種田爆発!4の4で巨人粉砕!

今日はセ・リーグのナイター1試合のみでした。

早速、巨人-横浜戦の結果をどうぞ。

今日の先発は、最年長最多勝を狙う巨人・アヒルと、屈指の巨人キラー・土肥だった。

初回にして、すでに今日の試合の明暗が分かれたと言ってもいい感じだった。

1回表、巨人は、二死の後、二岡がヒット。続く小久保は死球で二死ながら一、二塁のチャンスを作り、ウナギイヌ。

しかし、相性が勝った。土肥は変化球をひっかけさせてウナギイヌを打ち取り、立ち上がりを無失点で切り抜けた。

そしてその裏。

1番の石井がライト前へヒットで出塁。続く小池が犠打を決め、一死二塁。さらに金城が内野安打で続き、チャンスを広げて、4番・佐伯。

アヒルの低めの速球を捕らえ、センター前へ。
d0041058_2354998.jpg
石井が生還し、1点を先制した。

続く多村は打ち取られたが、昨日決勝の三塁打を放った種田。

低めのカーブを振りぬいた。これがセンター前へ抜け、適時打とし2点目。7番・村田もフォークをレフトへ痛烈な当たり。これも適時打となって3点目。

初回に、両チームの勢いの差が出た。

しかし、巨人も苦手の土肥に反撃。

3回、二死となった後から矢野。5球目のチェンジアップを振りぬいた。

形を崩されながらだったが、打球は勢いよく巨人ファンの待つレフトスタンドへ。反撃の狼煙となる第5号ソロホームラン。

さらに二岡はレフトへライナー性の二塁打を放ち、チャンスメイク。

ここで4番小久保の場面だったが、ハマバッテリーは立ち上がらずに敬遠。塁を埋めてウナギイヌ。

直球を振りぬき、打球はライトへライナーで飛んでいった。これが適時打となり、2点目。1点差に詰め寄った。

なおも二死一、三塁の好機だったが高橋由が外野フライに倒れ、同点には追いつけなかった。

そして、追いつけなかったのが巨人には痛手となった。

その裏、またしても新マシンガン打線が火を噴いた。

一死から、佐伯がヒットで出塁すると、続く多村が初球の直球を捉えた。

完全復帰をファンに見せ付ける第26号2ランホームラン。1点差に詰め寄られた場面で、効果的な突き放しとなるホームランになった。

さらに種田がヒットで出塁。村田凡退の後、相川がヒットでつなぎ、打者は投手・土肥。

インコースの直球を振りぬいた。打球は、サードとレフトの真ん中に落ち、適時打となった。思わぬ形で追加点が入り、点差は4と大きく開いた。

自らの適時打で気分が乗ったのか、土肥はエンジンがかかった。4回から7回まで、巨人打線に走者を許さぬ好投。そのマウンド裁きは、まさに巨人キラーだった。

ハマ打線は、5回に多村・種田の連打で作った好機に、相川が適時打を放ち、7点目を取り、巨人を突き放した。

土肥は8回、久々に二岡にヒットを許し、走者を背負うも併殺で切り抜け、9回にウナギイヌに25号のソロ一発を浴びるも、後続は断ち、お得意様巨人から、久々の勝ち星を挙げた。
d0041058_2361452.jpg
ハマは3連勝で、巨人は3連敗。

3-7の試合であった。


さて、今日は球界に色々なニュースが駆け巡りました。

まず最初は、広島の野村謙二郎内野手(38)の引退会見の話題から。

野村は「自分がモットーとしている『闘志を前面に出す』ということができなくなってきたから」と引退の理由を挙げ、「ここまでやれた自分に誇りを持っている。充実した、あっという間の17年だった」と選手生活を振り返った。今後については「全くの白紙。残り試合が終わってから考えたい」と明言を避けた。
 野村は大分・佐伯鶴城高から駒大を経て、1989年にドラフト1位で広島に入団。俊足好打の内野手として91年のリーグ優勝に貢献するなど、長く主力選手として活躍した。盗塁王とベストナインに3度輝き、95年には打率3割1分5厘、32本塁打、30盗塁でプロ野球史上6人目となる「トリプル3」も達成した。 (共同通信)


赤ヘル一筋17年で、ここ数年、低迷するチームを引っ張り続けて2000本安打を達成した彼は偉大です。カープ首脳も、彼を将来の監督に迎え入れる予定だそうで、新球場(2008年に完成予定)の落成と同時に、監督就任を依頼する形になりそうです。

なんにせよ、赤ヘル球史に名を残した名選手の引退ですから、ここは「ごくろうさま」と一言言うのが礼儀ですかね。

野村さん、お疲れ様でした。

さて、次は引退関連で、ヤクルトの古田敦也捕手(40)の監督就任騒動の話題。

プロ野球ヤクルトの堀澄也オーナーと多菊善和社長が16日、東京都内のヤクルト本社で会談し、今季で契約が切れる若松勉監督(58)の後任として、古田敦也捕手(40)に来季の監督就任を要請する方針を固めた。20日以降に古田本人と直接話し合い、正式に要請する見通し。
 古田は今季で2年契約が切れることもあり、去就が注目されている。前日(15日)の試合後には「培ってきたことを伝える責任はある」と将来的に指導者に就くことには肯定的だが、「やれる限りは現役でやりたい。来年もやるつもりでいる」と現役続行への強い意欲を示している。
 球団が選手兼任監督を要請する可能性もあるとみられるが、古田は前日に「たくさんのファンが望んでいるなら考える。でも大変」と話すにとどまり、現役続行のために他球団へ移籍する可能性があることも示唆している。 (共同通信)


古田は果たしてプレイングマネージャー就任となるのでしょうかね?本人の口ぶりからすると、ひょっとしたらやるかも、と言う感じですが、現役続行のみの希望で移籍する、と言う話になったら、手を挙げる球団は山ほどあるでしょうね。古田はヤクルトの大事な戦力であることに加え、重要な客寄せパンダである以上、彼の流出は避けたいでしょうから、現役一本で妥協するかもしれませんね。来季は、大矢明彦氏(野球評論家)か、荒木大輔氏(西武ライオンズ投手コーチ)あたりが監督就任で落ち着くんじゃないかな、って感じです。

監督関連で、次は巨人の監督就任問題について。

巨人の渡辺恒雄球団会長は16日、東京都内のTBSテレビで
「時事放談」収録に臨み、監督問題について「最終日(今季チーム最終戦)の10月5日のころには新監督が決まっているんじゃないか」と監督交代を示唆した。
 渡辺会長は新監督の人選について「滝鼻オーナーに任せてある」としながらも、次期監督の条件として「若手をうんと育てて、勝つ勢いをつくってくれることが絶対必要だ。第二が明るいこと。年齢は問わない」とした。(共同通信)


で、監督候補筆頭の原辰徳氏は、

東京都内で取材に応じ、監督就任の打診について「ない、ない。実際に何も動きはないし、何も変わってない」と否定した。
 ただ、2年前にフロントとの確執から辞任したことへのわだかまりについて、原氏は「ない。おれにはジャイアンツが故郷みたいなもの。先人たちに育ててもらったわけだから」と語った。監督復帰への意欲を問われると「仮定の話はしない。(動きがあった)その時はお知らせします。みなさんも知りたがっていることでしょうから」と話した。(共同通信)


としました。

口ぶりからすると、原監督就任は時間の問題のようですね。おそらく、原氏一本で読売首脳は行くだろうし、原氏も拒まないと思うので、来季は第2次原政権となりそうですね。

来季、いい伝統の一戦をしましょうね、原監督。

さて、最後はWBC参加の問題です。

WBC参加に向けた対立の構図は「米国対日本」から「NPB対選手会」へと変わっていた。
 NPBは米国側だけが主催する点を問題視した。しかし、野球が2008年の北京五輪を最後に除外される厳しい情勢を考慮した上、米国側との交渉で第2回大会以降は改善の余地があるとの手応えをつかみ参加を決めた。
 だが選手会は最後まで難色を示した。例年ならオープン戦序盤の3月初旬に選手がトップコンディションに持っていくのは難しいなどの理由で開催時期の変更を要望。それが無理とみるやNPBに大会中の故障で来季を棒に振った場合、シーズンオフの契約更改交渉で年俸は下げない、などの補償制度の充実を求めた。
 球団側の反発は強かったが最終的に最大限考慮すると軟化したことや、国際大会の意義を重要視して参加に同意した。
 今後は選手選考が最大のポイント。王監督が求めたのが最強チームの編成で、球団側はアテネ五輪のような1球団2人という枠の撤廃を決めた。しかし、主力選手の中には「公式戦の方が大事」との声が根強い。また1次リーグが日本開催のため、米国でキャンプ中のイチロー、松井秀ら大リーガーにとって参加への負担も少なくない。これまで実現しなかった“最強日本”が結成できるのか。参加決定はスタートラインに立ったにすぎない。(共同通信)


アテネでは色々制約もありすぎて、ベストオーダーを組めませんでしたし、海外組も参加できませんでした。それが理由かどうかは微妙ですが、日本は銅メダルに終わってしまいました。

とりあえず、イチロー・松井(秀)の参加なくして、日本最強のオーダーは組めませんよね。

因みに、私の考えるオールジャパンの布陣です。

監督:王貞治(福岡ソフトバンクホークス)

1(右) イチロー(シアトル・マリナーズ)
2(中) 赤星憲広(阪神タイガース)
3(三) 小笠原道大(北海道日本ハムファイターズ)
4(左) 松井秀喜(ニューヨーク・ヤンキース)
5(指) 松中信彦(福岡ソフトバンクホークス)
6(二) 井口資仁(シカゴ・ホワイトソックス)
7(捕) 城島健司(福岡ソフトバンクホークス)
8(一) 福浦和也(千葉ロッテマリーンズ)
9(遊) 川崎宗則(福岡ソフトバンクホークス)

先発投手
・杉内俊哉(福岡ソフトバンクホークス)
・松坂大輔(西武ライオンズ)
・渡辺俊介(千葉ロッテマリーンズ)
・三浦大輔(横浜ベイスターズ)
・安藤優也(阪神タイガース)
・上原浩治(読売ジャイアンツ)

中継ぎ投手
・藤川球児(阪神タイガース)
・石井弘寿(ヤクルトスワローズ)
・菊地原毅(オリックスバファローズ)
・藪田安彦(千葉ロッテマリーンズ)

抑え投手
・岩瀬仁紀(中日ドラゴンズ)
・豊田清(西武ライオンズ)

こんな感じですがいかがでしょう?あくまで、私一人の偏見で決めてますので。

とにかく、イチローあたりがオールジャパンに入ってくれると、やっぱり違うので、ぜひともそちらの調整も付けて、日本を世界一に導いて欲しいものです。

今日は、こんな感じです。

それじゃ、また明日。

P.S.引退する野村選手の背番号7は、広島の“永久預かり”の番号になるそうです。球団は、永久欠番を提案したようですが、野村が拒否。野村自身が7にふさわしいと言う選手に対して与える形を取るそうです。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-09-16 22:42

<< 先発が崩れ、野手も失策で足を引... 6連勝で3年連続G戦勝ち越し!... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE