今日は休みです。

今日は、キャンプの休日です。鳥谷や濱中、藤本など中堅~若手の選手は休日返上で練習をしていましたが、全体的には、今日は休みの日です。

と、言うわけで、今日は正田コーチのインタビューを載せたいと思います。

Q:キャンプ始まってどうですか?
正田:そうですね、あの…。自主トレもみんなキチっと選手達(が)やってきてくれてるのでね。あの、順調には来てると思うんですけど。でもちょっとベテランがね…。仕上がりがちょっと早いかなってくらい出来すぎてるんで。そのへんちょっとブレーキかけながら…。故障されたら何にもならないんでね、ハイ。

Q:順調すぎて怖いですよね。
正田:そうですね。去年の…どうでしょう…。第3クールくらいの感じで仕上がってるんじゃないですかね、初日から。だから、やっぱりそう言う…何て言うんですかね…。決意っていうんですかね。やっぱり、どうしても今年も優勝狙うんだって言うね、やっぱりベテランがそういう気持ちでチームを引っ張ってくれてるんで、若い選手も自ずとペース(が)上がりますよね、ハイ。

Q:就任1年目での優勝でしたが?
正田:やっぱりあの…まぁ、シーズンは確かに苦しかったですけどもね。やっぱりでも選手達を信じてやってきた結果がああ言う形で結びついて、本当に選手達に感謝してますし、あのぉ…いい素材の選手もたくさんいますんでね、まだ若い選手の中で。だから、今年やっぱり…もう1年やっぱりその優勝目指すためには、若い力の底上げって言うのが絶対、必要不可欠ですから。その辺はやっぱり徹底的にね、この沖縄で鍛え上げたいと思ってますけど、ハイ。

Q:このキャンプの最大のテーマは「若い力」の底上げって言うことですか?
正田:そうですね…やっぱりもう…金本、今岡、矢野、ベテランの桧山とか、両外人(シーツ・スペンサー)に片岡ですかね。その辺はもう調整は任せてますけど、それ以下の選手ですよね。それ以下の選手が去年以上の成績を残してくれないとなかなか…。他チームも補強してますしね。なかなか…厳しい戦いになるのは覚悟ですけど、以下の選手が昨年以上の成績を残してくれればね。勝負になると思ってますんで。

Q:打撃コーチとして、このキャンプで何を強化していきたいですか?
正田:やっぱりその個々の…監督も言われているように、選手個々のレベルアップですよね。まぁ、これが一番大きな目標なんですけども、やはりその適性に合ったですね…じゃ、誰をどの打順にはめこむかって言うのも、やっぱりこれも、キャンプからずっとあの…追ってかなないといけない大事なことですから。ウチの場合はやっぱり「甲子園」って言う広い…あの球場ですしね、やっぱりなかなかそのホームランでの得点って言うのはねぇ…やっぱりちょっと、限られてきますんで。やはり去年同様の、つないでいく打線を完成させないと。だから…打率が低くても、野球って言うのはやっぱり得点のゲームですから、だから、やっぱり1点でも多くゲームで取れる打線をですね…つながりの良い打線を作っていかないと、なかなかやっぱり、シーズン乗り切れないですからね。

Q:走者のいるときの打率が高いと言うのを目指す?
正田:そうですね。だからやっぱりそれは、個々の選手の勝負強さとかそういうのが現れてくると思うんですけどね、ハイ。

Q:藤本選手の指導について。
正田:そうですね、やっぱりどうしても上体で振ってしまいますから。あのぉ、何て言うんですかね…あの、難しくなりますけど、ここからここまでで、バットこう…を体の中を抜いてくるようなことを今教えてるんですけど、そういうことを教えるために、やっぱり下半身の自由をですね、奪ってあげれば、上体でしか振れませんよね。イスに座らせることによって、体(が)まわんないですよね。だから、体がイスに座ってる状態でここに来た球を打とうと思ったら、どうしても手で打たなくてはいけない。そういう…その、使い方を憶えてもらいたいんですよね。

Q:藤本選手も教えを実践しようと頑張っていますね。
正田:一生懸命取り組んでくれていますけど、まだまだ僕からしたら。まだ、今日5日目ですし、沖縄のキャンプ終わるくらいに何とか形になってくれれば十分に間に合うんで。ただやっぱり、彼の場合はやっぱり関本とあの…赤松君と…それと、ね。藤本と。3人のなかでのレギュラー争いですから。だからどうしても打力の方でいけば、やっぱりちょっと関本の方が一歩上に言ってるような…僕は、今…現時点でですよ。気がするんで、やっぱり関本くらい、あの…関本に、一歩でも二歩でも近づけるようにね。やっぱり、高いレベルでセカンドのポジション争いしてもらいたいな、と言う気持ちですから、ハイ。

Q:ファームで首位打者とった赤松選手はどうですか?
正田:いや、確かにあの…その何て言うんですか、瞬発力とか、その…持ってる能力と言うのはすごくあの良いもの持ってると思いますね。ただやっぱりその…自分の筋力とかね。そういうのをまだバッティングに僕は生かしきれてないなと、言う気持ちでいるんですけれども。ただ、去年ファームでそこそこ…3割6分くらい打ったんでしょ。だからそんなに大きくはいじりたくないんですよね。ただその、基本的な動作だけ教えてあげて、バッティングって言うのはこういうもんだよ、って言うのが分かってもらえば、それでいいかなと言うような…ハイ。

Q:キャンプ中盤から後半にかけて、さらに若手のレベルアップを図っていくと?
正田:そうですね、まぁ、若手のレベルアップもそうですし、鳥谷にしても赤星にしても、やっぱり課題を持ってね。課題を与えて、やっぱりあの…練習しないと。やっぱり長い1ヶ月間ですから。だから、自分はこのキャンプ、ここを克服するんだと、ここを徹底的にやり抜くんだ、というね個人の課題を持ってますから。やっぱりそれを与えてあげて、あの日ごろの練習からそういう風な形で取り組ませるって言うのが大きな目標ですから、ハイ。

Q:正田コーチの体調はいかがですか?
正田:やっぱり5勤はキツいですね(笑)。明日も休みたいんですけどね。やっぱりあの(若手が)練習来ますんでね、なかなか…。まぁ、コーチってそんなもんですけども。投げて、そうして、1つでも2つでも分かってくれて、ゲームで打ってくれたらそれで十分なので。ハイ。身を粉にして頑張りたいと思います(笑)。

Q:我々ファンは若手の成長を期待してもいいですか?
正田:楽しみにしてもらいたいと思います。

ここまで書いたら疲れました…。まだまだ選手のインタビューとかのストックはあるのですが、明日以降に持ち越させてください。

では、また明日。
[PR]

  by crazytigersfan | 2006-02-06 23:20

<< 第2クール突入! 第1クール終了。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE