン、絶妙のシンセのメロディーと歪ませたギターのバッキング、そして何よりミーア(田中理恵)の歌声!これが完璧に調和していて本当に絶品です。もう先ほどからずっと聞き続けています。ヤバいですね。完全にハマってしまいました。

と、CD聞いて感動して、テレビをちょっくら見て、このブログを書いていると言うわけです。

明日もバンド練習(と言っても、地租氏や所長とやる方ですが)があるので、早めに切り上げさせていただきます。

それじゃ、今日はこの辺で。

P.S.ヤクルト球団が、今日、古田敦也捕手(40)にヤクルト本社で、正式に次期監督就任を要請したようです。
d0041058_0111834.jpg

本人は、残り15試合に集中したいとのことで、即答は避けました。果たして、来季は監督の座に就くのでしょうかね?

監督と言えば、巨人の来季監督は原氏で決定のようです。近く、正式に要請するようです。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-09-22 22:55

下柳→JFKの完封リレーでマジック6!

連敗が止まりました。

今日の先発は、事実上のエース・下柳と、竜のエースの川上でした。

今日の下柳はとにかくテンポがよく、連打を許さず、要所を締める、ベテランならではの好投を見せてくれた。

ピンチらしいピンチと言えば、6回の井端・福留の連打で一死一、二塁のピンチを作ったときくらい。このときも、相性の悪いウッズを併殺打にしとめ、無失点。6イニングをきっちりゼロで抑え、先発の仕事をきっちりとやって見せた。

一方の打線も、ベテラン勢が活躍。

2回、先頭のアニキ。1-2からの高めの直球を引っ張った。
d0041058_2365960.jpg

今季38号ソロホームランは、先制の一打となった。38ホーマーは、アリアス以来。

さらに4回は、鳥谷・片岡の連打でチャンスを作り、アニキへの投球の3球目のフォークが冒頭になり、鳥谷が生還し、追加点。

さらに桧山が、直球をセンターへ綺麗に弾き返し、3点目。

そして、7回に関本の適時打でダメを押した。

下柳のあとは、ジェフが1イニングを投げ、三者凡退。続く藤川もヒット一本を許すも、内野ゴロと三振で点を取らせず、最後は久保田が1四球を許しながらも無失点で試合終了。痛快な試合運びで、今季の対ドラゴンズ戦最終戦を白星で飾った。今季のドラゴンズとの勝敗は、11勝11敗とタイに終わった。

下柳は13勝目を挙げて、
d0041058_23135496.jpg

ハーラートップタイ。

他の試合。

セ・リーグ。

ヤクルト-巨人。館山-内海の先発。巨人は延長12回、清水の二塁打を足場に2死満塁と攻め、五十嵐の暴投でサヨナラ勝ちした。巨人は3連勝でカードの勝ち越しを決めた。ツバメは2本塁打(岩村28号、城石1号)で追いついたが、終盤の好機を生かせず4連敗、勝率5割を切った。2-3。

広島-横浜。黒田-門倉の先発。コイが接戦を制した。2-2の7回一死一、三塁から前田の中前打で決勝点を挙げた。黒田は球に力があり、8回2失点でセ・トップタイの13勝目。ベイルが22セーブ目。横浜は石井(6号)、相川(7号)の本塁打による2点のみで、連勝は7で止まった。3-2。

パ・リーグ。

ソフトバンク-ロッテ。田之上-セラフィニの先発。カモメがタカとの直接対決で3連勝し、2ゲーム差に迫った。5回にフランコの逆転20号2ランで勢いをつけ、さらに堀の7号満塁アーチなど9長短打で8点を奪った。タカは前半に拙攻続きで優位に立ち切れなかった。3-13。


なんとか3連敗は阻止しました。やっぱり下柳は頼りになります。今季は、井川よりも彼の方がエースの名がふさわしい気がします。

打線も、今日はここぞと言う場面できっちりと結果を出せたので、昨日やおとといに比べればいい感じになって来たと思います。

これで、25日の日曜日の広島戦が最短の優勝の日となりましたが、この感じなら、甲子園の巨人戦で決められるかもしれません!さぁ、あとひと踏ん張りだ!


今日は、3限のEnglish Aの授業から。

夏休み明け初っ端ということで、4人一組でスピーチを発表すると言う授業でした。しかも、授業開始30分以降は日本語禁止と言うルール尽きでした。まぁ、誰一人守っていませんでしたが。

それが終わると、明日のEnglish Bの夏休みの宿題をやるべく、図書館で少しだけ片付けて、5限の日本語文献精読を受けました。今日は落語を聞いて、その解説を聞くだけと言う、いたってつまらない授業でした。

少し早く終わったのですが、とりあえず、今日はバンド練習の日なので、スタジオに直行。そこで2時間練習をして、帰宅しました。

疲れた…。休み中ではありえない時間の使い方ですから。

今日は、第3次小泉内閣が誕生したので、それに関連したことを書きたいところですが、あいにく疲れているのと、まだ宿題が片付いていないので、明日にします。

それじゃ、今日はこの辺で。

P.S.パ・リーグ、ソフトバンクをロッテが猛追し、2ゲームまで迫ったことで、ロッテが同率首位に並ぶ可能性も出てきて、プレーオフの第1ステージが行われなくなる可能性も出てきました。そうなると、今頑張っているオリックスや西武には気の毒なことになりますね…。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-09-21 23:01

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE