2005年 09月 03日 ( 1 )

 

安藤快投も、久保田劇場でドキドキ。

安藤の快投で連勝。

今日は安藤-門倉の先発。

今日の安藤はとにかく直球にキレがあり、初回に佐伯の適時打で1点を失うものの、その後は打者をカーブと組み合わせて翻弄した。私が観戦した試合で、一番のデキに見えた。

1点ビハインドで迎えた3回。先頭の赤星が四球を選び、すかさず盗塁。さらに、続く鳥谷も四球を選び、無死一、二塁の好機。

そして、シーツが初球の高めの直球を右中間に運び、適時打とし、同点。さらに、アニキが四球を選んだ球を、捕手・相川が捕逸。この間に三塁走者生還で勝ち越しに成功。続く今岡もきっちり犠飛を打ち上げ、3点目。

なんと、わずか1安打で3点を奪取することに成功。安藤のモチベーションも上がったに違いない。

安藤の好投も光ったが、門倉もなかなかのものだった。5イニングを投げきって、安打はシーツの適時打一本のみ。

しかし、6回。

一死から、桧山が完璧に捉えた当たりを放ち、二塁打とすると、矢野凡退で、二死となったところで、8番の藤本は敬遠。

相手失策で、桧山は三塁に進んでいたが、打者は安藤。

ハマバッテリーとしてはココで抑えきりたいところだったが、安藤の打球は、門倉のグラブを弾く当たりとなり、適時内野安打に。貴重な追加点を、安藤自らが生み出した。

続く赤星も一、二塁間を抜くヒットを放ち、二塁走者藤本が本塁突入を試みるも、金城の好返球で憤死。追加点は1点に留まった。

しかし、3点リードがあれば締めたもの。

安藤を7回一死となったところで降板させ、ジェフへリレー。鶴岡に二塁打を打たれたが、無失点に切り抜け、さらに8回は藤川。

まさに完璧なリリーフをやってのけ、完全復活を果たした。

そして最後は久保田。

しかし、今日の久保田はちょっと危なっかしかった。

先頭の小池にいきなりヒットを許し、相川三振の後、内川・石井と連打を浴び、一死満塁のピンチを作り、代打・鈴木尚。

第1球が鈴木の右足に直撃。誰もが予想しなかった押し出し死球という形で、2点差に詰め寄られ、続く金城。

鋭い当たりを一塁線に放たれた。しかし、シーツが好捕し、ベースカバーの久保田にトス。しかし、わずかに及ばず、これが適時打となり、1点差に詰め寄られしまった。

が、ここからが虎の守護神。

4番の佐々木を高速スライダーで三振に切って取ると、5番・多村は直球を詰まらせた。

多村の打球は、鳥谷の真正面へ。鳥谷はわざわざ握りなおして送球したが、これが反れて、ヒヤッとしたが、シーツが巧く裁き、多村にタッチして試合終了。なんとか逃げ切ることに成功した。

これで安藤は9勝目。先発の一角として、十分な働きを見せ始めた。

他の試合。

セ・リーグ。

巨人-広島。桑田-小島の先発。壮絶な打ち合いになった。巨人が両軍合わせて35安打の乱打戦を制した。5-5の7回、高橋由、仁志、シコースキーの適時打と、清水の2ランなどで7点を挙げて試合を決めた。コイは4番手・長谷川が大誤算。終盤、ラロッカの18号2ラン、前田の27号ソロ、栗原の12号ソロと3本塁打で追い上げたが及ばなかった。12-9。

ヤクルト-中日。館山-マルティネス。竜が大勝し連敗を2で止めた。2回に打者一巡の猛攻で一挙5点。5回にも福留の右中間21号3ランなどでリードを広げた。マルティネスが1カ月ぶりの6勝目。ツバメは先発の館山が誤算。中日戦の今季負け越しが決まった。1-10。

パ・リーグ。

オリックス-楽天。高木-一場の先発。 ワシは一場がプロ初勝利を初の完投で飾り、2カ月ぶりに3連勝、シーズン100敗を免れた。一場は10安打を浴びたが要所を締めて2失点。打線も2回に山崎の23号ソロなどで3点先取し、5回は酒井の右前2点打で追加点。猛牛は攻守に精彩を欠いて2連敗。 2-9。

日本ハム-ロッテ。ダルビッシュ-渡辺の先発。ロッテの渡辺俊が今季3度目の完封で14勝目。このカードの勝ち越しを決めた。4回に李の右越え26号ソロで先制し、8回には西岡の一塁内野安打で1点を加え、逃げ切った。ハムのダルビッシュは打線の援護が得られず4敗目を喫した。0-2。

西武-ソフトバンク。西口-杉内の最多勝争いを賭けた戦い。レオの西口が緩急をつけた投球で、8回無失点で自己最多の17勝目、最多勝争いトップに立った。レオは2回に中村の19号2ランで先制、4回にカブレラの35号ソロで加点した。レオは3位復帰。タカは打線がつながらず、連勝は2でストップ。杉内は4敗目。4-0。


中日も勝ったので、ゲーム差は2.0のままです。とにかく、明日も勝って、天王山に挑みたいところです。


そういや今日は、14時から、横浜-阪神の札幌ドームの試合をテレビ観戦したのですが、面白いことが起きました。

記事にもなってましたが、3回裏の横浜の攻撃、一死無走者の場面、佐伯が打者席に立ち、カウント2-3となった、次の投球のとき事件はおきました。

ちょうど、そのとき、私はレトルトカレーを温めようと(昼飯食おうとしてたんですね。)、2-3となった瞬間に席を立ち、レンジに近づいて、タイマーをセットして、画面に目を戻すと、安藤の投球はボール。

なんだよ、四球かよ。

そう思った途端、球審がなぜか佐伯を打席に戻すではないですか。

あれ、私はカウントを見間違えたのかな?そう思っているうちに、佐伯がヒット。ちょうどカレーも出来たので、カレーをレンジから取り出して、席に戻って、実況に耳を傾けると、

(実況)「球審がカウントを間違えましたね」
(解説)「まあ、四球になるところをヒットにできたんだから、佐伯にしたらラッキーですよね。」

急いで机に置いておいたパソコンで球審をチェック。

球審・上本

またコイツか。町田のサヨナラ弾をファールと判定し、赤星の甲子園弾をファールと判定し、巨人・清水の完全にセーフの走塁をアウトにした、“誤審王”

ま、今回は試合後に「気がつかなかった。ミスとしか言いようがない。」と、罪を認めたようだから、許しておくか。今回はどうせ無失点だったし。

横浜首脳陣もこの誤審にクレームを付けず、田代打撃コーチなどは、「(四球だと)口に出さなかったのが恥ずかしい。」と自らを責めていました。

と、心の中で上本を嘲笑しつつ、観戦しました。ちなみに、カレーが意外と辛くてビックリしました。

と、今日はこんなところですかね。それじゃ、また明日。

P.S.昨日の試合で頭部にファール球が当たり、緊急入院した、ヤクルト・堀内トレーナーの手術が成功したそうです。まぁ、まず一安心ですね。

日本ハムが、アルモンテ内野手、ナイト投手を解雇したそうです。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-09-03 23:04

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE