昨日の鬱憤を晴らす快勝!4アーチでM8!

快勝で連敗を防ぎました。

今日の先発は、セ・リーグ防御率2位の藤井と、安藤が夫人の看病のために登録抹消となり、急遽先発を任されることになった能見。

能見は、立ち上がりは不安定だった。

一死から宮本にヒットを浴び、岩村に四球を与え、続くラミレス。

高めのスライダーを狙われた。レフトへ大きな当たり。これが適時二塁打となり、二者生還。いきなり2点を先制されてしまった。

しかし、ここから能見のピッチングは良くなっていった。

リグス・真中を打ち取り、エンジンがかかったのか、2回から6回まではわずか3安打に抑えた。

一方の打線は、2回に赤星の適時打で1点を返し、3回。

関本・アニキと打ち取られ、簡単に二死となったが、続く今岡。

高めの直球を一振り。打球は綺麗な弧を描いてレフトスタンドへ突き刺さった。第27号ソロアーチは、同点の一発となった。

さらにシェーン砲がヒットでつなぎ矢野。

インコースのチェンジアップを捉えた。これもレフトスタンドへ突き刺さった。第17号逆転2ラン。これで流れは阪神に回ってきた。

4回、一死から赤星がヒットで出塁。即盗塁の後、鳥谷が死球で、一死一、二塁。そして、関本がレフト前へ適時打。これで3点差に広げ、アニキ。

直球を捉えた。「風よ吹け」の祈りが届き、打球はレフトスタンドへ。第37号3ランホームランとなり、試合は決した。

さらに今岡が死球を受け、シェーン砲が三振のあと、矢野。フルカウントから、ボール球のスライダーを振りぬいた。打球はレフトスタンドへ。

2打席連続の第18号2ランホームラン。結局この回だけで6点を奪い、試合の大勢を決めてしまった。

能見は7回に3連打で1点を失うも、合計3失点。まずまずの成績でマウンドを降りた。

その後は、橋本が1イニングを投げ無失点。

最終回は藤川。簡単に3人で…と行きたかったが、今日は調子が悪かったらしく、宮本・志田に連打を浴びて、ラミレスに三塁打を打たれ、2失点。シーズン防御率0点台は厳しくなったが、まぁ、こういう日もあるとすっぱり切り替えて、次で頑張ってほしい。

結局試合は11-5で、
d0041058_23221362.jpg
阪神が快勝した。

他の試合。

セ・リーグ。

中日-広島。小笠原-長谷川の先発。コイは1点を追う7回、内野ゴロで同点とした後、嶋の23号中越え3ランで勝ち越した。さらに栗原の犠飛で1点を加え、この回計5点を奪ってそのまま逃げ切った。竜は1度は逆転したものの、守りのミスから傷口を広げて4連敗。8-10。

巨人ー横浜。上原-那須野の先発。ハマがサヨナラ勝ちで3度目の5連勝。3-3の9回二死一、二塁で、相川が久保から右中間に決勝打を放った。9回を抑えたクルーンが3勝目。巨人は4度目の5連敗。上原が3点差を守れず中盤につかまり、2併殺など拙攻も響いた。3-4。

パ・リーグ。

楽天-日本ハム。一場-ダルビッシュのルーキー対決。ハムが大勝。新人のダルビッシュがプロ初完封を飾り、4勝目を挙げた。立ち上がりから球威十分で、テンポよく投げて散発2安打。打線も金子(4号2ラン)、セギノール(29号3ラン)の本塁打などで3回までに12点を奪った。ワシは一場が崩れ、6連敗で借金55。0-12。

西武-ロッテ。宮越-加藤の先発。レオは救援の山岸が2回途中から7回まで無走者の好投でプロ初勝利を挙げた。打線は1回にカブレラの適時二塁打で先制。4点差の9回に4点を奪い、試合を決めた。カモメは9回に大塚の7号ソロ、サブローの13号2ランが飛び出したが、反撃が遅過ぎた。8-3。

オリックス-ソフトバンク。ケビン-新垣の先発。タカが新垣の今季2度目の完封で、2位とのゲーム差を5に戻した。7回、1死一塁から宮地の二ゴロを平野がはじいて一、三塁。代打・大道の中犠飛で決勝の1点を奪った。新垣は制球がよく、3安打11奪三振で9勝目。猛牛は打線が沈黙し、失策に泣いた。0-1。

中日がまた負けてくれたので、マジックは2つ減って8になりました!

中日が9月に入ってから大失速のおかげでマジックの減り方も早くて、23日にも優勝が決定しそうです。今度の直接対決3試合も全部勝って、一気に優勝を決めてしまいましょう!


今日は中秋の名月、十五夜ですね。お月見はしましたか?

私は新宿まで出向いて月見団子を勝って食べましたよ。そんなに月は見えませんでしたが、まぁ、季節を食べ物で感じると言うのも、また風流なんでいいかな、なんて思っています。

明後日から大学の授業が再開します。ダルいですねぇ…。でも、学業するために大学に入ったわけなんで、ウダウダいっているわけには行かないので頑張ってやっていきたいと思います。

それじゃ、今日はこの辺で。さようなら。

P.S.大相撲、今場所の琴欧州が絶好調ですね。ここまで土付かずの8勝。それを朝青龍と稀勢の里が1敗で追う形になっています。朝青龍の優勝を、琴欧州は止めることができるのでしょうか?大相撲も興味が尽きませんね。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-09-18 21:52

<< 杉山2回持たずKO!最後の首位... 先発が崩れ、野手も失策で足を引... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE