杉山2回持たずKO!最後の首位攻防戦の第1ラウンドは惨敗!

惨敗と言う言葉がしっくりくる負け方でした。

今日は何せ杉山が悪すぎました。ボールが高く浮き、直球のキレは無く、変化球は甘く入り、ととにかく酷いものでした。

先発は、プロ初先発の佐藤と杉山だった。

初回、荒木を三振しとめたときは、今日はイケるんじゃないの?と思ったが、続く井端に二塁打。さらに、福留にあっさりとライトへ適時打を放たれ、先制を許してしまう。

そして、2回。森野にヒットを許し、不振の立浪。

直球をいとも簡単に左中間に運ばれ、
d0041058_22455529.jpg
追加点を許し、一気に歯車がおかしくなった。

谷繁には浮いたスライダーを強打され、つづく佐藤には簡単に犠打を許してしまい、一死二、三塁のピンチを作ってしまう。

そして、荒木にも浮いたスライダーを狙われ、適時打とされ、3点差に。井端には死球を与え、一死満塁。そして、福留。

またしてもスライダーを狙われた。真ん中に入るボールだった。

これで走者が一人生還し、この回3点目。ウッズには直球を狙われ、二者生還。この回、一挙に6点を奪われ、杉山はKO。
d0041058_22312959.jpg

2番手は、“SHE”の江草が登板した。

江草は杉山の残した走者を返させず、ピンチを切り抜けると、3回・4回は無失点。5回に荒木に適時打を許すも、3回2/3を1失点と、まずまずのリリーフを見せた。

しかし、今日は先発KOの影響もあり、打線が全く打てず。

唯一の得点は、5回の、代打・林のヒットから生まれたチャンスでの赤星の適時打・鳥谷の犠飛の2点のみ。他のイニングは走者を出しても続かない、と言う最悪のパターンだった。

6回・7回は橋本が2イニングを無失点で抑えたが、8回に登板した桟原は

福留のヒット→ウッズの二塁打→代打・高橋光の犠飛→森野のヒット→立浪の適時打→谷繁の四球→英智の適時打→荒木の犠飛→井端のショートゴロ

と、凡打はわずかに、井端の内野ゴロのみという、目も当てられぬ内容で4失点。9回は何とかゼロに抑えたが、終わってみれば12-2。10点の大差を付けられた、悲惨なゲームとなった。


他の試合。

セ・リーグ。

ヤクルト-巨人。松岡-桑田の先発。巨人が逆転勝ちし、連敗を5で止めた。1点を追う8回二死二塁で高橋由が右へ14号2ラン。3番手の林がリードを守った。ツバメは同点の8回、リグスの適時打で一度は勝ち越したが、その直後に初勝利目前の松岡が手痛い一発を浴びた。3-4。

広島-横浜。大竹-斎藤の先発。ハマが打撃戦を制し今季初の6連勝。1回に押し出しと村田の適時打で3点を先制。2回には8連続安打などで7点。6回は多村の29号と小池の17号などで5点を奪った。斎藤隆が2勝目。広島は9点を返すも序盤の失点が大き過ぎた。9-15。

パ・リーグ。

西武-日本ハム。松坂-リーの先発。レオの松坂が3安打、10奪三振で今季3度目の完封勝利を挙げ、14勝目をマークした。打線は2回に佐藤の犠飛で先制。3回にフェルナンデス(25号)、6回に和田(27号)のソロ本塁打でリードを広げた。ハムは西武に4連敗となった。3-0。

ソフトバンク-ロッテ。斉藤-小林宏の先発。カモメが逆転勝利で71年以来の80勝に到達した。4回に李承燁の29号2ランなどで1点差に追い上げ、5回にフランコの中前打で同点。6回に福浦の右前打などで3点を勝ち越した。
d0041058_22461993.jpg
タカは中盤以降、好機で決定打が出なかった。5-9。

楽天-オリックス。岩隈-川越の先発。猛牛は1点を追う9回2死満塁、村松が右越えに決勝の二塁打を放った。3点のリードを守れず、9回に暴投で勝ち越された直後のサヨナラ劇だった。3位西武とは1ゲーム差をキープ。ワシは最後の最後に岩隈が打たれ7連敗。4-5。


今日は悔しい惨敗に終わりましたが、今日の試合で阪神の悪い部分を出し切ってしまった、つまり、膿を出してしまったと考えれば気は滅入りません。まだゲーム差は7.5もあるわけですし、今月の頭のように、切羽詰ったペナント状況なワケではないので、あせらず一つ一つ勝っていけばいいんです。


そういえば、6ヶ国協議で北朝鮮が、核の一切の放棄を認めましたね。

良かった良かった。まず一つ、世界の抱える一つの大事な問題が解決への第一歩を踏み出しました。ただ、飽くまで第一歩なので、これからも協議を続け、北朝鮮の国民を救えるように努力して言ってもらいたいですね。


阪神が、今季限りで巨人を退団することが濃厚なタフィ・ローズ外野手(37)を獲得を前提に調査に乗り出したそうです。

確かに、彼が参入すれば、6番右翼の座にピッタリと当てはまりますが…。巨人から直接の移籍にも抵抗がありますし、何せもう年であるのと、ベンチの雰囲気を悪くするのでは、と短所も多いので、獲得には慎重になってほしいものです。

ロッテの初芝清内野手(38)が、現役の引退表明をしましたね。

この日、バレンタイン監督に引退を申し出た初芝は「ことしの春季キャンプから体力的なものを感じて、(引退を)選択肢に入れながらやっていた。若い力も出てきたから」と話した。レギュラー・シーズンの本拠地最終戦となる22日のソフトバンク戦で、引退セレモニーが行われる。
 初芝は東京・二松学舎大付高から東芝府中を経て1989年にドラフト4位でロッテに入団。95年には80打点で打点王のタイトルを獲得するなど、強打の三塁手としてチームを支えた。この日までの通算成績は1726試合で打率2割6分5厘、232本塁打、879打点。(共同通信)


お疲れ様でした。なお、引退後も、球団には残るそうです。


明日から大学の後期が始まります。ダルい…。しかも1限からです。メンドい…。

でも、気力を振り絞って、早起きして、ラッシュにもまれて授業に行きます。明日から大学始まる皆さん(始まっている方も)、後期も頑張りましょう。

じゃ、今日はこの辺で。

P.S.横浜の斎藤隆投手は19日、広島19回戦(横浜)に先発し、5回新井を右飛に打ち取り通算1500投球回を達成しました。初登板は1992年4月7日広島1回戦(横浜)で、プロ156人目です。また、広島の比嘉内野手は同日、同試合の8回、代打でホルツから本塁打を放ちプロ初打席本塁打を記録しました。広島では1999年の広池以来、セ・リーグ21人目です。

お二方とも、おめでとうございます。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-09-19 21:57

<< 井川、テンポの良い投球ながらも... 昨日の鬱憤を晴らす快勝!4アー... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE