2006年 08月 21日 ( 1 )

 

早稲田実業、夏の甲子園初制覇!

いやはや、球史に残る好カードとなりました、第88回の全国高校野球選手権決勝。昨日は、延長15回を戦う投手戦となり、引き分け再試合となり、「駒大苫小牧×早稲田実業」は球史にその名を刻みました。

そして今日、その球史に残る名勝負の結果が出ました。

早稲田実業が、4-3と辛くも駒大苫小牧を下し、あの王貞治や荒木大輔でも成し得なかった、夏の全国制覇を達成し、一人で今大会を投げきった斎藤投手と和泉監督は、一躍時の人となりました。

序盤、駒大苫小牧は先発の菊池が四球で崩れ、1点を献上。すぐにエースの田中と交代するも、さらに1点を失い、2-0と早実がリードしました。

6回、駒大苫小牧は三谷の本塁打で1点差に迫りましたが、その裏に1点を失い、再びリードを2点差に広げられます。さらに7回にも1点を失い、その差は3点となりました。

しかし、王者・駒大苫小牧はそれでも食い下がりました。土壇場の9回表、先頭の三木がヒットで出塁し、無死一塁の場面で中澤がバックスクリーン左へ1点差に詰め寄る2ランホームランを放ち意地を見せました。

が、4番の本間は最後まで斎藤にタイミングが合わず三振。5番の岡川はセカンドフライ。そして、6番・ピッチャーの田中は粘りはしましたが、最後は斎藤のストレートに三振。早実の初優勝が決まるとともに、駒大苫小牧の3連覇の夢が費えました。

どちらが勝ってもおかしくない、本当に球史に残る屈指の名勝負だったと思います。

私の弟は、この早稲田実業の高等部に通ってまして、今日は小室記念ホールでこの試合を観戦してきました。もう、ものすごい盛り上がりだったそうです。

しかし、早実の斎藤投手はすごいピッチャーですね。この大会をほぼ一人で投げきり、3連投で400球以上投げてるにも関わらず結果を残す。本当に凄いピッチャーです。今年のドラフトの目玉になるかもしれません。是非、プロで見てみたい投手です。

駒大苫小牧の田中投手も素晴らしい選手だと思います。こちらもドラフトの目玉になるでしょう。打撃センスも非凡で、色んな球団から引く手数多だと思います。

とにかく凄い勝負でした。こんな試合を見ることが出来て、一野球ファンとして、とても幸せです。両校の選手の皆さん、おつかれさまでした。

そして、我が母校の野球部の選手の皆さん、来年こそは甲子園への切符を勝ち取ってください。早実、日大三など、強敵はたくさんいますが、来年こそはお願いします。

ではでは今日はこのへんで。
[PR]

  by crazytigersfan | 2006-08-21 22:18

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE