ポータブルスピーカーとクラプトン

つい先日、iriverメールマガジンでの「お買い得キャンペーン」の文字についつい買ってしまいました。
d0041058_3221242.jpg
iriver H10専用のポータブルスピーカーです。定価15000円が3980円とあれば買うでしょ?

iriverのHDDタイプのはコストパフォーマンスが非常に悪いんですよ。6GBで20,000円ですからね。一応、FMラジオとヴォイスレコーディングシステムがついてるんで、多少はいいとして、それでもあまりいいコストではないです。

ただ、コストと容量のアンバランスを補うくらい音がいいんですよ。SRS WOW搭載なんで、いいヘッドフォンで聞くと広がりのあるいい音がします。付属のゼンハイザーのMX400で私は聞いてるんですが、結構いい音です。

で、このポータブルスピーカーなんですが、ちっちゃい割にはなかなかいい音を奏でます。そんなに大きくて上等なオーディオシステムも置けないので、この大きさと値段なら十分すぎるくらいいい音です。あんまりエフェクターの音を上げなければギターアンプにもなるんで、結構重宝してます。あんまりやると壊れそうですが…。

最近エリック・クラプトンにはまってます。今日、エリック・クラプトンの1982年のベスト「TIME PIECES - THE BEST OF ERIC CLAPTON」が新品で1470円の10%引きだったんで、バイト先の駅の近くのタワーレコードで買っちゃいました。

いやぁ、洋楽なんて全然聴く気なかったし、興味もなかったんですが、良いですね、クラプトン。

「TIME PIECES」は82年以前のエレキを操り「スローハンド」だの「エレキの神」だのと言った異名を恣にしてたころの作品が収録されてるんですが、本当に凄い。あんなプレイが出来るようになりたいもんです。

特に、彼の有名な「Layla(いとしのレイラ)」は神です。本当に。世間の評判以上に私は感銘と言うか衝撃を受けました。前半はとにかく情熱的にエレキプレイで興奮させ、後半はピアノで少しなだめなつつも、ハイレベルなエレキプレイで魅了してきます。

そんなエレキの神なクラプトンですが、個人的には最近のアンプラグドでAORな感じのクラプトンの方が好きです。自分がアコギ奏者と言うのもありますが、アコギでよくもまぁ、こんなにテクニカルに弾けるものだな、と。さらに甘いハスキーヴォイスで歌うんですから、魅了されてしまいます。特に、「TEARS IN HEAVEN」なんかは本当に神です。

ま、長くなるのもアレなんで今日はこの辺で。
[PR]

  by crazytigersfan | 2006-09-22 23:20

<< 北朝鮮、核実験強行! 天王山を終えて… >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE