今岡、土壇場で殊勲の一振り!マジックは3に!

ハラハラさせられましたが、打点王の一撃で、試合をモノにしました。

今日の先発は、前回竜に、屈辱のKO負けを喫した杉山と、ルーキーの大島。

両投手とも、序盤から調子は決して良くなかった。

しかし、要所で併殺を決めたり、連続三振を奪ったりで、なかなか得点を許さず、息詰まる投手戦になっていた。

そして、試合は6回裏に動いた。

6回表に一死満塁のチャンスをモノに出来なかった阪神。これに反してコイは、一死から新井・前田の連打でチャンスを作り、栗原が四球を選び、一死満塁。阪神と同じ状況を作り出し、打者は森笠。

インコース気味の高めのスライダーを振りぬいた。打球はライトの頭上を越え、新井と前田が一挙に生還。息詰まる投手戦は、コイが先制した。

しかし杉山は、最後の一踏ん張りと言わんばかりに倉と代打・浅井を打ち取り、追加点は許さなかった。

試合が動いたことで、阪神の打線にも当たりが出だした。

ラッキーセブンの攻撃。マウンドには、コイのセットアッパー・永川が登っていた。

先頭の藤本がヒットで出塁。代打・片岡は内野フライに倒れ、一死となったところで赤星が四球を選び、鳥谷が詰まりながらも、ショートとセンターの間に落ちるヒットで一死満塁。そして、関本に代打が送られた。

打者は桧山。後半戦上り調子のベテランは、今日も決めてくれた。1-2からの真ん中のフォークを一塁方向へ。強い当たりで、真正面に飛んだが、これを新井がグラブに当てて大きく逸らし、その間に藤本と赤星が生還。適時失策で同点に追いついた。

なおも一死一、三塁で、この3連戦調子の上がらないアニキ。2-1と追い込まれた後の、ボール球のフォークにバットを当てた。二塁手・松本の正面に飛んだが、松本はバックホームをせず併殺を取りに行った。しかし、アニキの全力疾走が活きて併殺崩れ。その間に鳥谷が生還して、勝ち越した。

1点リードと来ればもうJFKの投入に決まっている。

2番手はジェフがマウンドに登った。

しかし、今日のジェフはピリッとしなかった。松本こそ三振に切ったが、山崎にヒット、嶋に二塁打と連打を浴びると、新井には四球。一死満塁となる苦しいマウンドになった。

それでも前田は三振に抑え、右打者・栗原を迎えるところで3番手・藤川にバトンタッチした。

藤川は、福間納(阪神)に並ぶ、77試合目の登板となった。

そして、得意の直球で栗原を三振にしとめて、満塁のピンチを脱した。

ところが、今日は藤川の調子も良くなかった。8回のマウンドにも登ったが、森笠にいきなりヒットを許すと、一死となった後、代打の野村に二塁打を浴び、一死二、三塁のピンチを作ってしまう。

そして、松本の打席。1-1からの3球目のフォークが暴投になり、走者が一つづつ進塁して同点に追いつかれてしまい、しかも、ボールをつかんだ藤川が、焦りからか、ホームに送球。しかし、矢野は送球されるとは考えていなかったため、捕球体勢に入っておらず、悪送球に。これで野村も生還。まさかの勝ち越しを許してしまった。

しかし、ドラマは9回に待っていた。

マウンドには、コイの守護神・ベイル。

しかし、先頭の赤星がファールで粘り、結局四球で出塁。鳥谷が犠打を決めて走者を得点圏へ。そして、代打・濱中が起用され、四球を選び、一死一、二塁の好機でアニキ。

が、どうもこの3連戦のアニキの調子はすこぶる悪く、ボール球のスライダーを引っ掛け、併殺コースへ。

万事休す。

そう思ったが、ここでもアニキの俊足が活きて、二死一、三塁と望みをつないだ。

そして、今岡。

今日はここまで無安打だった。そして、この打席も初球をファール、2球目を見逃しボール。3球目の直球を振って空振りでカウント2-1となった。

今度こそ万事休す。

コイ党の「あと一球コール」の中、4球目の直球はファールとし、5球目の直球に手を出した。

ボール球だった。

しかし、今岡にボールもストライクも関係ない。「狙っていた」と言う、打った瞬間にそれとわかる大きな当たりが黄色一色に染まったレフトスタンドへ突き刺さった。
d0041058_2285611.jpg

今季第28号は、貴重な逆転の3ランとなった。

ベンチでは岡田監督が拳を突き上げ大はしゃぎ。それほどまでに意味のある一発だった。

そして、最後は久保田。前の二人がピリッとしなかったが、久保田はスライダーにキレがあり、栗原にヒットを許しただけで、得点は許さず。きっちりと抑えきり、2点のリードを守りきった。

これで4連勝。マジックを一つ減らし、3とした。もう、甲子園での胴上げは秒読み段階に入った。

他の試合。

セ・リーグ。

巨人-中日。上原-山井の先発。竜が投手戦を制し3連勝。6回、福留の27号2ランで先制し、8回にウッズの適時打で加点。先発の山井が8回を無失点に抑える好投で3勝目。岩瀬が42セーブ目。巨人は力投の上原を打線が援護できず、球団のシーズン最多敗戦に並ぶ76敗目を喫した。0-3。

横浜-ヤクルト。吉見-藤井の先発。ハマは3年連続最下位からの脱出が確定した。ツバメと入れ替わり、3位に浮上した。3回に佐伯が先制打。さらに満塁から種田の2点適時打などで計4点を奪った。吉見は7回1失点で4勝目。ツバメは藤井が乱調で2年ぶり6連敗。4-1。


パ・リーグ。

ロッテ-楽天。加藤-岩隈の先発。カモメが逆転勝ち。2点を追う7回、フランコの遊ゴロと里崎の左中間二塁打で同点。8回二死満塁から、フランコの右翼線二塁打などで4点を挙げた。7回に登板した小野がチーム6人目の10勝目。ワシは救援陣が踏ん張り切れなかった。11-8。

ソフトバンク-西武。斉藤-松坂のエース対決。タカが2年ぶりにレオに勝ち越し、単独1位を決めた。4回に松中の45号2ランで先制し、その後も松中や森本の適時打で2点を加えた。斉藤は9回二死まで2失点で16勝目を挙げ、レオの松坂は13敗目を喫した。4-2。

日本ハム-オリックス。立石-スチュワートの先発。ハムが効率よく得点し、4連勝。一回、2死一塁から田中幸の二塁打で先制。四回には森本の7号3ランなどで5点を加えた。立石は今季5勝目。猛牛はブランボーの19号ソロのみに終わり、4連敗で借金が今季最多タイの8になった。 6-2


JFKのJFが今日は崩れてしまいましたが、今岡の貴重な3ランで何とか救われました。巨人があまりに弱くて、中日に3タテを許してしまったため、今日もマジックは一つしか減りませんでした。まぁ、マジックは勝っていけばどんどん減っていくものですけど、竜がもう少し負けていてくれると、甲子園で優勝が決まることがはっきりしたんですけれど…。まぁ、そのへんは明後日からの竜の相手の横浜に期待しましょう。

田尾監督が今季限りで解任されるようですね。やはり、シーズン95敗の責任を取らざるを得ないと言うことなのでしょうか。
d0041058_2292550.jpg
決して、田尾采配が悪かったわけではないのですが…。しかし、数字が出た以上は仕方ありませんね。後任には社会人野球・シダックスのGM兼監督の野村克也氏(70)や、巨人OBで野球評論家の広岡達朗氏(73)や森祇晶氏(68)らの名前が取りだたされているようです。

また、オリックスの仰木監督も今季限りで勇退されるそうです。体調面を考慮してのことだとか。後任には、現・広島ヘッドコーチの三村敏之氏(57)が最有力の模様です。

さて、下位チームの監督の去就問題がピックアップされる中、パ・リーグのAクラスは順位が確定しました。

1位:福岡ソフトバンクホークス
2位:千葉ロッテマリーンズ
3位:西武ライオンズ

と、こういう形になりました。ソフトバンクが今日勝利したため、ロッテの同率首位が無くなり、プレーオフ第1ステージの開催が決定しました。よって、西武はプレーオフに参加できることとなりました。

今年の阪神と日本シリーズで当たるのはどこなんでしょうか?楽しみですね。


今日は11時に吉祥寺集合で(○ε○)氏と白骨氏とギャザをしに行きました。

私は寝坊したので、少し遅刻して行って2時間くらいプレイしていると、デュエル・マスターズの大会があるとかで、対戦スペースの明け渡しを要求されてしまい、やむなく退散しました。

その後は、少しだけ白骨氏と吉祥寺を徘徊して帰宅。途中からになりましたが、野球中継を見ました。

と、そんな一日でした。

明日は1限からだ…。ダルい…。しかしウダウダ言っていても仕方ないので気合を入れて授業に行ってきます。それでは、また明日。

P.S.ロッテの2桁勝利の投手が6人となり、プロ野球記録タイとなりました。

 ロッテは25日、小野投手が楽天最終戦(フルスタ宮城)で10勝目をマークし、南海が1956年と63年に2度記録している2けた投手6人のプロ野球記録に並んだ。
 毎日時代の56年以来、49年ぶりに84勝を挙げているロッテは15勝の渡辺俊を筆頭に、12勝の小林宏、11勝のセラフィニ、清水と久保がともに10勝と5投手が2けた勝利をマークしていた。 小野は同点の7回に4番手で救援登板し、1イニングを0点に抑えた。打線が8回に勝ち越して勝利投手となった。(共同通信)


これは、今年のロッテの先発投手陣の安定具合を示していますね。やはり、ルーキーの久保が10勝を挙げたのが大きいですね。

大相撲は今日が千秋楽。優勝争いをしている琴欧州は千代大海を寄り切りで下し、朝青龍は栃東を押し倒しで下したため、優勝決定戦が行われました。

白熱の取り組みの末、朝青龍が琴欧州を寄り切りで下して、
d0041058_22101596.jpg
6場所連続の優勝を決めました。
d0041058_22103484.jpg
38年ぶりの6場所連覇となりました。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-09-25 22:06

<< 優勝目前、気分はソワソワ。 藤本攻守で大活躍!能見も好投で... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE