期間前試験開始!

こんにちは。みなさま、お元気でお過ごしでしょうか。

さて、今日(7月10日)から大学の期間前試験が始まりました。

私の履修している授業では、中級中国語Bと言う授業が今日試験を行いました。

この授業ってのが、楽と言うか何と言うか。まず、教科書を先生の後について読む。その後、2人1組になって練習・暗記して、先生に発表する。と、言ういたって作業要素の強い授業なのです。文法とかそういうモノは一切触れず、ひたすら発音を極めていくと言う感じです。

それと言うのも、先生がハルビン(中国語の発音が最も美しいと言われる)出身なもので、発音に対して異常にこだわるんですよ。発表のときは、少しでも発音が悪いと正されます。

そんな授業の試験、何をしたかと言うと、

「授業範囲(第1課~第10課)までの例文(50の対話文)からランダムで疑問文を1種類出すので、それの解答文を答えろ」

と言うものでした。50種類の対話文ということは、文自体は50×2で100個。これをくまなく憶えないといけないわけです。

しかも、この試験の辛いところは一発勝負であるということです。

学生は、その質問に答えられなければ、不合格になるのです。一応、1回目ダメでも2回目正解すれば合格にしてもらえますが、半年分の授業の評価がたった1つの文章に答えられるかどうか、と言うことなので、非常に緊張しました。100点か0点ですからね、評価は。

で、私はどうだったかと言うと…。

質問は「你是几年生日吗?」というモノでした。日本語では、「あなたの誕生年はいつですか?」ということなんですが、コレを耳で聞いただけでは分からなくて焦りました。

一応時間稼ぎに先生に「もう一度お願いします」と質問文を読ませておいて、ひたすら考えました。とりあえず、なんか言わないとマズいので、「你是~?」に対する答えなら「我是~」で答えとけば間違いないと思い、「我是…我是…」とつぶやきながらさらに時間稼ぎ。

そして、1分近く経ったところで、急にひらめきました。

「そうか、コレは誕生年を聞いとるのでは?」

ダメモトで「我是一九八七年生的。」と答えると、OKの言葉が。マジでホッとしましたね、このときは。試験終わったらそのまま帰宅してよいとのことだったので、そのまま帰宅しました。まだ17時をちょっとまわったところだったので、家に18時前についちゃいました。

やっぱり、試験と言うのは題数出して欲しいですね。特に記憶系の出題のときは。

とりあえず、一つ試験は終わりました。しかし、今週だけで、あと2つ試験がある上、これから法律科目の試験も入ってくるので、ちゃんと勉強しないと…。(今日の試験対策はほとんどやらなかったので、反省…。)

それじゃ、大学生のみなさん、お互いに試験頑張っていきましょう!それでは今日はこの辺で。
[PR]

  by crazytigersfan | 2006-07-10 23:26

<< 2つ目の試験が終わりました。 オールスターの選出選手にガッカリ。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE