余裕の3タテ!!

3タテ。

まぁ、当初の予定通りに行きました。これで、貯金は4です。首位・中日との差は1になりました。

楽天の先発は、エース・岩隈。どうなるかと思いましたが、立ち上がりにアニキが先制の二塁打。これはイケる!そう思いました。

しかし、我らが先発の能見。打者一巡目は、パーフェクトに抑える見事なピッチングでしたが、二巡目に突如、崩れ、高須に四球を与えると、磯部に痛恨の逆転2ラン!!

そのあとも、飯田に追加点となる適時打を放たれ、2点差に開き、厳しくなりました。

その裏、能見の打順に、岡田監督は濱中を送りますが、失敗。結局無得点で終わってしまいました。

しかし、転機は六回裏。

関本が見逃し三振に倒れた後、シーツが岩隈の初球をレフト前に運び、アニキが二塁打でつなぎます。

そして、打点王・今岡。打球は吉岡のミットを抜け、走者一掃の同点適時打となりました。

そして、今日久々のスタメンの桧山。

岩隈が、悔やんだ真ん中低めのスライダーを見事に捕らえ、バックスクリーン右へ。勝ち越しの2ランホームラン!!

その後、パスボールから1点、赤星のラッキーな内野安打で1点を追加、一挙6点を取り、リードを取りました。

その後は、黄金の投手リレー。藤川が昨日から数えて6人連続三振で押さえ込み、ウィリアムスも難なく押さえ、最終回は久保田。

ちょっと課題が残る、1失点でしたが、まぁ逃げ切りに成功。弱いワシに3タテを食らわせました。

ヒーローはもちろん桧山。
「(お帰りなさい、と言われ)ただいま(笑)。」
「(どんな気持ちで打席に入ったのか?)前の今岡がね、同点にしたんで。僕も何とか続こうと思いました。」
「(次男の誕生にいいプレゼントになりましたね?)そうですね。いいプレゼントが出来ました。」

何はともあれ、3タテでいい波に乗ることが出来ました。このまま、竜飲して、一気にセ界制覇と行きましょう!!

他の試合。

横浜-日本ハム。ハムの最近湿っていた主砲の、小笠原・SHINJYOが目覚め、効果的な加点で、勝利。3-5。日本ハムは、交流戦初めての勝ち越し。

ヤクルト-ロッテ。カモメが沈み始めました。俊介、好投が実らず、カモメ4連敗。ヤクルトは、ラミレスの併殺の間の1点を死守して、7連勝。1-0。

広島-オリックス。史上稀に見る乱打戦。両軍あわせて42安打30得点。プロ野球記録第2位タイだそうです。オリックスは、9点リードされた5回、ブランボーの満塁本塁打を含めた8安打で猛追するも、及ばず。広島の連敗はストップ。16-14。

ソフトバンク-中日。初回、城島・カブレラの適時打で先制、2回に1点を追加。3回に1点差に詰め寄られるも、9回に城島の適時打で貴重な追加点を加えると、三瀬が完璧にシャットアウト。竜を3タテに下しました。4-2。

さぁ、巨人-西武。

おかわり中村が、先制の2ラン。その後、清水の適時打で詰め寄られるが、石井の適時打で1点を追加。先発のルーキー・涌井を盛り立てます。

ところが、涌井、疲れが出たか。ヒットと四球で、無死満塁。仁志に適時打を浴び、同点。涌井はここで降板。

その後、西武は和田の本塁打、おかわり中村の二発目で、勝ち越し。

しかし、その直後、森が粘れず、1点差に詰め寄られ、ローズが天井にぶつける飛球を打つと、ボールは三人の野手の真ん中に落ち、逆転を許してしまいました。

そして、最終回、三井が4点を巨人に与え、結局10-5、西武は連敗を喫しました。

さて、3カードが終わり、阪神が首位・中日に1ゲームに詰め寄り、ソフトバンクも首位・ロッテに1ゲームと迫りました。この後、交流戦はどのような展開になっていくのでしょうか。とても、楽しみです。

さて、今日は一日中家に引きこもっていたので、特に書くことがありません。
そういや、今日の行列、美幼女のオンパレードでしたね。特に、彩ちゃん役の子、最高に可愛かったです。
そういうわけで、今日はこの辺で。さようなら。

P.S.シェーン砲は大丈夫のようです。今日はベンチ入りしてました。今岡の1000本安打のマジックは4、甲子園で決まりそうですね。西京極で4本打ってしまえば話は別ですが…。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-05-15 23:08

<< 吼えろ!燃えろ!我らのタイガース! 3タテ目指して、まっしぐら!! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE