<   2005年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

 

昨日の借りは返したぜ!!

昨日の惨敗は、タカの4番・松中にやられたのが大きい。しかし、今日は我らが4番・アニキがやってくれました。

初回、四球を選んだ赤星が、あの城島から盗塁すると、アニキが真ん中高めのストレートを振りぬいた。打球はライトスタンドに突き刺さった。2点先制。

3回、満塁から、最近低迷している今岡。スライダーをレフト線へ。2点適時打になった。これで、4点。

5回に下柳が2点を失ったものの、6回には2点を取り、点差を広げ、8回にはシーツの適時打、そして、アニキの今日2本目の2ランでダメ押し。昨日の借りは完璧に返した。

投げても、下柳が緩急をうまく使った投球で、5回を投げ、タカ打線を2点に抑えた。続く藤川も、見事な投球で2回をきちんと抑え、ジェフ・江草もきちんと役目を果たし、その後のタカ打線を沈黙させた。これぞ、タイガースの投手力!!下柳はこれで5勝負けなしと、セ・リーグハーラートップに立った!!

打線が上向きなのは、鳥谷の好調が作用していることは否めない。なんと、現在の打率は.311!!ホームランこそありませんが、赤星・アニキの次に高い打率なのですよ。彼が最終打者としてうまく、先頭の赤星につなげて、クリーンアップの長打を待つ。この攻撃がうまく機能している気がします。あれだけ大敗した昨日も、この攻撃方法で、うまく最終回に3点を奪ってますから。

明日のタカ戦。絶対に勝ちたいですね。ここでタカに勝ち越せれば、勢いに乗れます。この後は、牛・ワシと、比較的楽なチームと当たりますから。ここでの勢いで一気に単独首位を目指せ!!

他の試合。

中日-ロッテ。昨日に続いて、またスンヨプがいいところでホームラン。勢いづいたカモメが、9回に一死三塁から、岡本の暴投でサヨナラ。本拠地での連敗を止めました。相変わらず、竜の投手陣の不調が見え隠れしています。3-4。

西武-横浜。レオは、初回、うわさの「おかわり」中村の7号2ランで先制。しかし、3回に、河原が捕まり、多村の11号3ランを含む6点を奪われ、レオはペースを乱し、その後は得点できず。
最終回、代理魔人・クルーンがカブレラに放った1球は、ヒットにはなったものの、159キロ!その後は3人で抑え、横浜が勝利を掴みました。2-7。

楽天-広島。ワシは、2点を先制された4回に、3点を奪い逆転。しかし、コイは、5回裏、代打・新井の10号グランドスラムを含む5得点。再びリードを奪い、6回に代打・野村の6号ソロでダメ押し。コイはこれで久しぶりの勝ち越し。3-8。

オリックス-ヤクルト。勝てば、4年ぶりの単独首位に立てるヤクルト。しかし、同点に追いついた後は、得点できず。延長11回、吉川が打ち込まれ、敗北。9-5。

そして、日本ハム-巨人。

激しい空中戦になりました。両軍4本ずつの計8本の本塁打が飛び出し、点の取り合い。なんとハムの投手・岩本のプロ初ヒットがホームランとなったりと、大荒れ。しかし、最後の最後で、日本ハムは粘れず、1点差で連敗。9-10。

「交流戦はペナントに影響します。」これは、最初から言われていたことですが、ここまでペナントに影響が出るとは。中日が首位から落ち、5位のヤクルトが首位に登りつめる。いや、ほんとにペナントがわからなくなってきました。

さて。今日は久々にネタがありますよ。田代友里恵っていうアイドル知ってます?この娘です。

なんでアイドルの話なんか出したかって言うと、この娘、中学校のときの同級生なんですよ。ええ。ビックリしました。在学中から、モデルをやってるとか言う話は聞いていたんですが、いや、DVDまで出してたとは!!しかも、中3のとき!!ビックリでしたよ。

確かに、私のいた中学校のなかでも群を抜いてキレイでしたのですが。いや、こんなに芸能界に進出してるとは思いませんでした。いや、世の中は狭いものです。

彼女とは在学中に、結構会話しました。誕生日が私と1日違いだったですよ。それが理由なのかはわかりませんが、選択授業が同じ授業なので、よく話をしました。今覚えば、サインの一つや二つもらっとけば良かった。売れたのに…(殴)。あ、でも、彼女が写ってる卒業アルバムと他の人が写ってはいるが、生写真もあるや。売れるかな…(爆)。

身近に芸能人って言うか、有名人がいるとビックリしますよね?特に、比較的中の良かった人がそうなると、感慨深いものですよ。

ってな感じですかねぇ。今日一日は引きこもってました。じゃ、この辺で。さようなら。

P.S.アニキ、遂に12年連続の二桁本塁打を記録しました!!おめでとう!!
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-05-21 23:28

惨敗の理由は…。

惨敗。

酷い負けだ。先発・安藤が5回を投げて10失点。続く佐久本も、4失点。江草は踏ん張ったが、最後のブラウンも2失点。今季、投手力を売りにしている阪神には、あるまじき負け方だ。

このホークス戦を迎えるまで、交流戦防御率は1点台、公式戦防御率も2点台と、投手力を強調してきただけに、この負け方は納得がいかない。

特に、松中に2本塁打を浴びているなど、警戒が薄かったとしか考えられない。今日の捕手は、わざわざパ・リーグ出身の野口。野口だったら、いや、野口でなくても、松中・城島がいかに恐ろしいかわかっているはず。しかし、彼らにホームランを浴びてしまっている。今回は、バッテリーの配球や、投手の乱調が大きく影響している。

わざわざ、上に上がってきて、なぜチームの足を引っ張ってしまうのか、佐久本。橋本の代わりに上がってきたんだから、それなりにやってくれよ!ブラウンも期待されている割に2失点。勝ちパターン(藤川・橋本・江草・ジェフ・久保田)以外の投手陣の不安がまだ残る。ここがこれから阪神が乗っていくために必要な課題と思われる。

大量に点を取られはしたが、打線もなんとか奮起したところが今日の救いか。しばらく低迷していた今岡に本塁打が飛び出したり、最終回、赤星の四球出塁から3点を奪うところなど、打線のつながりは決して悪くない。まぁ、赤星が今日は完全に抑えられてしまっていたのが、初回からの猛攻撃につながらなかった理由のひとつと言えるでしょう。

このままずるずると負けるわけには行かない。せっかく昨日首位に並んだと言うのに、わずか一日で三位転落。ソフトバンクの強力打線は誰もが認めるところ。しかし、それを抑えられるだけの投手力が、阪神にはあったはずだ。

他の試合。

西武-横浜。1点リードされた6回、レオの先発投手・西口が自らのバットで2点適時打を放ち、投手リレーで逃げ切った。3-2。

中日-ロッテ。惜しいところで、竜先発の川上が完全試合を逃した。カモメのイ・スンヨプがソロ本塁打を放ち、夢を打ち砕いたが、カモメ打線の出塁はそれだけに終わった。7-1。

オリックス-ヤクルト。ツバメは1点リードの6回、代打・ユウイチの起用があたり、適時打で追加点を奪い、投手リレーで逃げ切った。1-3。

楽天-広島。コイは同点の8回、緒方の犠飛で勝ち越し、ラロッカの適時打でダメ押し。最後はベイルが抑え逃げ切った。4-6。

さぁ、日本ハム-巨人。

巨人先発はマレン。8回までは良いピッチングだったが、9回、森本・木元に連打を浴び、小笠原の適時打で1点を返されると、続くセギノールの内野ゴロの間に三塁走者が帰り、同点。その裏、建山が抑え、試合は延長にもつれ込んだ。

10回表は林が抑え、ハム無得点。そして、その裏、建山の初球のスライダーをローズが右翼スタンドへ。サヨナラホームランで、巨人に勝ちを許した。2-3。

セ・リーグはだいぶ混戦になってきた。虎よ、ここで奮起して、単独首位を狙え!!

さて、今日は、4時間目から3限連続ぶっ通しと言う死のフライデー。刑法総論は良いのだが、次の法律リテラシーが相変わらずつまらん。そして、現代法入門を受けて帰った。何か、これと言って書くことが無いのが悔しいな。そんな感じで一日が終わりました。

今日もあまり書くことが無いので、この辺で。さようなら。

P.S.今日の試合、竜の先発・川上は、完全試合は逃したが、松坂(西武)に続く、史上二人目となる一投手による先発全員からの奪三振を記録したそうな。おめでとさん。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-05-20 22:54

不死鳥の完全復活は近い!!

連勝。

初戦、西京極で負けたときはどうなるかと思ったが、百獣の王対決は、我らが虎が制した。

今日の先発は阪神・井川と、西武・大沼。

立ち上がり、井川のもっとも弱いときに、やはり点を取られた。和田の犠飛、石井の適時打。2点を取られた。

しかし、その裏に、金本の1ゴロの間に赤星生還で1点差。どうなるかは予想のつかない展開になった。

そして、試合が動いたのは4回。今岡凡退の後、桧山・矢野・鳥谷の3連打で満塁。井川三振のあとに、赤星が押し出しの四球を選び同点。そして…。

「2番、関本に代わりまして、バッターは濱中。背番号31。」

ウグイス嬢のコールのあと、しばし甲子園は歓声に包まれた。

濱中が打席に入った。2-1と追い込まれた4球目。ボール球のスライダーに手を出した。しかし、打球は浮き上がり、二塁手と右翼手の中間に落ちるテキサスヒットとなった。二者生還で一気に勝ち越し。

さらに、5回。先頭打者のアニキが、レオの変わったばかりの投手・許の5球目をたたき、バックスクリーン右へ。追加点となる本塁打で井川を盛り立てた。

井川は、初回こそ打たれはしたが、その後は要所を締め、7回を投げた。その後、8回を藤川が完璧に押さえ、9回は久保田。

しかし、相変わらず久保田は不安だ。2死1、2塁とする不安定なピッチングで、2番片岡を迎えた。2-1と追い込みながらも、片岡にセンター前に運ばれ、1点を奪われた。そのあとは、何とか抑えたが。

久保田がストッパーというのは考え物かもしれない。絶対的な守護神が必要だ。これが、阪神の課題かな。なお、今日から藤本敦士内野手が登録されました。

さて、他の試合。

中日-日本ハム。4回に中日先発・朝倉が打ち込まれ、ハムに主導権を握られた竜は、最終回に反撃するも、追いつけず。4-9。なお、この試合でドラゴンズ・立浪和義選手が、通算450本目となる二塁打を放ち、世界の盗塁王・福本豊の記録を抜き、日本新記録を樹立しました。

ヤクルト-楽天。どうにも、楽天先発・一場がヒドすぎる。弱気のピッチングで大量点を奪われ、ノックアウト。一場は、0勝7敗と最低の成績。打線も奮起できず、零封を浴び連敗。9-0。

横浜-オリックス。オリックスは、2点リードして、7回に猛打を浴びせ、4点を奪った。横浜は貧打に泣いた。1-6。

ロッテ-広島。カモメが14安打を浴びせる猛攻を見せ、大勝。カモメ先発のルーキー久保は、完投勝利で、早くも3勝目。広島は4安打と貧打に泣いた。9-1。

そして、巨人-ソフトバンク。

なんと、巨人が勝ちました。工藤が完投だって!?

ソフトバンクは、4回、松中が両リーグで単独首位となる、15号2ランホームランで先制。しかし、直後の5回表、絶不調の銭岡こと二岡が、1号2ランで同点とした。そして、9回表。巨人は、今日登録の捕手・村田の適時打で勝ち越し、清水の適時打で中押し。3点差に開いた。

ソフトバンクは、その裏2点を取り、あと1点差まで迫ったが追いつけず、惜しくも敗北した。5-4。

さて、4カードが終了。遂に、阪神が中日を捉え、首位に並びました!!この後のソフトバンク戦を勝ち越せれば、竜を引き離し、単独首位に立てるでしょう。がんばれ!!


今日は、3時間目からの登校でした。某A澤先生みたいな英語の授業を受けたあと、4時間目が空いているので、府中を散策。そこで、サザンオールスターズの伝説のアルバム、「Happy!」を見つけました。欲しかったのですが、3500円と言う大金は持ち合わせていなかったので、断念しました。ハラボーのベスト盤・「Loving You」もあり、やはり欲しかったのですが、800円と言う大金を持ち合わせてなかったので、やはり断念しました。
その後、5時間目の民法総則をなんとなく受けて帰り、BS1の阪神戦を見ました。そんなとこですかね。

今日も今日とて、ヲタネタが無いので、この辺で。さようなら。

P.S.今岡が最近当たってないのが少し気になりますね…。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-05-19 22:52

桧山よ突っ走れ!!

勝利。

松坂から勝つというのは、気分がいいもんですね。プロ初の甲子園のマウンドの松坂、白星は桧山によって消された。

今日は、右の松坂が先発。と、言うことでスタメンは、左打者の桧山。先発は杉山。初回、松坂の前に三者凡退。しかし、2回にアニキが四球を選ぶと、今岡が凡退の後、桧山。

ど真ん中の速球を振り抜くと、バックスクリーン右へ!貴重な先制2ランとなった。

その後は、松坂が踏ん張り、杉山との投げあいになった。

しかし、5回。鳥谷がヒット、杉山のバント。松坂の野選によって杉山が1塁で生き、赤星がたたきつけるバッティングで満塁。

関本との対戦のとき、捕手・細川が後逸。その間に鳥谷生還で貴重な追加点。

ここまできたら、投手リレー。7回を藤川が完璧に締め、8回はジェフ。

しかし、ジェフが誤算。小関・カブレラに四球を与えると、和田が高めのボール球を振りぬき三塁打。二者生還で1点差とたちまち詰め寄られてしまった。

9回は、ちょっと不安の守護神・久保田。しかし、今日は安定したピッチングで、なんとか逃げ切り、勝利を決めた。

しかし、杉山の投球は見事だった。6回まで西武打線を零封。右のエースはこのままだと杉山にとって代わられるかも…。福原も頑張れ!!

あと、鳥谷。微妙に打撃が好調です。今日の試合の終了時の打率が.293。なんと、赤星・今岡・アニキについで高い打率です。2003年のとき、藤本が.301を打ち、優勝に貢献した。と、考えると、このまま鳥谷が好調を維持すれば、V奪回は夢じゃない。

さて、他の試合。

中日-日本ハム。8回までは1点を争うゲームでしたが、9回。吉崎・建山・井場がことごとく打たれ、6点を取られ、ハムは大敗。なお、竜には、暴力大砲の、ウッズが復帰しました。11-4。

ヤクルト-楽天。3点リードされ、ピンチの8回裏、楽天は、代打・吉岡のソロ、楽天唯一の好打者、磯部もソロで追い上げ、1点差と迫りましたが、石井に封じ込められ、楽天は勝利を逃しました。3-2。

横浜-オリックス。横浜は同点の5回、金城の適時打で2点を取り、勝ち越し。しかし、その裏、平野の適時打で1点を返し、6回に後藤のホームランで逆転。その後は投手リレーで逃げ切り。3-4。

ロッテ-広島。カモメ、コイの先発佐々岡を打ち込み、快勝。コイも終盤追い上げたが、及ばず。9-5。

そして、巨人-ソフトバンク。

「元祖・最強軍団 巨人と、革命最強球団 ソフトバンク」と銘打たれていたけど…。巨人、今最下位でっせ。こんな書き方許されるのかしら?
ま、それは置いといて。試合は、巨人先発・内海が6回につかまり、タカにリードを許す展開に。一方のタカの先発の斉藤は初回のローズの適時打の1点のみに押さえ、完投勝利。重量打線勝負は、投手と打線の質の高さで遥かに上を行くソフトバンクに軍配があがった。1-7。

なお、松坂が今日の阪神戦において、アニキ(金本)から三振を奪い、1000奪三振の記録を達成しました。

さて、今日は英語の暗記テスト。ダルダルで、しどろもどろに何とか発表をし、その後サークルのボックスへ。その後は、つまらない日本語文献精読の授業を眠い目をこすりつつ受けて、帰宅。BS1で阪神戦の中継を見ました。そんなとこ。

そんな感じかな。特に今日はヲタネタもないから、これで終わり。さようなら。

P.S.最近、休講が多くて嬉しいです。特に、1時間目の授業が休講だと、マンモスハッピー(死語)です。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-05-18 22:30

福原を救え!!

負けた。

レオの先発・帆足の前にほとんど手が出なかった。

今岡が無安打、赤星が盗塁死となれば、勝てないのも当たり前だ。

転機は最終回。直前の8回で、野口が中堅手の頭を超える二塁打を放ったときに、崩せそうな感じはあった。

先頭打者の関本が倒れた後、今日3タコのシーツ。

追い込まれた後の甘い球をバックスクリーン右へ。完封は逃れた。

そのあとのアニキが二塁打とチャンスを作った。やっとこさ帆足を引き摺り下ろした。

続いてマウンドにやってきたのはレオの守護神・豊田。今岡をショートゴロに討ち取り、迎えるのはシェーン砲。

初球を、ホームランを狙っているかのような大きな空振り。万事休すか!

しかし、シェーン砲は頭を切り替え、3球目のスライダーをセンター前へ!アニキが生還、1点差に詰め寄った!

そして、迎えるのは、野口に代わっての代打、桧山。今日の試合の会場、西京極球場のある京都府出身のご当地選手が打者席に立つと、嵐のような歓声が飛んだ。ホームランが出れば、サヨナラ!

しかし、最後は三振に終わった。結局、百獣の王対決は、ライオンに軍配が上がった。

とにかく、福原の藪病の回復が何より優先事項かと思われる。今日も結局2点しか取れなかったわけで、1勝6敗と、ダントツの負け数。何とかしないと、右のエースは精神的に辛いだろう。

明日は松坂の登板が有力視されている。簡単に打ち崩せるとは思えないが、勝たなければならない。最低2勝1敗のペースを保たないと。頑張れ、杉山・井川!

他の試合。

ロッテ-広島。コイが逆転した後、効果的な加点で再逆転。最後は小林雅が抑え、カモメが勝利。6-3。

中日-日本ハム。ハム先発の鎌倉が好投。吉崎-建山-横山とつなぎ、竜を完封し、見事な勝利。0-2。

ヤクルト-楽天。本拠地・フルキャストで、楽天が連敗を5で止めた。ヤクルトに同点とされた後の8回裏。代打・山崎の貴重な適時打で勝ち越し、それを守りきった。4-5。

横浜-オリックス。横浜が一発攻勢で勝利。種田の3ラン、内川のソロで点数を取ると、クルーンが最後を抑えた。4-1。

そして、噂の巨人-ソフトバンク。

巨人の先発は唯一神・上原。小久保が先制の適時打、ローズが押し出し四球で追加点と、巨人有利で試合が展開。

しかし、6回裏。ソフトバンクは、三冠王・松中の二塁打を口火にし、城島・カブレラが四球を選ぶと、宮地の意地の適時打が飛び出し、右翼手・矢野がボールを見失っている間に二者生還で同点。
その後、柴原の犠飛で勝ち越し、先発・杉内が8回まで踏ん張り、最後は守護神・三瀬が巨人の後続を断ち、逆転勝ちを収めた。2-3。

しかし、巨人。上原で負けるようじゃ後が無いぞ!!

今日は、1,2時間目の授業の後、K氏らと昼食を取り、生命と人間の授業を受けるべく教室へ。しかし、いつもは満員の教室がガラガラ。不思議に思いつつ席に着き、雑談をしていると、「休講らしい」との話が!

で、教室を後にし、K氏と渋谷に行きました。渋谷は久しぶりでした。

アニメイトに行こうと思ったんですがねぇ。見つからなくて、ただ道玄坂を往復しただけになりました。

その後、湘南新宿ラインで池袋へ。池袋も久しぶりでした。

アニメイトの本店やK-Booksなどを巡礼した後、ゲーマーズに寄って帰りました。いやぁ、疲れたね。遠いよ、駅から。サンシャインシティは。

と、そんな感じの一日でした。帰ってきて、GAORAチャンネルで阪神戦見て、これ書いてます。
それじゃ、この辺で。さようなら。

P.S.ブログ書いているときに半角ボタンと間違えてESCボタンを押しちゃって、文章をだめにしちゃうことがよくあります。まじめに、あれ、ヘコみますよ。今日もやっちまった…。つまり、この文章を書くの2回目なのよね。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-05-17 23:19

吼えろ!燃えろ!我らのタイガース!

さて、今日は交流戦・公式戦がありません。

いつもみたいに試合について語ることが出来ないので、今日は現在のセントラル・パシフィック両リーグの、戦績分析でもやってみようかと思います。

まずは、パシフィック・リーグ。

首位に立つのは、千葉ロッテマリーンズ。28勝13敗の、貯金15。打率は.292(両リーグ通して首位)、防御率は2.35(両リーグ通して首位)と、好調を維持しています。
しかし、ここにきて、ヤクルトに3タテを食らうなど、その勢いにかげりが見え始めている気がします。勢いだけでは、ペナントは勝てません。優勝を狙うには、ここが踏ん張りどころ。逃げ切れるのでしょうか。

ロッテを追うのは、福岡ソフトバンクホークス。28勝15敗1分けで、貯金13。打率は.270、防御率は2.97と、ロッテに負けず劣らずと好調です。
やはり、城島と言う絶対的な恋女房が投手陣を引っ張り、金満重量打線が、しっかり点数を取ると、歯車のかみ合った強さが光ります。セ・リーグ相手でも勢いが衰えることなく、ロッテを猛追、ゲーム差1と迫りつつあります。

そして、3位は昨年の王者、西武ライオンズ。21勝22敗の借金1。打率は.267で、防御率は4.69と、本来の西武の強さから見ると、やや不満な数値かもしれません。
しかし、交流戦に入ってからは好調。交流戦前、5位に沈んでいたチームとは思えません。若手の頑張りが光っています。
上昇を狙うには、ゲーム差7が厳しいですが、Aクラスの定住者の西武なら難なくひっくり返すやも、しれません。ただ、メンバーの若さが裏目に出ていることが、現在の借金生活を象徴している気がします。

4位は、北海道日本ハムファイターズ。20勝21敗の借金1。打率は.250で、防御率は4.35 と、開幕当初の勢いから行くと、イマイチって感じですかね。
やはり、小笠原の不調が響いている感が否めません。SHINJYOもたびたびケガなどで戦線を離脱したりと、手ごまがうまく使いきれていない感じがします。
しかし、西武とのゲーム差は0。十分上を狙えます。若手の投手陣が、なかなか好調なので、打線の奮起さえあれば、十分上昇できると思いますね。

5位は、オリックスバファローズ。17勝23敗1分けの借金6。打率は.268で、防御率は4.24 と、リーグ内ではソフトバンクの次に良い数値ながら、この位置です。
やはり、合併球団と言うハンデがあるのでしょうか。投打のかみ合いが、どうもうまく言ってない感じがします。それに、主力・谷の不振がかなり響いている気もします。しかしながら、北川やブランボーといった主力が目覚め始めているので、まだまだあきらめる必要はないです。(あきらめているわけはないと思いますが…)プレイオフに食い込むのも狙えると思います。

6位は、東北楽天ゴールデンイーグルス。8勝33敗で借金は25。打率は.230で、防御率は6.14。大方の予想通り、苦しいペナントになっています。
なにより、貧打・投壊と、かなり状況が厳しい中で、セ・リーグの強豪と戦わなければならないのは、かなり辛いとは思いますが、巨人といい勝負をしているので、巨人をカモにして、少しでも勝ちを伸ばしていくことが重要かと思われます。100敗はもはや戯言で済みそうにありません。しかし、新生球団ですから。1年目ですし。気を落とさずに頑張ってくださいって、感じです。

さて、続いてセントラル・リーグ。

首位を走るのは、昨季のセ王者、中日ドラゴンズ。22勝16敗の貯金6。打率は.270で、防御率は4.07。交流戦前は首位を快走していましたが、交流戦で急ブレーキ。なかなか勝てず、貯金もいつの間にか一桁に。防御率も4点台と、投手王国の中日らしくない感じです。
やはり、交流戦前の暴力大砲のウッズ暴行事件で、ウッズが出場停止になっているのが大きな原因かと。また、自慢のリリーフ陣が最近踏ん張れないのも、辛い現実です。岩瀬が救援失敗というのは、中日にとって大きな痛手でしょう。

さて、中日を追うのは、我らが阪神タイガース。 21勝17敗1分けで貯金4。打率は .280で、防御率は3.00。一時期連敗があり、厳しいときもありましたが、交流戦に入ってからの成績はなかなか好調。また、リーグトップの防御率が、救援陣の固さを証明しています。
強いて言うなれば、 もう少し投打がかみ合えば、とっくに首位を独走しているに違いないって感じですかね。先発陣の頑張りに、野手がバットで答えてあげれば、V奪回は確実のものになるでしょう。

3位は、ヤクルトスワローズ。19勝16敗の貯金3。打率は.249で、防御率は3.91。打率が、楽天の次に悪いのに、この位置。一時期は5位で這い蹲っていたのに、もうこんなところまで追い上げてきました。
古田が復帰してから7連勝。交流戦に入ってから勝利の連続で、一気に順位を挽回してくるところに、ヤクルトの強さが見えます。しかし、古田がいないと勝てないというのはいかがなものでしょう。

4位は、横浜ベイスターズ。 16勝17敗2分けで借金1。打率は.268で、防御率は4.04 。例年のベイスターズに比べ、善戦が続いています。
特に、首位打者争いに名乗りを上げている、金城・多村の活躍が大きいと思います。それと、救援陣も、佐々木がいなくても十分揃っている感じがします。まだまだ首位を狙うチャンスはあると思います。クルーンが、意外にあたりましたからね。

5位は、広島東洋カープ。16勝18敗2分けで借金2。打率は.283で防御率は4.81。打率は、セントラル首位。しかしながら、投手陣がちょっと不安定な感じで、この位置まで下がってきてしまいました。
一時期は首位争いも演じていたのですが、ここに来てやはり投手陣が踏ん張れずに、負けが先行。しかし、打線は巨人に負けず劣らずの重量打線と化しているので、投手の建て直し次第では、首位争いに十分加わってくるでしょう。

さて、6位は、読売ジャイアンツ。 16勝21敗1分けで借金は5。打率は.251で防御率は4.92。球界の金満盟主が笑わせる成績です。
打低投低の、ジャイアンツ史上もっとも弱い状態と言ってもいいでしょう。
とにかく、投壊がすごすぎる。防御率は、楽天についで悪い。先発が踏ん張れない、若しくは先発が良くても中継ぎが打たれる。勝てる投手はもはや上原のみ。自慢の金満打線も散発、勝ち試合での無駄打ちといいところなし。唯一首位なのは本塁打数のみ。このまま最下位を突っ走って、たまには屈辱に耐えるのもいいでしょう。

こんな感じですかね。正直、セ・リーグは読めません。全く。パ・リーグは1,2位はもう決まっているので、3位目指して3球団が取り合うって感じですね。明日からの交流戦も、目が離せません。

さて、今日一日の出来事。

今日は1時間目から授業だったんだけど、あらかじめ休講の連絡が来ていたので、12時ごろまで寝て、昼食を取ったあと、4時間目の憲法を受けました。

これで授業は終わりなので帰ってもいいのですが、今日は新宿に出て、タイガースショップに行きました。戦利品は、

d0041058_21112585.jpg


と、

d0041058_21114768.jpg


の2つ。上は、月刊タイガースで、下はRAKUWAネックの金本バージョン。合計で2710円也。

この間行ったときに、まだ月刊タイガースが入ってなかったので、今日ならと思っていったら、案の定。即購入。RAKUWAネックも、健康にいいらしいので、買いました。

で、帰宅して、親にパシらされた後、ブラックジャック見てって、そんな感じです。

明日は、朝から3時間ぶっ通しだ…。メンドイけど、頑張らねば。

と言うところで、今日は終わり。さようなら。

P.S.最近、らんま1/2に再びはまってしまいました。面白いよね、あれ。幼女は出ないけど。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-05-16 21:19

余裕の3タテ!!

3タテ。

まぁ、当初の予定通りに行きました。これで、貯金は4です。首位・中日との差は1になりました。

楽天の先発は、エース・岩隈。どうなるかと思いましたが、立ち上がりにアニキが先制の二塁打。これはイケる!そう思いました。

しかし、我らが先発の能見。打者一巡目は、パーフェクトに抑える見事なピッチングでしたが、二巡目に突如、崩れ、高須に四球を与えると、磯部に痛恨の逆転2ラン!!

そのあとも、飯田に追加点となる適時打を放たれ、2点差に開き、厳しくなりました。

その裏、能見の打順に、岡田監督は濱中を送りますが、失敗。結局無得点で終わってしまいました。

しかし、転機は六回裏。

関本が見逃し三振に倒れた後、シーツが岩隈の初球をレフト前に運び、アニキが二塁打でつなぎます。

そして、打点王・今岡。打球は吉岡のミットを抜け、走者一掃の同点適時打となりました。

そして、今日久々のスタメンの桧山。

岩隈が、悔やんだ真ん中低めのスライダーを見事に捕らえ、バックスクリーン右へ。勝ち越しの2ランホームラン!!

その後、パスボールから1点、赤星のラッキーな内野安打で1点を追加、一挙6点を取り、リードを取りました。

その後は、黄金の投手リレー。藤川が昨日から数えて6人連続三振で押さえ込み、ウィリアムスも難なく押さえ、最終回は久保田。

ちょっと課題が残る、1失点でしたが、まぁ逃げ切りに成功。弱いワシに3タテを食らわせました。

ヒーローはもちろん桧山。
「(お帰りなさい、と言われ)ただいま(笑)。」
「(どんな気持ちで打席に入ったのか?)前の今岡がね、同点にしたんで。僕も何とか続こうと思いました。」
「(次男の誕生にいいプレゼントになりましたね?)そうですね。いいプレゼントが出来ました。」

何はともあれ、3タテでいい波に乗ることが出来ました。このまま、竜飲して、一気にセ界制覇と行きましょう!!

他の試合。

横浜-日本ハム。ハムの最近湿っていた主砲の、小笠原・SHINJYOが目覚め、効果的な加点で、勝利。3-5。日本ハムは、交流戦初めての勝ち越し。

ヤクルト-ロッテ。カモメが沈み始めました。俊介、好投が実らず、カモメ4連敗。ヤクルトは、ラミレスの併殺の間の1点を死守して、7連勝。1-0。

広島-オリックス。史上稀に見る乱打戦。両軍あわせて42安打30得点。プロ野球記録第2位タイだそうです。オリックスは、9点リードされた5回、ブランボーの満塁本塁打を含めた8安打で猛追するも、及ばず。広島の連敗はストップ。16-14。

ソフトバンク-中日。初回、城島・カブレラの適時打で先制、2回に1点を追加。3回に1点差に詰め寄られるも、9回に城島の適時打で貴重な追加点を加えると、三瀬が完璧にシャットアウト。竜を3タテに下しました。4-2。

さぁ、巨人-西武。

おかわり中村が、先制の2ラン。その後、清水の適時打で詰め寄られるが、石井の適時打で1点を追加。先発のルーキー・涌井を盛り立てます。

ところが、涌井、疲れが出たか。ヒットと四球で、無死満塁。仁志に適時打を浴び、同点。涌井はここで降板。

その後、西武は和田の本塁打、おかわり中村の二発目で、勝ち越し。

しかし、その直後、森が粘れず、1点差に詰め寄られ、ローズが天井にぶつける飛球を打つと、ボールは三人の野手の真ん中に落ち、逆転を許してしまいました。

そして、最終回、三井が4点を巨人に与え、結局10-5、西武は連敗を喫しました。

さて、3カードが終わり、阪神が首位・中日に1ゲームに詰め寄り、ソフトバンクも首位・ロッテに1ゲームと迫りました。この後、交流戦はどのような展開になっていくのでしょうか。とても、楽しみです。

さて、今日は一日中家に引きこもっていたので、特に書くことがありません。
そういや、今日の行列、美幼女のオンパレードでしたね。特に、彩ちゃん役の子、最高に可愛かったです。
そういうわけで、今日はこの辺で。さようなら。

P.S.シェーン砲は大丈夫のようです。今日はベンチ入りしてました。今岡の1000本安打のマジックは4、甲子園で決まりそうですね。西京極で4本打ってしまえば話は別ですが…。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-05-15 23:08

3タテ目指して、まっしぐら!!

連勝。

しかし、弱い楽天相手ですから、手放しでは喜べません。とは言え、連勝は嬉しいものです。

下柳が高須に被弾したが、藤川-橋本-久保田の必勝リレーで、楽天打線を沈黙させました。

先制されても、すぐにシーツの同点打で追いつき、今岡の勝ち越し打であっさり逆転。

そして、赤星の犠牲フライで中押し、とどめは代打・濱中の2点適時打!!流石です。

なんか、今日、文章薄いでしょ。なぜかといえば、この文章書くの3度目なんですよ。一度目は、ワイヤレス機器の異常で文章が消え、二度目は操作ミスで、文章が消え、もうダルダルなんです。

他の試合。

横浜-日本ハム。江尻の根性の完投完封の投球で、連敗を止めました。0-1。

ヤクルト-ロッテ。あれぇ?カモメ、どうしちゃったんでしょう?ヤクルトの打線爆発で、ロッテ3連敗。11-3。

ソフトバンク-中日。竜、意地でなんとか勝ちましたね。井端が殊勲のサヨナラ打。2-3。

広島-オリックス。同点に追いつかれたた8回、阿部の殊勲の犠牲フライで、勝ち越し。4-5。

さぁ、巨人-西武。
見ましたよ。生中継で。リレーナイターまで見ちゃいました。

小久保の満塁本塁打で勝ち越しはいいんですが、死球合戦で、警告試合はいただけません。もっと、紳士的に試合しましょうよ。特に、清原とか言うヤクザ。乱闘というと目の色変えてくるんだもん。さっさと引退しろ!!9-5。

さて、今日、ちょっと嫌なことがありました。

バンド決めの帰り、快速の橋本行きに乗っていたのですがすが、小学生くらいの娘二人を連れた、母親とその友達(?)かな?よく関係はわからなかったのですが、大人の女性2人と、子供2人と、こんな組み合わせだったのです。

その人たちは、新宿から乗っていたようで、千歳烏山で乗客がかなり降りたところで、席に着いたのです。

そして、つつじヶ丘を出発するころ、大きな声が聞こえてきました。先ほどの母親が、娘の隣に座っていたオヤジに食って掛かっていたのです。

どうも、話を聞いていると、そのオヤジが、娘さんを殴った(と言っても、ゲンコツを食らわすとかじゃないようですが。)らしいのです。

「うちの娘が何したって言うんですか?騒いでいませんでしたよね?」
「うるせぇ、お前ら母親がそんな教育をするから、子供が変になるんだ!」

まぁ、このクソオヤジ、自分が悪いのを棚に上げ、その母親の教育について責めはじめるじゃないですか。

「うちの教育方針にはそれなりの事情があるんです!」
「事情が何だ!教育ってのは、そんなこととは関係ないんだ!」

意味不明。支離滅裂な理屈で、母親たちを攻め立てます。自分が悪いことをわかっているのに、開き直って、説教かましだしたのです。

車内中の人が、オヤジに冷たい視線を浴びせましたが、ぜんぜん効きませんでした。

自分の非を認められないような人間が、人の教育について口を出す資格があるのでしょうか?しかも、子供の教育というものは、母親の仕事。その仕事を、車中でどうどうと詰るってことは、立派な侮辱罪。私は、あまりにも頭に来たので、一言言ってやろうと思ったのですが、電車が調布についてしまい、それはなりませんでした。

しかし、腐った大人っているもんですね。ここまで腹が立ったのは久しぶりでした。あのオヤジと、あの奥さん、どうなったんだろう。

って感じで、今日はおしまい。さようなら。

P.S.あのオヤジの、「お前らの教育が悪いから、今の子供が変になるんだ。」この発言は、本当に頭にきますね。親は、一生懸命教育に努力しているわけですから。マジで、ハラたったわ。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-05-14 23:43

猛虎、完全復活!!

久しぶりの大勝。9-1。

まぁ、相手が楽天ですから、手放しで喜べるわけじゃないですが、やはり、大勝は嬉しいものです。

今日は、クリーンアップが全打点を稼ぎました。シーツ2打点、アニキ2打点、今岡5打点。理想的な、点数の取り方と言えるでしょう。

特に、最近あたりが全く無かったシーツが、先制打・同点打をたたき出したものですから、嬉しい限りです。

赤星も、4度出塁して4得点。すなわち、出塁すれば、全部生還しているってことですな。昨日までの課題の「つながり」が、見事でした。

とどめの今岡の3ランホームランも、レフトポール直撃と、迫力の一発で、文句なしでした。

先発の安藤。福原と同様に、藪病患者でしたが、今日は勝ち星がつきました。6回107球、1失点と、好成績。後続の藤川・ジェフ・江草のリレーも完璧に決まり、最高の投手リレーだったと思います。

ただ、心配なことが二つ。シェーン砲と矢野です。

シェーン砲が、今日ひじに死球を受け、病院送りになってしまったことが、とにかく心配です。
もし、シェーン砲が使えなくなると、今、阪神の登録外野手は、アニキ、桧山、濱中、シェーン砲、町田、赤星の6人。それと、内野手登録の上坂も外野を守れますが、明らかな手ごま不足になります。

アニキ、赤星は、左翼・中堅で使い、桧山はケガで守備がダメ、濱中も打てるけど、守備をすることは出来ない、と考えると、町田か上坂のどちらかに回ってくることになります。

しかし、町田は代打に残しておきたいし、上坂には長打力がない…。

すると、阪神の取る策は3つあります。

①関本に右翼を任せる。
②シェーン砲を抹消して、林か桜井を持ってくる。
③上坂か町田に任す。

個人的には②がいいと思います。林は火を吹くスイングで、一軍でもヒットを打ったことがありますし、桜井は、オープン戦で特大の本塁打を打っています。ただ、守備面を考えると、林のほうがいいんじゃないかと思います。

①の策は、オフから、亀山氏が何度も口にしていました。彼が、外野も守れることになれば、関本自身も、出場機会が増えて、チームの戦力ダウンも防げる、と、こちらもなかなか優良な策ではあります。しかし、関本の外野守備は、かなり不安が伴います。

とにかく、シェーン砲の無事を祈るのみです。

さて、矢野も心配です。今日は、先発陣のほとんどが安打の中、彼だけ、快音がありませんでした。

解説の広澤氏いわく、「かなり重症」だそうです。

矢野は、ヒットに関しては、波のある選手ですが、今日はとことんダメでした。ここ最近もそうでしたので、心配です。頑張れ、矢野!!

明日の先発は下柳(予想)。まぁ、投手の心配はほとんどないですから、打撃陣の今日の好調ぶりを維持していってもらいたいです。

他の試合。

ソフトバンク-中日。はっはっは(笑)。笑っちゃダメですよね。でも、あのドラゴンズが4連敗!しかも、岩瀬がノックアウト!痛快痛快。ソフトバンクの粘りもすごい。5-2。

横浜-日本ハム。あたかも巨人のような本塁打打線になりつつある、横浜。しかも、投手がマシな分、巨人よりも遥かに強い!大勝です。日本ハムはこれで5連敗。13-1。

広島-オリックス。後藤光尊のサヨナラ弾で、辛くもオリックス勝利。2-3。

ヤクルト-ロッテ。ヤクルトの投手リレーと古田のリードが冴え、カモメを完封。カモメは昨日に続き、完封負け。1-0。

さぁ、巨人-西武。

惜しい!!西口!!あとちょっとでノーヒットノーランだったのに!!清水が憎たらしいくらい、当たりますな、巨人は。しかし、巨人の安打は結局、清水のこの一発だけ。笑える。

本当に、悪太郎も最初から清水にしとけば、こんな順位に甘んじることは無かったのにねぇ。決断遅かったな。ま、巨人ファン以外としては、いいことなんだけど。1-6。

このまま、明日、あさってと連勝して、西武戦に臨みたいですな。ソフトバンクもその後ろで待ち構えていますから。頑張れ、タイガース!

さて、野球はこのくらいにして、昨日のあの監禁事件の話の続き。

今日の新聞によると、押収されたアダルトゲームソフト(調教ゲーム)は千点を超えるそうな。ますます、エロゲーたちの立場が悪くなる!!本当に、現実と妄想の区別つけろ!!それから、理性を保て!!って、感じです。

今日は、4時間目の刑法総論を受けて、つまんない5時間目の法律リテラシーを受け、6時間目の現代法入門で睡眠をとって、帰りました。流石に90分×3コマのぶっ通しは辛いです。急いで帰って、BS1の野球中継を見ました。

しかし、明大マートの上の本屋で、「月刊 ジャイアンツ」置くのやめてもらえないかな?ジャイアンツだけじゃなく、他の球団の雑誌も置けよ、それなら。と言うより、今、明治大学内にジャイアンツファンがそんなにいるとは思えないんですけど?何のために置いているのか意味がわかりません。他の球団のファンや、野球に興味のない人に対して、ちょっと失礼な感じすらします。

さて、今日で長い長い一週間がやっと終わりました。あ、明日授業とかある人はまだですね(笑)。とにかく、週末は、羽を伸ばしたいです。ドラえもん見なきゃ、今日録ったヤツ。

と、言うわけで、今日はこの辺で。さようなら!!

P.S.交流戦の阪神の主催試合は、ユニフォームがなつかしの80年代のヤツになってます。岡田監督、平田ヘッドは良く似合ってました。あと、今岡がホームラン打った瞬間は、真弓さんと見間違えそうでした。(同じ背番号7だからね。)それと、シーツ、妙に似合ってました。80年代のダメな外国人っぽい(笑)。しかし、シーツは今日大活躍でヒーローだったけど。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-05-13 22:56

緊急会議!!少女監禁事件!!

さて、いつもなら、タイガースや野球の話から書くのですが、今日はそうも行きません。

また、欲望に負けたヲタが、やってしまいました。今度は、調教ゲームの真似をしたかったそうな。と、言うわけで、今日は野球については、後半で話します。

全く、何を考えているのだろう。事件のあらましを、各メディアで収集し、まとめてみた。

①少女は、18歳だった当時から、約3ヶ月に渡って犯人の自宅や、ホテルで監禁された。
②少女は、ネットで知り合った小林(犯人)に、「家に加藤先生ヤクザを送る」などと脅され、上京し、監禁生活に。また、小林は、ネット上では女性と偽っていた。
③少女は、監禁中は、首輪(中型犬用)に鎖をつけられ、行動の自由を奪われていた。
④小林は、少女に「ご主人様」と呼ぶことを強要、命令に逆らった場合は、「お仕置き」と称し、竹刀で殴る、煙草の火を押し付けるなどの、暴行を働いた。
⑤小林は、④の暴行のみならず、性的暴行も加えていた。
⑥少女は、小林が電話をしている隙に逃走、近所の弁当屋に助けを求めた。
⑦小林は、同様の事件で、保護観察付の執行猶予中であった。
⑧小林の実家は裕福。中学生時代のあだ名は「王子」。ナルシストで、自己中心的だった。
⑨小林の自宅の家宅捜査の結果、調教ものの、パソコンゲームが数点、押収された。

と、こんな感じです。私の情報収集能力など、たかが知れてますから、こんなものです。
それは、さておき、今回の事件。またまた、オタク・バッシングのネタにされそうです。特に、⑨に注目してください。

調教もののゲーム(以下、調教系)とは、要は、女性に性的、若しくは物理的な暴行を加えることを目的とした、アダルトゲームのことです。

このジャンルも、比較的人気が高いと聞いています。また、ゲームの内容も、ソフトなものからハードなものまでさまざまです。

…と、言いたいところですが、この、調教系のゲーム、確かにソフトなものもありますが、基本的に鬼畜系のハードなものが多いです。

たとえば、某サークルの同人ゲーム「雌豚調教」では、鞭打ち・ローター責め・洗濯ばさみ・水責めに始まり、浣腸・スタンガン・焼きゴテ・電流など、かなり残虐な道具も登場します。
また、被虐の対象となる女性も、基本的には高校生以上くらいが多いのですが、最近は、小学生や幼稚園児を拷問にかけるゲームも存在しています。

別に、これらのゲームを否定しようってわけじゃないです。実際、自分も嫌いじゃありません。しかし、これらのゲームに類似した犯行だったことを問題にしたいのです。

特に、少女に首輪をはめていた点。調教系の基本は首輪+鎖。まさに、一致しています。
また、「ご主人様」と呼ばせていたところや、反抗すると暴行する、など調教系のゲーム内容そのままです。

このまま行けば、間違いなく、こういった調教系や陵辱系、もしくは、エロゲー全般が規制の対象になるでしょう。

なぜ、調教ゲームやエロゲーが存在するのか?それは、現実世界でやると、犯罪行為になってしまうことを、バーチャル空間で行い、妄想世界で欲求を処理する、そのために作られているのです。すなわち、「犯罪行為」を抑止するためのゲームなんです。エロゲーは。

しかし、最近の性犯罪者たちはどうでしょう?それらに影響を受け、犯罪を犯します。それによって、世間から、「エロゲー=性犯罪の元凶」という方程式で見られてしまっているのです。明らかに、本末転倒。エロゲーの本質を世間は理解してくれていません。

これらのゲームのオープニングでは必ず「二次元と三次元の区別のつかない人」や、「理性が弱い人」は、プレイしないでくれ、と警告しています。
しかし、そんなことはお構いなしに、自分の欲望のためにゲームをやり、そして、犯罪に手を染めていく輩がいる。はっきり言って、迷惑です。

理性ある人を「オタク」と呼ぶのです。いかに、危ない妄想をしても、決して犯罪行為には手を染めない、こういう人を「オタク」と言うのです。欲望に耐え切れない人々は「オタク」ではなく、単なる「犯罪者」にすぎません。マスコミも、この辺を理解した上で取材をしてほしいものです。

妄想と現実の区別のつかない人は、今すぐエロゲーから離れてほしいです。理性を制御できない、一部の人のために、われわれ大多数のオタクが、エロゲーや調教ゲームの恩恵に預かれなくなってしまうのです。

と、勢いで書いてしまいました。是非、みなさんのご意見をお聞かせください。

さて、野球の話。

今日は、エースがやってくれました!

虎のエース、井川慶がついに目覚めた。好調3割カモメ打線を完投零封!!見事なピッチングでした。

4番、アニキにも一発が飛び出して、先制。最高の形でゲームが始まったのですが…。

岡田監督は、今日は、打線を組み替えました。
1(中) 赤星
2(一) シーツ
3(指) 濱中
4(左) 金本
5(三) 今岡
6(二) 関本
7(右) スペンサー
8(捕) 野口
9(遊) 鳥谷

昨日の私の、濱中打順昇格説を岡田監督は採用してくれました。しかし…。

あいかわらず、つながらない!アニキの一発の後は、ヒットが出て、チャンスになっても走者を帰せない。

が、濱中は3打数1安打1四球と、まずまず。やはり、3番打者が似合いますな、彼は。
相変わらず、シーツがブレーキになっている感があります。いっそのこと、鳥谷を2番に起用し、シーツは7番でもいいかと思います。

とりあえず、1勝2敗で乗り切り、これから甲子園で楽天戦。ここは、最低3タテで行ってもらいたいです。

まぁ、今日勝って、とりあえず貯金も出来たし、鳥谷猛打賞と、そこそこ収穫があったので、これから先の交流戦も楽しみです。

さて、他の試合。

中日-西武。遂に竜は3タテを食らいました。セ・リーグ首位を快走していましたが、パ・リーグとの試合ではちっとも勝てません。3-4。

横浜-楽天。雨天中止です。

日本ハム-ヤクルト。復帰した古田の好リードが冴え、完封リレーで勝利。0-3。

広島-ソフトバンク。結局、決着がつかず。先制されたソフトバンクが、城島の10号弾で追いつくと、その後は投手戦。1-1と痛み分け。

オリックス-巨人。巨人、今日は勝ちました。工藤が3勝目。ここまで、4勝1敗1分けと、一見好調そうに見える、巨人。でも、相手が、パ・リーグの最下位と5位ですから。西武やロッテ、ソフトバンクにボコボコにされてしまうに違いありません。今のうちに勝利の味を楽しんでおきなさい!!3-6。

さて、2カードが終了。(横浜-楽天以外)巨人の勝率の高さと中日の勝率の低さが目立つ意外は、五分五分って感じです。これから、どんな風にペナントが展開されていくか、とても楽しみです。

それじゃ、今日はこの辺で。さようなら。

P.S.くれぐれも、妄想と現実の区別はつけてください。自分自身にも言い聞かせてます(笑)。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-05-12 22:44

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE