練習試合 ~vsサムスンライオンズ~

今日は韓国の球団で、昨年のアジアシリーズ準優勝のサムスンライオンズと、阪神タイガースの練習試合が、恩納村赤間ボールパークにて行われました。

韓国の選手は全く知らないので、阪神のことだけ触れさせていただきます。

(先攻) 阪神タイガース

1(ニ) 藤本
2(中) 上坂
3(遊) 鳥谷
4(右) 濱中 打点つき遊ゴロ犠飛
5(左) 林
6(捕)指 浅井
7(一) 喜田
8(指)捕 岡崎
  捕 狩野
9(三) 前田(忠) 適時打
  打三 秀太

投手:江草-相木-桟原-筒井(和)

今日は、とにかく投手陣のデキが良かったです。

江草は直球主体の投球で、サムスン打線を翻弄。相木はアンダースローに近い動作から生まれる高めの直球が効果的に決まりました。

桟原は150キロ近い直球とカーブを織り交ぜた緩急ピッチングでサムスンを手玉に取り、筒井も直球をバシバシ投げ込んで押さえつけました。

終わってみれば、2安打完封リレー。この辺の投手陣が一軍に食い込んでくると、本当に阪神投手陣の層は厚くなります。

一方の打線は、見知らぬ相手に戸惑い気味。

しかし、初回には上坂・鳥谷の連打のあと、濱中がショートゴロを放ち、この間に1点を獲って、先制。

2回には、岡崎がヒットで出塁し、ボークで二進し、チャンスを作りました。そこで前田がセンターへ適時打を放ち、追加点を挙げました。

その後は、ヒットがチョコチョコと出るものの得点には結びつきませんでした。

8回、先頭の鳥谷が一塁線を破る三塁打で出塁。濱中がきっちり犠飛を打ち上げて3点目。

スコア

T 110 000 010 3
L 000 000 000 0

勝利投手:相木
ホールド:桟原
セーブ:筒井(和)

昨日ほどの得点力は見られませんでしたが、肝心のところできっちりと得点できているところはさすがです。

ただ、濱中選手が疲れなのか、気負いすぎなのか、ちょっとバットをブンブン振り回しすぎな気がします。ボールが見えてません。この辺が彼の課題なんでしょうね。

昨日死球を受けた関本は、大事を取って欠場のようです。今日は林が死球を受けてました…。本当に、練習試合での死球は勘弁して欲しいですね…。

何はともあれ、2連勝です。勝ち負けはあまり関係ないと言いますが、勝ったらやっぱり嬉しいですよね。この調子でシーズンも勝ち進んで欲しいです。

明日はキャンプは休日です。明後日からの第4クールは5勤になって、19日には打ち上げ、と言う形です。

それでは今日はこの辺で。
[PR]

  by crazytigersfan | 2006-02-13 23:06

<< 練習試合が2試合行われました。 練習試合 ~vs北海道日本ハム... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE