惨敗の理由は…。

惨敗。

酷い負けだ。先発・安藤が5回を投げて10失点。続く佐久本も、4失点。江草は踏ん張ったが、最後のブラウンも2失点。今季、投手力を売りにしている阪神には、あるまじき負け方だ。

このホークス戦を迎えるまで、交流戦防御率は1点台、公式戦防御率も2点台と、投手力を強調してきただけに、この負け方は納得がいかない。

特に、松中に2本塁打を浴びているなど、警戒が薄かったとしか考えられない。今日の捕手は、わざわざパ・リーグ出身の野口。野口だったら、いや、野口でなくても、松中・城島がいかに恐ろしいかわかっているはず。しかし、彼らにホームランを浴びてしまっている。今回は、バッテリーの配球や、投手の乱調が大きく影響している。

わざわざ、上に上がってきて、なぜチームの足を引っ張ってしまうのか、佐久本。橋本の代わりに上がってきたんだから、それなりにやってくれよ!ブラウンも期待されている割に2失点。勝ちパターン(藤川・橋本・江草・ジェフ・久保田)以外の投手陣の不安がまだ残る。ここがこれから阪神が乗っていくために必要な課題と思われる。

大量に点を取られはしたが、打線もなんとか奮起したところが今日の救いか。しばらく低迷していた今岡に本塁打が飛び出したり、最終回、赤星の四球出塁から3点を奪うところなど、打線のつながりは決して悪くない。まぁ、赤星が今日は完全に抑えられてしまっていたのが、初回からの猛攻撃につながらなかった理由のひとつと言えるでしょう。

このままずるずると負けるわけには行かない。せっかく昨日首位に並んだと言うのに、わずか一日で三位転落。ソフトバンクの強力打線は誰もが認めるところ。しかし、それを抑えられるだけの投手力が、阪神にはあったはずだ。

他の試合。

西武-横浜。1点リードされた6回、レオの先発投手・西口が自らのバットで2点適時打を放ち、投手リレーで逃げ切った。3-2。

中日-ロッテ。惜しいところで、竜先発の川上が完全試合を逃した。カモメのイ・スンヨプがソロ本塁打を放ち、夢を打ち砕いたが、カモメ打線の出塁はそれだけに終わった。7-1。

オリックス-ヤクルト。ツバメは1点リードの6回、代打・ユウイチの起用があたり、適時打で追加点を奪い、投手リレーで逃げ切った。1-3。

楽天-広島。コイは同点の8回、緒方の犠飛で勝ち越し、ラロッカの適時打でダメ押し。最後はベイルが抑え逃げ切った。4-6。

さぁ、日本ハム-巨人。

巨人先発はマレン。8回までは良いピッチングだったが、9回、森本・木元に連打を浴び、小笠原の適時打で1点を返されると、続くセギノールの内野ゴロの間に三塁走者が帰り、同点。その裏、建山が抑え、試合は延長にもつれ込んだ。

10回表は林が抑え、ハム無得点。そして、その裏、建山の初球のスライダーをローズが右翼スタンドへ。サヨナラホームランで、巨人に勝ちを許した。2-3。

セ・リーグはだいぶ混戦になってきた。虎よ、ここで奮起して、単独首位を狙え!!

さて、今日は、4時間目から3限連続ぶっ通しと言う死のフライデー。刑法総論は良いのだが、次の法律リテラシーが相変わらずつまらん。そして、現代法入門を受けて帰った。何か、これと言って書くことが無いのが悔しいな。そんな感じで一日が終わりました。

今日もあまり書くことが無いので、この辺で。さようなら。

P.S.今日の試合、竜の先発・川上は、完全試合は逃したが、松坂(西武)に続く、史上二人目となる一投手による先発全員からの奪三振を記録したそうな。おめでとさん。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-05-20 22:54

<< 昨日の借りは返したぜ!! 不死鳥の完全復活は近い!! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE