千葉ロッテマリーンズ、初代アジアチャンピオン獲得!!

ついに、アジアシリーズも終幕を迎えました。

決勝戦は、千葉ロッテマリーンズ(NPB)-サムスンライオンズ(KBO)。

先発は、世界一低いところからボールの出る15勝アンダースロー・渡辺俊と、投げるヨン様こと、韓国「BIG3」の1人、ぺ・ヨンス。

今日も試合は初回から動いた。

渡辺俊は、立ち上がり連打を浴び、ピンチを作るが、後続を断ち、無失点に抑えた。

一方のマリンガン打線も、先頭のに西岡が二塁打で出塁。続く今江は死球で、無死一、二塁のチャンスを作る。

李承燁が三振の後、サブローは四球を選び、一死満塁の大チャンス。迎える打者は、5番のフランコ。

0-2から外角高めの直球をレフト方向へ打ち上げた。犠飛には十分の距離で、西岡が生還し、ロッテが1点を先制した。

しかし、後が続かず、1点どまり。もどかしい攻撃となった。

3回表、サムスンは一死から2番のカン・ドンウがセンター前へヒット。続く3番のヤン・ジュンヒョクの進塁打で二死二塁。この場面で4番のキム・ハンスが1-2から直球を流し打ち。打球はライト前へ落ちる適時打となり、サムスンが同点に追いついた。

ロッテはその裏。先頭の今江のヒットから二死後、フランコがライトフェンス直撃の二塁打を放ち、二死ニ、三塁。(普段は俊足の今江だったが、足を痛めたらしく、三塁どまり)

そして、アジアシリーズ絶好調のベニー。

初球の内角の直球を引っ張り、三遊間を抜く適時打。
d0041058_239231.jpg
二者生還で2点の勝ち越しに成功した。

さらに4回裏には二死一塁から、今江に代わって出場した渡辺正がレフトスタンドに追加点となる2点本塁打を叩き込み、リードを4点として、試合を有利に進めた。

一方の渡辺は走者を背負いながらも得点を許さぬ投球で6回を投げきった。

7回は藤田が三者凡退に、8回は藪田が1安打許すも得点を許さず、残すイニングは9回のみとなった。

「…ピッチャー、藪田に代わりまして小林雅英。ピッチャーは小林。背番号30。」

大歓声と共に、シュラバを幾多潜り抜けてきたロッテの守護神がマウンドに上がった。

劇場王らしく、今日も一死後から連打で1点を返され、二死を取った後も4番のキム・ハンスに適時打を放たれ2点差に詰め寄られる。

しかし、最後は5番のキム・デイクを三振に打ちとって、ゲームセット。この瞬間、千葉ロッテマリーンズが、初代アジアチャンピオンに輝いた。

バレンタイン監督:「ファンの前で胴上げができて最高の気分。アジアの王者になって、心から誇りに思う。選手たちがいいプレーをした。コーチたちもいいプレーをした。全員で勝ち得た勝利。ロッテのファンのみなさんが一番です。(日本語で)」

ベニー(アジアシリーズMVP):「ファンのために一生懸命がんばった。日本代表としてこのゲームは何として勝とうと思った。ファンのみなさん、ありがとうございました。千葉ロッテマーリンズ!!(日本語で)」

千葉ロッテマリーンズはこれで

・交流戦優勝
・パ・リーグ制覇
・日本チャンピオン
・アジアチャンピオン
・ファーム日本一

と5タイトルを獲得。今年は圧倒的な強さを見せ付けました。よく、戦いました。おめでとうございます!

しかし、来季は我が阪神タイガースがアジアチャンピオンを獲得できると信じます。頑張れ、阪神タイガース!

今日はこの辺で。

P.S.井川について、星野仙一SDが自信のHPにて、「行かせてやればいいんじゃないのか。選手の精神衛生に悪い。」と発言。井川に厳しいことを仰っているようです。私も全く同感です。詳しくはココ
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-11-13 23:08

<< マナーを守ろう! ロッテ、チャイナに辛勝。3連勝... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE