勝ちこそしたが…。

とりあえずは、勝利。しかし、いまいち嬉しくない。

理由は、救援ピッチャーの不甲斐なさだ。

今日の先発はブラウン。5回を投げて2失点と、まずまずの好投。続く江草も、2回を無失点ときっちり役目を果たす。しかし、その後が良くない。

それは、新人左腕・能見だ。

先日の日本ハム戦で完投勝利をしたときの面影はどこにもない。ここ最近の登板は不甲斐なさ過ぎる。

今日も今日だ。なんとアウトをひとつも取れずに3失点・2ホーマーを浴び降板。この異常事態に、温存しておきたかった藤川を出さざるを得なくなった。

昨日も少し触れたが、昨日から地獄の9連戦が始まっている。長丁場でどこにもっとも負担がかかるかといえば、中継ぎピッチャーだ。特に、接戦の勝ちゲームでは投げざるを得ない、リリーフエースの藤川への負担を減らす必要がある。

今日などは、7回の時点では7-2と5点もリードしていた。藤川は全く必要ない。それなのに、能見が試合を壊しかけてしまい、藤川を使わざるを得なくなってしまったのは、今後の試合に少なからず影響が出てしまう。加えて、能見を救援で使うと言う選択肢を選びづらくなってしまった。

藤川は流石のピッチングで、能見の尻拭いをし、打者4人で片付けた。

しかし、その後がこれまた問題だ。守護神(?)の久保田だ。

いつも不安定でハラハラさせるが、今日もハラハラさせてくれる。

4点リードで、先頭打者の高須にヒットを許し、結局1点を失う。これじゃ、守護神として失格だ。点差に関わらず、投げたイニングをゼロに抑えるのが守護神の役目。こんなに打たれる守護神じゃ阪神は不安でしょうがない。

たとえば、中日の岩瀬やヤクルトの石井、ソフトバンクの三瀬といった絶対的な守護神が阪神には不在だ。イマイチ波に乗っていけない、ペナントを独走できないのは、ここに大きな原因があると言ってもいいと思う。

それでは打線について。

打線は、今日の様子から行けば、あまり心配はないと思うが、気がかりなのが、リードオフマンの赤星。最近打率が低下している。

一時期は.350を超えるアベレージを残していたのだが、ここに来てだいぶ失速している。今日の試合なども6打数の1安打。打率も.335とだいぶ落ちてきている。赤星の出塁が、阪神の勝利に結びついていることは言うまでもない。頑張ってくれ、赤星!!

そのかわり、アニキ・金本が絶好調。今日も3打数3安打1ホーマー2四球と、最高の成績を残している。打率も.346と、遂に赤星を抜いた。打点も今岡と4点差と末恐ろしい4番打者だ。アニキにはずっと好調を維持してもらって、出来るなら三冠王を狙ってもらいたい。本当に出来そうなのが恐ろしいが…。

結局今日は、9-6と、最終的には勝利と言う結果で終わった。明日も絶対に勝ってください。

他の試合。

ヤクルト-日本ハム。ツバメは序盤、ラミレスの3ラン、宮出の2ランなどで7点を取り、主導権を握った。しかしハムも5回、金子の適時打で2点を返すと、6回には木元の適時打、セギノールの2ランで3点を取り、追い上げ体制に入った。
しかし、その後は、ヤクルトの投手リレーの前に打ちあぐね、連敗。7-5。

広島-西武。レオの先発は18歳ルーキーの涌井。今日は7回まで1安打で、二塁を踏ませないほぼパーフェクトなピッチングを見せ、初勝利の権利を持ったままマウンドを降りた。
しかし、あとを受け継いだ森が送りバントの処理でエラー。代打の野村に適時打を浴び、同点にされ、涌井の勝ち星を消してしまった。
しかし、レオは延長10回裏、一死一、二塁から栗山がコイの横山のフォークをセンター前に運び、サヨナラ勝ち。1-2。

横浜-ロッテ。東京湾岸対決は、カモメが制した。初回、捕手の里崎がプロ入り初の満塁ホームランで一挙に4点を先制。2回には西岡、3回にはイ・スンヨプにそれぞれソロアーチが飛び出し、6点の大量点差をつける。
大量点差といえば、この人。先発はもちろん俊介。緩急をうまく使うピッチングで8回まで投げて被安打5の失点3と言う成績で8勝目。
なお、試合終了後、マリンスタジアム正面玄関にて、ヒーローの里崎捕手・渡辺投手によるライブが行われた。二人は球団応援歌を熱唱。歌詞カード見ながらって言うのが笑えました。3-6。

中日-ソフトバンク。竜は、ウッズの適時打で先制をするものの、タカの4番・松中に20号3ランを食らい、追いかける立場に。
しかし、6回。代打・高橋光信のショートゴロで1点を返し、7回にもウッズの適時打で同点に追いつき、その後は投手戦になり延長戦へ。
10回表、代打の大西がセンター前に適時打を運び、勝ち越すと、その裏を岩瀬が抑えきり、交流戦初の勝ち越しを決めた。4-3。

巨人-オリックス。無謀にも連敗脱出を図る巨人の先発は、ケツ出しこと高橋尚。初回、小久保の3ランで先制点をもらいながらも、その小久保のエラーに近いプレーが絡み(記録は内野安打)1点を失う。
2回にも日高に犠牲フライを放たれ、1点差に。そして7回にはマウンドにシコースキーが上がった。鋭いフィールディングで、送りバントを阻止するも、牽制悪送球で、走者を二塁に進め、前の自分の好プレーを自ら帳消しにしてしまった。挙句の果てに、後藤に適時打を打たれ、同点に。
両軍とも、2回以降は点が取れず、結局7回の後藤の適時打以降はどちらも決め手に欠き、結局引き分け。
巨人にとったら、勝てるゲームだった。しかし、高橋尚がまずまずのピッチングをしても、シコースキーがポカをやって同点に。
打線も打線だ。今日復活してきたウナギイヌ阿部は5タコ。そのうち三振二つに、併殺打2つと、打線の大ブレーキに。
それ以上に酷かったのは清原。5打席立って、4三振。しかも残りの1打席は死球。打率.212と、6番に置いておくのもおこがましい酷い成績。さっさと引退しろ!

ただ、巨人にとって唯一良かったことは、引き分けですんだこと。スーパーヘボ木佐貫が12回をなんとか抑えたのと併せて、この試合の数少ない良かったところだろう。3-3。

これで6カードが終了。やっぱり、ロッテの強さが光ります。阪神もカモメに負けないように奮起してほしいです。

さて、今日は、遅く起きて、昼飯食って、パソコンで野球のチェックをして録画しておいたドラえもん見て巨人戦中継を見て、ブログを書く。と言うヒッキー見たいな一日でした。明日も1限からだよ…。ダル!ってな感じです。それじゃ、今日はこの辺で。さようなら。

P.S.今日見たドラえもんですが、「のび太の地底国」というサブタイトルでした。内容はと言うと、のび太が答案を隠すための穴を「どこでもホール」を使って探していたら、すごくでっかい穴につながって、じゃあ、いっそのこと国でも作るか、ってノリで道具を駆使して国を作るんですな。
ところが、この国でもジャイアンがわがままし放題で、困り果て、ドラえもんがのび太に「署長バッジとロボ警官」を与え、警察権を与えるんですな。
そうしたら、のび太は調子に乗って、独裁政治を行い、みんなの反感を買い、最後にはクーデターに遭い、国自体も地震の影響で壊れてしまう。と、いうすごく世俗皮肉っぽい話でした。
しかし、のび太のような気の弱い少年でも、警察権のような強い権力を持つと、独裁に走ってしまうと言う、人間の根の恐ろしさを描いたすごい話だと思います。特にのび太の名言、
「さあ、みんな!のび太国バンザイと叫ぼう!」
「さあ、国のためにどんどん働こう!働けばそれだけ君たちも豊かになれるんだ。さて、昼寝でもしてこよう。」
にも、顕著に現れています。結構シュールな話で、ヒトラーがなぜ滅んでしまったか、と言うのが良くわかります。
子供向けアニメらしく、最後にちゃんとオチもついています。
クーデターに遭ったのび太は、穴を掘って隠れようとします。(ちょっとバカみたいですが。)すると、紙切れが出てきました。それは、最初にこの穴に来たときに埋めた答案で、逃げるときもこの答案を掴んだまま逃げてしまい、結局ママに見つかってしまう、というものです。ドラえもんの、
「結局見つかった。二日間の無駄骨だったか…。」
は笑えます。
しかし、ドラえもんって、よくできた話ですよ。皮肉をこめながら、笑いもとれるんですから。藤子F先生は偉大ですよ。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-05-29 23:31

<< 久しぶりの‘快勝’!! いまいち波に乗れない、猛虎…。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE