<   2005年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

 

敵ながら天晴、杉内…。

完敗。

タカの先発は、パ・リーグの最優秀防御率投手の杉内。今日は、敵ながら天晴な投球で完敗だった。

まず、赤星が完全に封じられてしまった。赤星が出ないことには、勝負はつらい。関本も疲れが出ているのか、今日も当たりが出ず。

肝心のアニキ・今岡も要所で抑えられ、点が取れなかった。これじゃ、負けるのも無理ない。

しかし、我らが先発・杉山も、決して悪くはなかった。6回まで無失点。ヒットもほとんど許さなかった。

ところが、7回。松中に四球を与えたことから少しリズムを崩した。続く城島は抑えたものの、ズレータに痛い先制2ランを放たれてしまった。

打線は上記の通りで援護など到底ムリ。カモメ戦以来の零封を食らってしまった。

しかし、今日復帰してきたルーキーの橋本がとてもいいピッチングをしたので、そこに期待したい。

残念ながら、交流戦の甲子園不敗神話は崩れてしまった。しかし、まだ1敗。ここからが勝負だ、頑張れ!

他の試合。

楽天-横浜。ワシは、鷹野の2ランで先制したものの、ハマは3回に小池にソロが出て1点差。4回には化け物多村が、今月11本目となる、16号同点ソロアーチ。その後、相川に適時打が出て勝ち越し。結局、ハマがこつこつと点数を重ね、勝利。2-6。

西武-中日。松坂は5回、3連続四球でピンチを広げ、荒木に適時打を浴び、先制される。そして、井端は討ち取るも、立浪に痛恨の押し出しとなる4つ目の四球を与えてしまう。
一方のレオ打線は今日は当たりが出ず、カブレラの犠飛による1点どまり。レオ・松坂は早くも6敗目。1-2。

広島-ロッテ。コイは、今日4番に座った嶋の適時打で先制。しかしその裏、カモメのフランコが同点となる適時打で、この後はにらみ合い。
しかし、8回。前田にホームランが出ると、倉のスクイズでさらにもう1点。さらに森笠が適時打を放ち、3点を取りカモメを突き放した。カモメは投打がかみ合わず、1点どまり。4-1。

ヤクルト-オリックス。猛牛は初回、ブランボーの犠飛で先制。しかし、2回表。先発・ケビンの野選で同点になり、3回にツバメの岩村に犠飛が飛び出し勝ち越し。。4回には城石の適時内野安打で追加点を取り、ツバメ優勢でゲームは進んだ。猛牛の反撃は、7回の谷の適時打の1点にとどまった。3-1。

巨人-日本ハム。

日本ハムは試合前、SHINJYOのパフォーマンスを披露した。特注のマスクを被ったSHINJYOが登場。大きな顔の口の中にさらに顔が…。合計5個の顔がついた、その名も「5人のSHINJYO」。試合前に一言、「巨人を食う」。

巨人の先発は、唯一無二の使える投手でエースの上原。
しかし、立ち上がりに不振の小笠原にフォークをうまく拾われ、先制の本塁打を浴びる。その後、SHINJYOにも適時打を浴び、初回2失点。

しかし、ハム先発の鎌倉は、3回に江藤の犠飛などで2点を失い、同点とされ、4回には2連続で四球を与えた後、小久保に押し出し四球を与え、逆転を許し、早々に降板。

が、その裏、稲葉の適時打で同点。6回に巨人・ローズが適時打を放つものの、その裏にすぐにセギノールがソロアーチを放ち、同点に。このまま試合は延長にもつれ込んだ。

両者の見せ場はお互いに10回。巨人はローズが死球、小久保は四球を選び、高橋由も四球で二死満塁とすると、満塁に強い江藤。
しかし、期待虚しく三振。

ハムは代打・田中幸雄が安打で出塁すると、すかさず代走・奈良原を送る。森本が犠打を決め、一死二塁。巨人バッテリーは小笠原を敬遠し、木元勝負に出た。
しかし、ここでハムが予想にもしなかったことやってのけた。なんとここで重盗を試みた。しかも成功!一気に流れがハムに傾き、巨人バッテリーは木元も敬遠した。

ここで、巨人はシコースキーを送り、セギノールを迎えた。

平行カウントからの6球目。チェンジアップにつまり、ホームゲッツー。サヨナラを逃した。
この後両軍とも得点が取れず、引き分けに終わった。4-4。

いよいよ交流戦も後半戦。ここで貯金を増やして、一気にセ界制覇じゃ!頑張れ!

今日も1限から。そういえば、この間の世界仰天ニュースの「本物は誰だ?」に、「特級料理人」の偽者として、1限の中国語の魯先生が出てたなぁ。中居とかをうまく騙してました。
で、特に普段と変わりなく1限が終わり、は2限が体育なので体育館に移動。卓球を終始やって、つまんない3限の生命と人間を受けて、ボックスで楽器をいじる、と普段どおりの一日でした。そろそろスタジオに入って練習を始めないと…。頑張るぞ。

って感じです。それじゃ、さようなら。

P.S.明日は、つまんない日本語文献精読の授業が休み♪嬉しいなっと。ボックスに入り浸ってようっと♪
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-05-31 23:40

久しぶりの‘快勝’!!

快勝。

先発の下柳が6回を無失点に抑え、藤川・ジェフ・久保田の必勝リレーも今日は完璧に決まった。心地よい完封勝利だった。

3回の、先制点の取り方も良かった。リードオフマン・赤星が三塁打で出塁、それを2番の藤本が犠飛でしっかり帰す、と効率の良い点の取り方。4回にもアニキが二塁打で作ったチャンスを桧山がモノにし、追加点。

とどめはアニキ。左翼へ2点二塁打を放ちダメ押し。楽天を完璧に黙らせた。

こんな勝ち方が出来るのが、本来のタイガースの姿だと思う。今日は、理想を絵に書いたような勝ち方だった。

下柳はこれで無傷の6連勝。ハーラートップタイとした。

アニキは遂に首位打者に君臨した。

この波に乗っていければ、独走態勢に入れる日も遠くないだろう。問題は、能見。彼が中継ぎでやるのか、それとも先発に戻すのか。これが重要になってくる。能見の投球が、今後の阪神の勝利の鍵を握っているといっていい。

これで、楽天との対戦は終了。5勝1敗と大きく勝ち越した。まあ、本音を言えば6勝負けなしがよかったが、まぁ、悪くない結果だと思う。

問題は、この後の福岡ソフトバンク。どこぞの巨人とは比べ物にならない強力打線を持ち、球界最高捕手・城島を抱える若鷹軍団に、勝ち越せるか。ここで勝ち越して、唯一負け越してしまった千葉ロッテ戦に望みたい。打倒若鷹!!

今日は月曜日なので、他の試合はありませんでした。

今日は、朝から中国語の授業。今日はひたすら文法っぽいことをやったので、恒例の面接方式の短答小テストがありませんでした♪
いったん帰宅した後、4限の憲法を受けに大学へ。雨が強いのでギターを持っていくことはあきらめ、勉強道具だけを持って大学に向かいました。
行ったはいいけれど、途中から寝てしまって、授業をほとんど聞いていなかった…。ヤバいかも。現代法入門と、この憲法は、真面目に受けた記憶がない…。今更あせり始めてきた…。

4限が終わった後はボックスで楽器をいじって帰りました。あいかわらず、これと言ったことがないごく平凡な一日でした。

ってな感じです。それじゃ、このへんで。さようなら。

P.S.今岡選手の打点のペースが、日程終了時には、150点を超える計算になるそうです。ホントに恐ろしい打者に成長しました、今岡選手は。今日は敬遠までされてましたし。彼とアニキの活躍が、タイガースの勝利につながるのです。頑張れ!
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-05-30 22:52

勝ちこそしたが…。

とりあえずは、勝利。しかし、いまいち嬉しくない。

理由は、救援ピッチャーの不甲斐なさだ。

今日の先発はブラウン。5回を投げて2失点と、まずまずの好投。続く江草も、2回を無失点ときっちり役目を果たす。しかし、その後が良くない。

それは、新人左腕・能見だ。

先日の日本ハム戦で完投勝利をしたときの面影はどこにもない。ここ最近の登板は不甲斐なさ過ぎる。

今日も今日だ。なんとアウトをひとつも取れずに3失点・2ホーマーを浴び降板。この異常事態に、温存しておきたかった藤川を出さざるを得なくなった。

昨日も少し触れたが、昨日から地獄の9連戦が始まっている。長丁場でどこにもっとも負担がかかるかといえば、中継ぎピッチャーだ。特に、接戦の勝ちゲームでは投げざるを得ない、リリーフエースの藤川への負担を減らす必要がある。

今日などは、7回の時点では7-2と5点もリードしていた。藤川は全く必要ない。それなのに、能見が試合を壊しかけてしまい、藤川を使わざるを得なくなってしまったのは、今後の試合に少なからず影響が出てしまう。加えて、能見を救援で使うと言う選択肢を選びづらくなってしまった。

藤川は流石のピッチングで、能見の尻拭いをし、打者4人で片付けた。

しかし、その後がこれまた問題だ。守護神(?)の久保田だ。

いつも不安定でハラハラさせるが、今日もハラハラさせてくれる。

4点リードで、先頭打者の高須にヒットを許し、結局1点を失う。これじゃ、守護神として失格だ。点差に関わらず、投げたイニングをゼロに抑えるのが守護神の役目。こんなに打たれる守護神じゃ阪神は不安でしょうがない。

たとえば、中日の岩瀬やヤクルトの石井、ソフトバンクの三瀬といった絶対的な守護神が阪神には不在だ。イマイチ波に乗っていけない、ペナントを独走できないのは、ここに大きな原因があると言ってもいいと思う。

それでは打線について。

打線は、今日の様子から行けば、あまり心配はないと思うが、気がかりなのが、リードオフマンの赤星。最近打率が低下している。

一時期は.350を超えるアベレージを残していたのだが、ここに来てだいぶ失速している。今日の試合なども6打数の1安打。打率も.335とだいぶ落ちてきている。赤星の出塁が、阪神の勝利に結びついていることは言うまでもない。頑張ってくれ、赤星!!

そのかわり、アニキ・金本が絶好調。今日も3打数3安打1ホーマー2四球と、最高の成績を残している。打率も.346と、遂に赤星を抜いた。打点も今岡と4点差と末恐ろしい4番打者だ。アニキにはずっと好調を維持してもらって、出来るなら三冠王を狙ってもらいたい。本当に出来そうなのが恐ろしいが…。

結局今日は、9-6と、最終的には勝利と言う結果で終わった。明日も絶対に勝ってください。

他の試合。

ヤクルト-日本ハム。ツバメは序盤、ラミレスの3ラン、宮出の2ランなどで7点を取り、主導権を握った。しかしハムも5回、金子の適時打で2点を返すと、6回には木元の適時打、セギノールの2ランで3点を取り、追い上げ体制に入った。
しかし、その後は、ヤクルトの投手リレーの前に打ちあぐね、連敗。7-5。

広島-西武。レオの先発は18歳ルーキーの涌井。今日は7回まで1安打で、二塁を踏ませないほぼパーフェクトなピッチングを見せ、初勝利の権利を持ったままマウンドを降りた。
しかし、あとを受け継いだ森が送りバントの処理でエラー。代打の野村に適時打を浴び、同点にされ、涌井の勝ち星を消してしまった。
しかし、レオは延長10回裏、一死一、二塁から栗山がコイの横山のフォークをセンター前に運び、サヨナラ勝ち。1-2。

横浜-ロッテ。東京湾岸対決は、カモメが制した。初回、捕手の里崎がプロ入り初の満塁ホームランで一挙に4点を先制。2回には西岡、3回にはイ・スンヨプにそれぞれソロアーチが飛び出し、6点の大量点差をつける。
大量点差といえば、この人。先発はもちろん俊介。緩急をうまく使うピッチングで8回まで投げて被安打5の失点3と言う成績で8勝目。
なお、試合終了後、マリンスタジアム正面玄関にて、ヒーローの里崎捕手・渡辺投手によるライブが行われた。二人は球団応援歌を熱唱。歌詞カード見ながらって言うのが笑えました。3-6。

中日-ソフトバンク。竜は、ウッズの適時打で先制をするものの、タカの4番・松中に20号3ランを食らい、追いかける立場に。
しかし、6回。代打・高橋光信のショートゴロで1点を返し、7回にもウッズの適時打で同点に追いつき、その後は投手戦になり延長戦へ。
10回表、代打の大西がセンター前に適時打を運び、勝ち越すと、その裏を岩瀬が抑えきり、交流戦初の勝ち越しを決めた。4-3。

巨人-オリックス。無謀にも連敗脱出を図る巨人の先発は、ケツ出しこと高橋尚。初回、小久保の3ランで先制点をもらいながらも、その小久保のエラーに近いプレーが絡み(記録は内野安打)1点を失う。
2回にも日高に犠牲フライを放たれ、1点差に。そして7回にはマウンドにシコースキーが上がった。鋭いフィールディングで、送りバントを阻止するも、牽制悪送球で、走者を二塁に進め、前の自分の好プレーを自ら帳消しにしてしまった。挙句の果てに、後藤に適時打を打たれ、同点に。
両軍とも、2回以降は点が取れず、結局7回の後藤の適時打以降はどちらも決め手に欠き、結局引き分け。
巨人にとったら、勝てるゲームだった。しかし、高橋尚がまずまずのピッチングをしても、シコースキーがポカをやって同点に。
打線も打線だ。今日復活してきたウナギイヌ阿部は5タコ。そのうち三振二つに、併殺打2つと、打線の大ブレーキに。
それ以上に酷かったのは清原。5打席立って、4三振。しかも残りの1打席は死球。打率.212と、6番に置いておくのもおこがましい酷い成績。さっさと引退しろ!

ただ、巨人にとって唯一良かったことは、引き分けですんだこと。スーパーヘボ木佐貫が12回をなんとか抑えたのと併せて、この試合の数少ない良かったところだろう。3-3。

これで6カードが終了。やっぱり、ロッテの強さが光ります。阪神もカモメに負けないように奮起してほしいです。

さて、今日は、遅く起きて、昼飯食って、パソコンで野球のチェックをして録画しておいたドラえもん見て巨人戦中継を見て、ブログを書く。と言うヒッキー見たいな一日でした。明日も1限からだよ…。ダル!ってな感じです。それじゃ、今日はこの辺で。さようなら。

P.S.今日見たドラえもんですが、「のび太の地底国」というサブタイトルでした。内容はと言うと、のび太が答案を隠すための穴を「どこでもホール」を使って探していたら、すごくでっかい穴につながって、じゃあ、いっそのこと国でも作るか、ってノリで道具を駆使して国を作るんですな。
ところが、この国でもジャイアンがわがままし放題で、困り果て、ドラえもんがのび太に「署長バッジとロボ警官」を与え、警察権を与えるんですな。
そうしたら、のび太は調子に乗って、独裁政治を行い、みんなの反感を買い、最後にはクーデターに遭い、国自体も地震の影響で壊れてしまう。と、いうすごく世俗皮肉っぽい話でした。
しかし、のび太のような気の弱い少年でも、警察権のような強い権力を持つと、独裁に走ってしまうと言う、人間の根の恐ろしさを描いたすごい話だと思います。特にのび太の名言、
「さあ、みんな!のび太国バンザイと叫ぼう!」
「さあ、国のためにどんどん働こう!働けばそれだけ君たちも豊かになれるんだ。さて、昼寝でもしてこよう。」
にも、顕著に現れています。結構シュールな話で、ヒトラーがなぜ滅んでしまったか、と言うのが良くわかります。
子供向けアニメらしく、最後にちゃんとオチもついています。
クーデターに遭ったのび太は、穴を掘って隠れようとします。(ちょっとバカみたいですが。)すると、紙切れが出てきました。それは、最初にこの穴に来たときに埋めた答案で、逃げるときもこの答案を掴んだまま逃げてしまい、結局ママに見つかってしまう、というものです。ドラえもんの、
「結局見つかった。二日間の無駄骨だったか…。」
は笑えます。
しかし、ドラえもんって、よくできた話ですよ。皮肉をこめながら、笑いもとれるんですから。藤子F先生は偉大ですよ。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-05-29 23:31

いまいち波に乗れない、猛虎…。

敗北。

競り負けた。それもプロ野球史上最弱の楽天に。

今日の先発は、安藤。前回のソフトバンク戦での大量失点の悔しさをバネに、奮起してくれることを願っていたのですが。立ち上がりに、失点をする、痛い展開となった。

吉岡に初回に適時打で先制された。2回にも高須に適時打を浴び、追加点を許してしまった。

正直、楽天相手なら、2点差など簡単にひっくり返せると、信じていた。

ところが、今日は先発の金田にやられた。ヒットをほとんど許してもらえなかった。

唯一の見せ場だったのは、7回。一死一、二塁から打点王・今岡が今シーズン50打点目をとり、1点差に詰め寄った。

そして、シェーン砲が四球を選び、満塁。そして、今日指名打者で先発の濱中。

しかし、チャンスに強い濱中も、今日は力んでしまい、三振。矢野も粘ったが、カーブにやられた。

結局、楽天の投手リレーの前に4安打1得点と、セ・リーグ首位のチームとしては、かなりみっともない結果になってしまった。

楽天戦で貯金を3増やして、カモメ戦・タカ戦に挑みたかった。しかし、負けてしまったものは仕方がない。この後は確実に連勝し、タカ戦・カモメ戦に挑みたい。特に、カモメ戦。千葉では負け越したが、今度は甲子園。簡単には負けません。頑張れ!!

他の試合に行きましょうか。

ヤクルト-日本ハム。ツバメの猛打が爆発しました。しかし、古田が復帰すると強いな、ツバメ。19安打3ホーマーで大勝。阪神が負けたので、ゲーム差1に迫ってきました。13-5。

横浜-ロッテ。同点で迎えた9回表。ロッテの救援投手・藪田が村田・石井の連続アーチを浴び、4失点。リードを許してしまい、その裏に1点は返したものの追いつかず、敗北。連勝は止まってしまいました。6-3。

広島-西武。西武は初回、フェルナンデスの適時打で2点を先制。5回に追いつかれるも、その裏、すぐに和田の適時二塁打で勝ち越し。しかし、9回2死から、レオの守護神・豊田が、嶋に適時打を浴び、同点に追いつかれてしまった。
延長10回、捕手・細川のサヨナラ適時打でレオがなんとか勝利。3-4。

中日-ソフトバンク。昨日、継投がうまく決まらず、負けてしまった鬱憤を晴らすかのような猛攻を、タカが魅せた。18安打12得点で大勝。竜の先発・山井は9失点と首脳陣を絶望させるような投球で3敗目。2-12。

巨人-オリックス。今日からスーパーヘボこと木佐貫が復活した巨人。しかし、試合自体は野間口が4回4失点と辛い登板。復活早々、木佐貫は8回裏に登板。ブランボー・後藤・北川に3連打を浴び、日高に押し出しの四球を与えるなど、ヘボらしい散々な結果。猛牛は、効果的な加点で連勝。巨人は完封され今季2度目の5連敗。0-5。

昨日の楽天-阪神戦が中止になったことにより、阪神は今日から9連戦と、地獄の日程がスタートします。なんとか楽天にはこのあとの2試合は勝ってほしい。頑張れ!!

今日は、17時からサークルの1年生だけの飲み会に行きました。

相変わらず律儀な私は、酒を飲まずにウーロン茶(まずかった)でハイテンションで喋り捲りました。いつも、「飲んでないのに酔っ払いみたい」と言われるのですが、まぁ、今日もそうでした。

サザントークとかで盛り上がり、5時間くらいで切り上げました。何か疲れたけれでも楽しかった気がしますね。さ、これからライブに向けて頑張りますぞ。

こんな感じです。じゃ、このへんで。さようなら。

P.S.サザンが7月にシングル出すそうです。夏に行われるロックフェスタ2005でもやる曲だそうで。今年の長者番付歌手部門は、桑田佳祐できまりですな。シングル出して、アルバム出して、ツアーやって、リマスターシングル出して。儲かるんだろうな…。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-05-28 23:40

久々に母校に行きました。

今日の阪神-楽天第4回戦は、雨のため中止になりました。

なので、今日の出来事から書きます。

今日は、朝9時に起きて、暴れん坊将軍3を見ながら朝食を取ったあと、明八の体育祭に行きました。

9時45分に京王八王子駅のいわゆる、「明八待ち合わせスペース」で3年のときのクラスメイト二人と待ち合わせの約束をしていました。

私は、京王線の沿線に住んでいます。最寄の北野駅は、京王八王子駅の一個前の駅なので、9時42分の電車に乗れば間に合うはずでした。

そうしたら、あろうことか、電車が5分遅れで運行してるじゃありませんか!

結局、9時50分に京王八王子駅に着いて、二人を待たせてしまいました。

5分遅れでおちあった後、久々に、スクールバスに乗りました。なんか、2ヶ月前までは毎日乗っていたのに、なつかしさを覚えましたね。

ひよどり山経由でしたから、30分もしないうちに、明八に到着。これまたなつかしい校舎と講堂が見えるじゃありませんか。

で、まずは、先生たちにあいさつ回り。

最初に会ったのは、A澤先生でした。相変わらずの飄々とした風貌でした。今は、1年G組の担任だそうで。ピンクのクラスTシャツが良く似合ってました。

その次は、N澤先生。こちらも相変わらず、のほほんとした感じでした。今年は1年生の学年主任だそうで。頑張ってください。

N澤先生がフィールド内に消えたので、辺りを見回すと、帽子を被った、音楽のK先生が。一通りの挨拶をし、次にであったのは、K島先生。相変わらずの独身だそうで。今年はクラス持ってないのかな?聞きそびれてしまったけど、クラスTシャツを着てなかった気がします。

そして、逢いましたよ。我らが担任のヤクザことK藤先生に。

でも、在学時よりも話しやすい感じでした。そういや、卒業式の最後の学活のときに、卒業生との付き合い方は、生徒との付き合い方と違うって言ってたなぁ。しかし、風貌は相変わらず怖い感じでした。今は、3年C組の担任だそうで。今年も3年生か…。大変だなぁ。

そして、近くにいた我らがボーカル、H川先生に、飲みに行く約束を取り付け、トラックの反対側へ。S水先生がいました。

そのあとは、職員室へ。玄関に入ろうとしたら、司書のS渡先生が。相変わらず化粧の濃い風貌でした。やたらテンションが高かった。S渡先生に会う前に出会った、トイレに行くから待って、と言ったK田先生も出てきて、しばし歓談。今年は2年C組の担任だそうです。

職員室に行くと、M矢先生と、M山先生それにU生先生が食事中でした。タイミングが悪かったけれども、ここでも歓談。3先生は、今年は中一の担当だそうです。
歓談している最中に、進路指導部長のM先生もやってきて、少し喋りました。

そして、昼の食事。後輩の女の子たちが作ってきてくれたお弁当を6人で食べ、しばし休憩。講師の先生たちと話をした後、午後のソーラン節を見学。(と、言うか、一緒に行ったK俣はこれを見たいがためにきたのだが)

3年間在学していましたが、マトモに見たことなかったんですよね。結構揃ってはいたのですが、後ろの方の生徒はやる気ゼロって感じでしたね。

今日は4限から授業があるので、ソーラン節が終わると同時にスクールバスに乗り、京王八王子へ。なぜかミスタードーナッツで休憩した後、大学に行きました。

大学はつまんなかったなぁ。刑法は、いつも面白いんだけど、今日はひたすら書くだけ。法律リテラシーでは、「刑法は公法か私法か」の質問で、大バカこいて「私法」とか言って、教授にバカにされるわ(直接バカにされたんじゃなくて、過去の卒業生の事例を出しながら、間接的にバカにされた。)、最後の現代法入門なんか、疲れて寝ちゃって、気づいたら、皆帰りだしてるわで。疲れました。

さて、野球の話題に移りましょうか。阪神以外の試合の結果をどうぞ。

ヤクルト-日本ハム。ハムは、初回、セギノール・田中(幸)の適時打で3点を先制すると、2回にも森本・小笠原の適時二塁打で2点を追加し、主導権を握った。ツバメは青木の適時打の1点だけに抑えられた。1-6。

広島-西武。コイは、森笠の2号ソロホームランで先制すると、5回に尾形の適時打、6回に緒方の適時二塁打で加点。最終回にはダメ押しの山崎の適時打が出て勝利。先発・小山田も、レオ打線を無失点に抑え、完投完封で勝利。レオはわずか4安打に終わった。4-0。

中日-ソフトバンク。楽天に3タテを食らい、失意のどん底にいる、竜。今日は谷繁の2点適時打で先制。5回にもアレックスに適時打が飛び出し、3点差をつける。しかし、その裏。松中が19号ソロを放ち、2点差。そして、6回にはバティスタ・松中・柴原に適時打が飛び出し、あっと言うまに4点を奪いタカが逆転。しかし、竜は8回、荒木・立浪の適時打で同点にし、暴力大砲・ウッズの3ランホームランで勝ち越し、最終回に岩瀬につなぎ、連敗を止めた。8-5。

横浜-ロッテ。カモメは、2回にサブローのソロホームランで先制すると、3回は、ベニーが押し出しの四球を選び、イ・スンヨプが2点適時打を放ち、4回には西岡が犠飛にし、フランコのショートゴロ、ベニーの適時打で3点を加え、一気に突き放した。ハマは6回の小池の本塁打でしか得点できなかった。カモメの清水は完投で5勝目を挙げた。2-8。

そして、巨人-オリックス。

猛牛は、3回に、村松・大西の適時打で2点を先制すると、4回、巨人の先発マレンを捕らえ、大西の適時打、ブランボーの適時二塁打、後藤の適時三塁打、日高の適時二塁打で一挙に6点を上げ、マレンをK.O.した。巨人は仁志の適時打の1点のみで7点差をつけられた。

しかし、7回。二死満塁として、今日復帰の高橋由を打者に迎えた。

当たりは、なんてことはなかったのだが、ピッチャー光原の送球が大悪送球になり、2点を献上。代わった菊地原も黒田・斉藤に打たれ、さらに3点を献上。一気に2点差に迫られた。

しかし、その後は加藤・大久保が踏ん張り、なんとか逃げ切った。6-8。

今季初じゃないかな。阪神戦の中止は。明日から、頑張ってください。

こんなところですかね。じゃ、さようなら。

P.S.横浜-ロッテ戦(千葉マリン)の試合前、両チームの監督やコーチが始球式を務めるというユニークな催しがあった。マウンドに立ったのは横浜の牛島和彦監督、捕手役に横浜の福沢洋一コーチ、そして打席はロッテの西村徳文コーチだ。
 この3人、かつてはロッテでチームメートだった。牛島-福沢のバッテリーは現役時代の再現。44歳の「牛島投手」は、名リードオフマンとして鳴らし、首位打者にも輝いた「西村選手」から直球で空振りを奪った。
 セ・パ交流戦ならではの粋な企画。往年のロッテファンにとっては、うれしいシーンとなった。(以上、時事通信の記事より抜粋) 
こんな企画を、他の球団でもどんどんやって欲しいです。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-05-27 23:05

福原、藪病完治に向け、第一歩!

大勝。10-0。

今日の先発は、負けが込んでいた右のエース、福原。昨日が引き分けだったので、絶対に落とすわけに行かないマウンドに、彼は登った。

福原の今日のピッチングは、完璧だった。3,7,9回以外はすべて三者凡退に退け、残りの3イニングで打たれたヒットはわずかに3本。当然、四球を与えることはなかった。

福原がこれだけいいピッチングをしたので、今日は打線も奮起。

初回、赤星が四球を選ぶと、すかさず盗塁。藤本がライト前に痛烈なライナーを運んで先制。続くシーツもヒットで出塁、アニキが四球を選んで打点王・今岡。きっちり犠牲フライでもう1点追加で、初回は2点を奪った。

福原が投げているときは、3点はとれない。こんなジンクスが出来かかっていた。しかし、打点王・今岡がそれを完全に払拭してくれた。

3回、藤本が倒れた後、シーツ・アニキと連打で押して、今岡。2-3とフルカウントから粘り、日高の構えた外側から大きく外れた、内側に入った球を振りぬき、1001本目の安打もホームランとした。一挙3点を追加。ジンクスは崩れ去った。

4回、6回は4番のアニキが魅せた。4回は、満塁から左中間を割る走者一掃の二塁打!3点を追加し、6回も走者二、三塁から走者一掃の適時打。2点を追加し、福原を援護した。

10点の大量援護が福原を勇気付け、わずか102球で完投完封勝利。とうぜん無四死球である。これで、藪病返上の光が見えてきた。

9回表、早川を三振に仕留めた瞬間、福原は大きなガッツポーズを作った。笑顔で矢野とハイタッチ。矢野も満面の笑みだった。試合終了と同時に、甲子園球場は「フクハラコール」に包まれた。

ヒーローはもちろん福原と今岡。
「(試合終了のときガッツポーズが出ましたね?)それは…、このところ全然勝ててなかったんで、自然に出ちゃいました。」
「(昨日の1000本安打を本塁打で飾ったことについて)あと1本のとこで足踏みしてたんで、ホームランと言う形で決められて、ホントにラッキーでした。」

しかし、今年の4、5番は恐ろしい。今日の打点のうち9点はアニキ・今岡によるもの。85年に、ランディ・バースと掛布雅之が強力クリーンアップを形成していたけれど、これに匹敵するくらいの得点力を秘めている。それは、セ・リーグの打点ランキング1、2位がこの二人であることが裏付けている。今年のタイガースの投手陣のよさについで、この二人がタイガース好調のきっかけを作ってくれている。

これで、1勝1敗1分け、と完全に五分でこのカードを負え、交流戦は11勝6敗1分けと、総合で2位の成績で前半戦を終えた。カード別ではロッテに負け越し、オリックスに引き分けた以外は全部勝ち越し。まぁまぁの成績と言えるかと思います。首位に立ったことだし、交流戦様様って感じがします。

他の試合。

ソフトバンク-横浜。タカは3本のアーチを放ったものの、僅差で逃げ切られた。ハマの多村、セ単独首位の15号ホームランを放って勝利に貢献。ウッズの穴を埋めるどころか、それ以上の働きを見せています。4-5。

楽天-中日。楽天が球団史上初の3タテを記録。19安打15得点の猛攻で、竜を下した。楽天先発の朝井がプロ初勝利を手にした。竜はこれで交流戦単独最下位、全カード負け越しで前半戦を終えた。15-3。

西武-ヤクルト。ツバメは、初回に土橋の3ランなどで帆足から一挙に5点を奪い、主導権を握ると、3回に宮出の2ランで追加点。レオの反撃は9回の和田の2ランのみと、拙攻に泣いた。2-7。

日本ハム-広島。ハムは2点を先制し、6回にセギノール・SHINJYOの連続アーチで追加点。8回に、久々の嶋の7号が飛び出したが、時すでに遅し。横山に後続を抑えられ、コイは連敗。5-3。

ロッテ-巨人。激しい打撃戦になりました。

3回、カモメは福浦の適時打で2点先制、しかしその裏、小久保が2ランを放ち同点に。
さらに、その直後の4回表。マリンガン打線が爆発。7安打5得点の猛攻を見せ、一気に巨人先発のアヒル工藤を攻め立てた。

しかし、巨人も5回にローズ、6回に清水のホームランが出て追い上げ、最終回、3点差でカモメは守護神・小林(雅)。

しかし、堀田を討ち取った後、清水に四球を与え、二岡。

甘い球を運ばれ、たちまち1点差。

しかし、さすがにカモメの守護神。最後はきちんと討ち取って、巨人を3タテに下した。10-9。

交流戦前半が終わった。交流戦順位もやはり、首位はロッテ。その後に阪神、ヤクルトと続いている。この後からの後半戦。どういう風に順位が変わるのか、楽しみでありますね。

さて、今日は。3限の英語が終わった後、新宿に急行しましたよ♪

例のブツを買うためです。

d0041058_23152137.jpg


恋せよ女の子です。昨日発売日でしたが、資金繰りに困って、一日遅れになりましたが、無事購入できました♪

特典の生写真もホラ!
d0041058_23172126.jpg


いや、実にいいですよ、ハイ。

ってな感じで、満足しつつ家に帰って阪神戦は大勝で、今日は結構ハッピーでした。

早速CDを聞きましたよ。

恋せよ女の子…テンポのいいかわいらしい曲。歌いだし前のギターソロがカッコイイです。アニメ極上生徒会オープニングテーマです。

君を連れて…しっとりしたバラードです。ゆかりんの甘い、高めの声が旋律の美しさと絡み合い、綺麗です。エレアコとちょっと歪ませたギターのバッキングがいい感じで曲を盛り上げてます。

candy smile…ノリノリなナンバー。ライブ向きのテンポがいい曲です。イントロのディストーションギターがカッコイイです。

今回のマキシは全体的に満足の行くものでした。いつも、曲はいいんですが、パッケージの写真が気に入らない、ってときもあるんですが、今回は大満足です。

そんな感じですかね。じゃぁ、このへんで。さようなら。

P.S.明日、明八の体育祭に行ってきます。4限に間に合うように帰ってこないといけないのでちょっと大変ですが…。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-05-26 23:09

5時間に及ぶ死闘の結末は…。

18:01に開始した今日のオリックス-阪神第2回戦。

終了したのは、23:02。5時間1分に及ぶ総力を尽くした死闘となった。

今日の先発はエース・井川。しかし、立ち上がり。ヒットの平野を置き、村松が犠打で送る。一死二塁とし、3番の谷。レフトへ適時打を放ち、今日も猛牛に先手を取られた。

しかも、それだけでは攻撃は終わらない。ブランボーに四球を与えた後、後藤・北川・阿部・日高と4連打を浴びて、初回に5失点。今日の甲子園は早くも沈黙した。

しかし、ここまで交流戦で甲子園で負けたことはない。その不敗神話がそうさせたのか。初回はアニキの当たりを北川がエラーし、1点を返し、3回には、アニキが12号ソロホームランで追い上げ。そして、圧巻なのは6回。プロ9年間で999本の安打を放っている今岡。

高めのボール球を振り抜くと、レフトポール際へ。正直ファールになると誰もが思ったが、レフトポールの頂点に当たりそのままスタンドへ。1000本安打を2ランホームランで決め、1点差に。

さらに続いて、今日スタメンのシェーン砲。これも甘い球を振り向いて左中間のスタンドへ。同点ホームランとなった。

これで終わらないのが阪神。赤星のショートへの当たりを後藤がエラー。二塁走者の鳥谷が一気に本塁に生還。遂に5点差をひっくり返した。

この後はゴールデン投手リレー。藤川が完璧に抑え、ジェフも何とか抑え、最終回は久保田。

しかし、やっぱり久保田は安定しない!!

絶対的な守護神としての信頼感はない。ブランボーに同点アーチを打たれ、井川の勝利を消してしまった。

その裏のタイガースは無得点。試合は延長に突入した。

結局、両者とも得点を入れることは出来ず。5時間の死闘は痛み分けとなった。

厳しいことを言うようだが、この試合は勝って当たり前だった。1点を勝ち越して、藤川-ジェフとつないで来て、抑えを任されている以上は、責任は久保田にある。9回のブランボーへのホームラン。守護神としてはあるまじき姿だ。

防御率3.32、被本塁打5。守護神としてやっていくには不満な内容。セットアッパーに戻して、ジェフか藤川に任せた方がいいと思うのだけれども。1点差を守りきってこそ「守護神」ですよ。

他の試合。

ソフトバンク-横浜。ソフトバンクが先制したあと、横浜が多村・種田の本塁打で1点差まで追い上げたのだが、タカはそのあとも加点し、横浜は追い上げるのだが追いつけず。逃げ切られた。6-5。

楽天-中日。楽天が奇跡の連勝。と、言うか中日はどうしたんだ!!これでまた負け越しが決まり、中日は交流戦単独最下位に転落。6-2。

西武-ヤクルト。西武は松坂が先発。初回、噂の「おかわり」こと中村がホームランで先制。岩村の本塁打で追いつかれたが、またも中村の本塁打で同点。カブレラも続き勝ち越し。とどめは、和田のホームラン。松坂も12三振を奪い、ヤクルト打線を3安打に抑え込み、勝利。4-1。

日本ハム-広島。不調だったあの男…そう、SHINJYOが今日は大活躍。初回、先制の3ランを放つと、好守で投手を援護、送りバントを決め、得点に絡ませる小技も光った。8-5。

さぁ、ロッテ-巨人。

やりました。小林(宏)。長男誕生に捧げる7勝目の勝利。打線も、巨人先発の内海を捕らえ、たたみかけ、藤田-薮田-小林(雅)とつないで逃げ切り、巨人を下した。巨人は危なげなく、最下位を守った。5-3。

交流戦も盛り上がってきました。中日の失速がナゾですが、なかなかいい試合が各地で展開していると思います。

さて。今日は4限が空いていたので、またまたK氏と吉祥寺に行きました。

アニメイトカードが60ポイントになっていたヤツがあったので、さっそく景品(1000円の商品券とテレカ)をいただいてきましたよ。今日発売のゆかりんのCDを買う軍資金です。買うのはゲーマーズなんだけどね(汗)。親に商品券を現金と変えてもらいました。明日、新宿のゲーマーズに買いに行こうっと♪

それで、吉祥寺から再び大学に戻り、日本語文献精読の授業を受けたのですが、通常の教室で30分講談をテープで聞いた後、4階の別の教室に行き、詩人(名前忘れちゃった…。なんか、横顔が、丸山弁護士にソックリでした。)の講演会を聞きました。でも、眠かったので寝ちゃいました(笑)。
講談のあらすじと講演の感想を書いたレポートを出せ、ってことなのですが、おかげで来週は休講♪嬉しいです。

そんな感じでした。なんか眠いのでこの辺で!!さようなら。

P.S.楽天、今日、連勝を決めましたが、まだ2回目(汗)。もっと、頑張れ!明日勝てば、初の3タテだ!
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-05-25 23:59

杉山、初回に泣く!!

関西対決の初戦は、バファローズに軍配が上がった。

今日の大きな敗因は、杉山の立ち上がり。これにつきる。

先頭打者・平野への第2球。カーブがど真ん中へ。いきなり、三塁打を許してしまった。
続く、早川・谷は討ち取ったものの、ブランボーに四球を与え、5番の後藤。

初球の高めのチェンジアップを拾われ、適時二塁打に。これで先制され、続く、北川にも甘いフォークを右中間に運ばれ、さらに2点を失った。

杉山は、初回に3点を失ってしまった。

一方の打線は、赤星がバントヒットで出塁。藤本凡退の後、シーツが二塁打。走者二、三塁とし、4番のアニキ。

同点の一発を期待したのだが、ショートゴロに終わった。その間に赤星生還で2点差。しかし、この回の反撃はこれで終わった。

その後は、JPと杉山が投げあい、6回まではスコアに変わりはなかった。

転機は7回。鳥谷が四球を選ぶと、杉山に代打が送られた。代打はシェーン砲。

低めのカーブをレフトフェンスギリギリへ運んだ。走者・鳥谷は一気に本塁へ走り生還。1点差と詰め寄った。

8回はお互いに無得点。最後の9回に望みを託す。

投手は杉山の後を継いだブラウンに代わり、牧野。佐久本の代わりにファームから上がってきた。

しかし、これが大きな誤算。ここは無失点に抑え、最終回の打線の奮起を待たねばならないのに、あろうことか、先頭打者の北川に本塁打を浴び、点差を2に広げられてしまった。

その後は危ないながらも何とか抑え、裏の攻撃へ。

しかし、牧野が本塁打を浴びたおかげで、打線の気持ちが沈み、最終回は三者凡退。終わってみれば、安打4。散発に終わった。

しかし、杉山は初回が悔やまれる。あの平野に投げたカーブがキチンと決まってさえすれば、こんな結果にはならなかっただろう。せっかく首位に立って勢いをつけようと言うときに、これじゃ、安心してみていられないよぉ…。わざわざローテ崩して杉山を持ってきたのは、勝ち運に恵まれていない福原を敬遠して、初戦を取りたかったからだ。しかし、負けた。明日は福原。絶対に落としてはならない。チームのため、そして、福原のためにも。明日は甲子園。今岡も明日には1000本安打を決めてほしい。奮起しろ、猛虎打線!!

そのほかの試合。

ソフトバンク-横浜。初回初球先頭打者本塁打が久々に出ました。打ったのは大村。大村は今日は当たっていて、2ホーマー。先頭打者としての役割をきちっと果たし、勝利を呼び込んだ。
タカの先発、杉内は今日も危なげないピッチングで8回を1失点に抑え、リーグのハーラートップタイの7勝目。横浜は貧打に泣いた。6-1。

楽天-中日。楽天やっとこさ10勝目。しかし、9回のピッチングは危なっかしかった。福盛ですよ。田尾監督の吉田を送る決断がチームを勝利に導いたと思います。しかし、中日も弱いね。楽天にすら勝てない。どうしたんだ?3-2。

西武-ヤクルト。雨天中止。

日本ハム-広島。コイは、初回嶋の6号ソロで活気付き、同点に追いつかれた後の5回には、前田の12号3ランで勝ち越し、尾形のソロでダメ押し。投げては黒田が快投。ハム打線を抑え、ハーラートップに立つ6勝目。2-6。

さて、ロッテ-巨人。

巨人の先発は、エースの上原。しかし、初回、堀に先制のホームランを打たれ、2回にもベニーにホームランを浴び、2点を献上する苦しい立ち上がりに。
しかし、その後は立ち直った。…かのように見えたのだが…。7回にベニーに適時打を打たれ、この回を終了して降板。打線の援護もなく、無残な姿でマウンドを降りた。

そして、巨人の次のピッチャーはポカ島こと岡島。アンチ巨人の期待通り2点を献上する炎上ぶり。巨人に止めを刺したのはそのあと投げたサナダムシこと真田。なんと6失点!!燃え上がりすぎです。

巨人打線は11安打と決して当たってないわけではなかったのだが、小野-藪田-山崎の完封継投に要所を抑えられ完封負け。最下位を守った。11-0。

なお、スン様ことイ・スンヨプには一発は出ず。記録達成とはならなかった。

セ・リーグは順位が入れ替わりました。首位・阪神で、ヤクルトが中日の敗北により2位浮上。勝った広島が4位に浮上し、5位が横浜、最下位・巨人と、少し変動しました。

さて、今日は。いつもどおりの火曜の授業を受け、サークルのボックスへ。アコギをジャカジャカ弾きまくりました。私たちのバンドに加入してくれたドラムの方がいるのですが、アコギとキーボードのドラムでセッションして演奏したんですが、メチャメチャうまい!!キーボードで出してるとは思えないほど、オリジナルに近い(楽譜どおりの)演奏でした。

盛り上がってきて、「涙の海で抱かれたい~SEA OF LOVE~」をやろうか、と言ったところで、5限の開始時間に…。結局、ボックスにいたほとんどの人が授業に行ってしまい(彼も含め)、私は何もすることがなくなり、帰る選択を余儀なくされました。

帰り、京王線で寝てたんですが、ギターを座席の前に置き、抱えるようにしていたのですが、何かの拍子に私の腕のホールドが外れてしまい、思いっきり床にぶつけてしまいました。でも、そのおかげで乗り過ごさなくてすみましたよ♪

そんな感じで、一日が終わりました。後は、GAORAで野球見ただけです。

じゃ、そんなとこで今日は終わり。さようなら。

P.S.濱中が一塁守備説が浮上しています。まぁ、それもいいんじゃないですか。詳しくはリンク張った記事で読んでください。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-05-24 23:43

明日からは、5勝1敗ペースで、頑張れ!!

今日は月曜日ですから、交流戦・公式戦ともにお休みです。

タイガースは、明日から仰木バファローズとの3連戦。その後は、田尾イーグルスとの3連戦です。

表題の通り、猛牛には2勝1敗、ワシには3タテで行ってもらいたいですね。ここで貯金を増やして、首位を独走したいものです。

他のチームの予定。

横浜スタジアムで、横浜は、パ・リーグ屈指の強力打線のソフトバンクを迎えます。ここで、横浜がタカ相手にどれだけ戦えるかが、ハマの浮上の鍵になるでしょう。キーポイントは先発投手でしょう。

ナゴヤドームで、中日はパ・リーグダントツの最下位、楽天を迎えます。交流戦のブービー対決です。ぜひとも楽天に勝ってもらいたいものです。

神宮球場で、ヤクルトは西武を迎えます。交流戦好調のツバメが、勢いがつき始めた若獅子とどんな戦いをするか。楽しみです。

広島市民球場では、広島が日本ハムを迎えます。楽天に3タテで勢いづいたコイ相手に、3タテを食らったハムがどれだけ奮起できるか。キーパーソンは、もちろんSHINJYOでしょうな。

東京ドームでは、読売巨人がパ・リーグ首位の千葉ロッテを迎えます。まぁ、カモメの3タテはあらかじめ決まっているに近いでしょうが、読売巨人も、ハムを3タテに下し、調子に乗っているから侮れないところもあります。カモメの必勝祈願!!

ってなとこです。明日からも、交流戦が各地で盛り上がっていくでしょう。以上、プロ野球でした。(NHKサンデースポーツ風)

さて。今日は、バンドの曲決めとかをしました。割とすんなり決まってよかったです。昨晩から今日にかけて寝ていないので、4時間目の憲法は、爆睡しました。(汗)

ちょっと、ヲタな話。

この間も言ったんですけど、最近、らんま1/2にものすごくハマってしまっています。

中学生のころ、ものすごくハマり、コミックスやCDを買いあさりました。まぁ、言ってみれば、私のヲタ始めとなったのがこの作品でした。

中学生当時、恥ずかしながら同人小説とか書いてたこともあるくらいハマってましてね。なぜか、今になって、そのブームが再燃しはじめちゃったんですよね。

手始めに、手持ちのCDを全部聞きました。
らんま1/2音楽道場
らんま1/2熱闘歌合戦
らんま1/2歌暦(平成3年版)
らんま1/2DoCoファースト
らんま1/2格闘歌かるた
らんま1/2DoCoセカンド
らんま1/2スーパーベスト
乱馬とあかねのバラード

と、中学生当時に、よくこんだけ集めたな!って感じで聞きなおしていたら、泣かせるような名曲もあって、ギターで弾き語りしたい!とか思ったわけですよ。

アニメ系の曲って、スコア化はおろか、コード譜さえ滅多にないので、弾き語りをしたけりゃ、自分で耳コピするしかなくて大変です。

結局、90分近くかけて、コピーできたのはたった2曲。まだまだたくさんコピーしたいのですが、如何せんセンスが無いもんで(汗)。

と、キャラソンを耳コピしつつ、原作やDVD見てたら、自他ともに認めるロリペドの私が、なぜか、ヒロインの女子高生・天道あかねにはまっちゃいました。なぜだ…?

自分でもよくわからないのですが、あかねに妙に惹かれています。

ってな感じですかね。明日も1限から授業だから、そろそろ切り上げます。さようなら。

P.S.おそらく、猛牛戦の初戦は福原が登板するでしょう。今度こそは勝ってほしい…!!
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-05-23 23:27

猛虎、単独首位に立つ!!

遂に難敵・ソフトバンクに勝ち越し、単独首位に立った。

初回、一死満塁から、打点王・今岡。寺原のストレートをきっちり犠牲フライに。今日も先手を取った。

しかし、今日の先発・能見は、コントロール・キレがあまり良くなく、2回裏、ズレータに一発を浴び同点にされると、今度は大村に適時打を浴び、あっさり逆転を許してしまった。

が、打線が能見を援護。その直後の3回表。赤星が三塁打で出塁。続く藤本が、全身守備の間を抜き、適時打とし、同点。シーツは倒れたものの、昨日2発のアニキ。今日も勝ち越しとなる11号2ランをライトスタンドへぶち込んだ。

ところが、能見は援護を受けながらも踏ん張れず。その裏、バティスタがヒットで出塁。松中・城島に四球を与え、満塁にすると、ズレータに適時打。1点差と迫られ、ノックアウト。プロ入り最短イニングの降板になった。

しかし、そのあとにマウンドに登った江草が、このピンチを救ってくれた。

カブレラをフォークで併殺に仕留め(この間に松中生還で同点。)、続く宮地もストレートで討ち取り、たった3球で無死満塁のピンチを脱した。

流れは江草のおかげでこちらに来た。

5回、二死一、二塁から、打者・桧山。相手がサウスポー・フェリシアーノだから、濱中を送ってくるかと思われたが、岡田監督は動かず。

これが功を奏し、2球目の甘いストレートを一、二塁間へ運び、勝ち越しの適時打とした。

リードを手にすれば、次の投手はアイツしかいない。藤川球児。

2回1/3を無失点に抑えるエースセットアッパーらしい働きを見せてくれる。

藤川の好投にこたえたのは、8回表。二死一、二塁から、藤本の打席で、代打・濱中。

チャンスに強いことを買われての登場。2ボールの後のストレートを中堅手の頭を越える適時三塁打として、一気に2点を追加。岡田采配が、見事に決まった。この後、9回にもシェーン砲の犠飛で1点を取った。

藤川の後はジェフ-久保田とつなぎタカ打線を沈黙させた。完璧な投手リレーと、効果的な加点で、昨日に続いて連勝。竜が負けたため、4月16日以来の単独首位に立った。

今日の立役者はなんと言っても、江草。先月の巨人戦やツバメ戦では敗戦処理投手と言う位置づけだったが、交流戦で大化け。橋本がケガで離れた今、貴重な中継ぎ左腕として勝ちゲームに登板する投手に成長した。防御率も1.50と、安定した数字を見せている。これからが楽しみな左腕の一人だと思う。これから先、下柳が引退した後は、先発左腕の一員として、頑張ってもらいたい。

他の試合。

中日-ロッテ。カモメは、初回、フランコの3ランなどで4点を先制。3回には、イ・スンヨプが5試合連続となる10号ソロアーチを放ち、竜から3回までに7点を奪った。
竜は、結局、俊介の前に完敗。俊介は投げるたびに大量援護をもらい、これで両リーグ最多の7勝目。4-11。

西武-横浜。点の取り合いとなる、すさまじい戦いになった。横浜が、一時は4-12と大量リードを奪ったのだが、8回、9回に投手の誤算や野手のエラーも絡み6点を奪われ、2点差まで迫られた。しかし、なんとか逃げ切り、交流戦の勝敗を五分とした。なお、今日もスタメンの「おかわり」中村は、今日もホームランを放ち、今シーズンのホームランの数を8としている。化けもんか、こいつ…。10-12。

楽天-広島。楽天は、エース岩隈が3本塁打を浴び、7失点でノックアウトされ、連敗。10勝目がやたらに遠い。田尾監督は、「岩隈の投げる試合は落としたくなかったね。」と笑顔も無い。コイは楽天戦3連勝。2-10。

オリックス-ヤクルト。猛牛先発は、元ヤクルトの吉井。古巣相手に意気込んで登板したものの、若手に足を引っ張られ、先制を許してしまう。しかし、5回に、エラーで先制を許すきっかけを作った平野が適時打で1点を返し、7回には日高の適時打・相手のエラーで2点を奪い、逆転。その後8回、9回に1点ずつを追加し、ツバメの反撃を8回の1点にとどめ、猛牛が勝利。吉井は久々の勝ち星を手にした。5-3。

そして、日本ハム-巨人。

巨人先発はここまで勝ち星から見放されている高橋尚成。今日は、要所を抑えるすばらしい投球で、完投。6安打無失点と、今季の巨人初の完封投手になった。

打線も満塁から小久保の適時打で先制。その後も、またも小久保が、13号3ランホームランを放ちヒサノリを援護。ハムを奇跡の3タテに下した。0-4。

さて、交流戦が5カード終わり、セ・リーグ首位の中日が2位に転落、阪神が首位に立つなど、セ・リーグは大きく順位表が変わった。9だった巨人の借金も3になった。ますます交流戦は白熱し、ペナントレースも熱くなってくることだろう。

さて。今日は一日中家にいたので、書くことがありません。そういえば、余談ですが、昨日ここで書いたアイドル・田代友里恵のことが妙に気にかかり、中学時代の卒業アルバムを見てたら、彼女は、「アイドルになりそうな人」ランキング1位に選出されてました。って言うか、このアルバム制作当時にはDVDも出してすでにアイドルだったような気もしますが…。まぁ、いいや。

そんなとこですかね。今日は。じゃ、このへんで!!さようなら。

P.S.今日、ギター弾いてたんですが、この間、左手の中指の皮が剥けそうだったんで、無理やり剥いたんです。ところが、弦を押さえると痛い!困りました。早く皮膚が再生してくれることを祈るばかりです、ハイ。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-05-22 23:29

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE