銀の旋律、記憶の水音。

8日ぶりの更新です。

さて、去る4月19日に田村ゆかりさんの5枚目のオリジナルアルバム、「銀の旋律、記憶の水音。」が発売されました。ゆかりんファンのみなさん、もうご購入になりましたか?

かく言う私は発売日の1日前、4月18日に新宿のゲーマーズで購入しました。
d0041058_23141325.jpg

初回限定盤と言うことで、ジャケットはデジブック仕様。ゲーマーズは購入特典に生写真が2枚ついてきました。
d0041058_23154084.jpg
d0041058_23155580.jpg

もう30歳になられたというのに、素敵な身体です。上の写真の素足の綺麗さはヤバいですね。鼻血が出そうですよw

内容はモチロン素晴らしかったですよ。とりあえずレビューしてみます。

・Over ture ~bloom~…前奏曲と言うことで、ゆかりんの声を幾重にも重ねたゴスペル形式で無歌詞のア・カペラナンバー。綺麗な声が生きる心地よい曲です。

・デイジー・ブルー…文化放送「田村ゆかりのいたずら黒ウサギ」OP曲。サビの歌詞がすごく切ないです。ゆかりんお得意の明るいポップ・メロディーにちょっと切ない歌詞を載せたラブ・ポップ。綺麗な声がメロディーにマッチしてます。

・エアシューター…2曲目と雰囲気の似たポップナンバー。歌詞はもどかしい恋心を歌った綺麗な詩。サビの「あぁ届いてよ エアシューター」のところが情感溢れていてとても良いです。

・恋せよ女の子…TVアニメ「極上生徒会」OP曲。8th シングルのタイトル曲。ノリの良い明るいナンバーで、個人的には好きな曲なんですが、このアルバムのアダルティーな雰囲気とはミス・マッチな気がします。

・宵待ちの花…しっとりしたラブ・バラード。ピアノのバッキングと、時折聴こえるクリーントーンのギターのメロディーがとても綺麗です。このアルバムの中で、一番好きな曲かも。あと、なぜかこの曲を聞いてると、サザンのTSUNAMIを思い出します。コード進行とか編曲とか全然似てないんですけどね。

・Interude ~Aqua~…アルバムの間合いを整える、無歌詞のア・カペラナンバー。ここでも綺麗な声が生きています。

・Amazing Kiss…アダルティーな雰囲気ながら、ノリの良さも持ったナンバー。2ndシングルの「Love Parade」をアダルティーに仕立てた感じです。ライブの定番になりそう。

・Black Cherry…中森明菜を意識した(?)ようなナンバー。3rdアルバムの「きらら時間旅行」を70~80年代風に仕立てた感じ。高音のブラスとハモンドオルガン+ギターソロの間奏が良い感じです。

・月のメロディー…聞いていて広がりを感じるナンバー。このアルバムで、ゆかりんの綺麗で甘い声のハモリがもっとも生きてるナンバーだと思います。ピアノメインのバッキングに絡んでいるストリングスも良い感じです。

・Cursed Lily…アコギのアルペジオのイントロから、2本のアコギのストロークで始まり、クリーントーンのエレキのバッキング→サビからディストーションギター登場と、かなりJ-Popっぽい作りのナンバー。Do As Infinityっぽいです。でも、こういうタイプの曲好きです。聞くよりも演奏したいですね。

・Interude ~aria~…アルバムの間合いを整える、無歌詞のア・カペラナンバー。アルバム後半へ向かって一息つくって感じです。このアルバムは、こういう間合いの取り方がすごく良いです。

・POWDER RAINBOW…アコギのアルペジオが生々しくって良いです。フレットを移動するときの特有のあの「キュッ」と言う音が臨場感と言うか、打ち込みの多いゆかりんの曲で、人間っぽさを表現している感じがします。「I fly…」のゆかりんの声がとても綺麗です。

・Spiritual Garden…TVアニメ「魔法少女リリカルなのはA's」ED曲。9th シングルのタイトル曲。とにかくこの曲はベースラインが凄い!ここまでベースを強調する曲はないですね。間違いなくこの曲の主楽器はベースです。それに被さる生ストリングスの音も心地良いです。

・fancy baby doll…キュートなハイ・テンションナンバー。ロックバンドっぽい歪んだギター・サウンドを中心としたノリの良さがとにかく良いです。ちょっと照れくさい歌詞がかえってゆかりんの甘い声を引き立ててる感じがします。間違いなく、次のライブのラスト・ナンバーを飾るでしょう。

・優しい夜に。…文化放送「田村ゆかりのいたずら黒ウサギ」ED曲。珍しい3拍子のナンバー。バスドラムの拍子が凄く心地いいです。こんなにドラムが心地いいのも珍しいです。アルバムラストを飾るにふさわしいバラードだと思います。

全体的にアダルティーな感じのするアルバムでした。バラして聞くより、アルバムの曲順どおり聞く方が一曲一曲の味が染み出るような気がします。

曲のアダルティーな雰囲気に対して、ジャケットやブックレット内の写真の可愛いらしいこと!30歳になったとは思えないですね。とにかく綺麗。最後のほうの猫耳+ピンクドレスも普段なら失笑するところですが、今回は素直に受け入れられましたね。

まぁ、機会があったら聞いてみてください。音楽的に素晴らしいアルバムだと思います。


さて、話題を変えましょう。

去る4月22日、我がサークルの新入生顔合わせがありました。

思った以上に1年生が来てくれました。良かった良かった。これで、今年も安泰です。ただ、気になる点が2点。

①ドラマーがいない。

現時点で入部してくれた新入生(2年生からの新規入部も含む)の中に、ドラマー志望が一人もいないのです。我々の代でも2人しかいないので、このドラマー不足は深刻です。

②法学部が多い!

100人以上は2年生より多いとは聞いていましたが、これほどまでに法学部の人が多くなるとは!我々の代は私を含めてたった2人だというのに…。まぁ、別に法学部の人が多いからどうってことはないんですけど、教養科目とかで、結構見かけたりするんですよね…。今日も2人見かけたし…。ま、別にいいんですけどね。

そんな感じです。6月には彼らのデビューライブが行われます。我々2年生は1年生の意向を聞いたたバンドを組むわけです。今回は私は何のバンドを組むことになるんでしょう。楽しみでもあり不安でもありってとこです。

今日のところはこのへんで。ではでは。
[PR]

  by crazytigersfan | 2006-04-25 23:06

<< 劇的ビフォーアフター! 新歓ライブ終了。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE