13年前のあの日、人生が変わったに違いない。

いきなり何を言ってんだ、お前は。って感じですよね。タイトルの意味は、(○ε○)氏のブログ9月1日付けの記事に対して私がしたコメントに由来しています。

ま、聞きたくないと言う人はさっさとこのページを閉じてもらって構いませんし、ネタじゃねぇの?と思った方は聞き流してくださって結構です。

とりあえず、利用規約に違反しない程度で且つ、自分の覚えている範囲でちょっと13年前の幼き私の青春の一コマをお届けしたいと思います。

そう、13年前…私は長沼幼稚園と言う、学校法人東京音楽学院が経営する私立の幼稚園に通っていました。当時の私は5歳。3月生まれなので、5歳で年長組に在籍していました。

当時の私は、いじめられっ子でした。このいじめられっ子生活は小学校2年生まで続きました。

ま、そんなことは置いといて。

で、幼稚園の頃と言えば、幼馴染と言うか、なんか親同士とかが仲良くて、いつも一緒にいた女の子がいたじゃないですか?私にもそんな女の子がいました。

名前はAちゃん(仮名)と言いました。活発な女の子で、いつも皆をぐいぐい引っ張っていくような元気な女の子でした。

私の通っていた長沼幼稚園と言うのは、名前の通り、京王線の長沼駅の近くに設立されており、園児の大半が長沼町や隣接する北野町に住んでいたのですが、Fちゃんと私は打越町と、ちょっと遠目の街に住んでいました。(今も住んでますけど。)

送迎用の園バスがあったので、別に登園に苦労したことは無いのですが、この家が近くにある関係で、私の母親とAちゃんの母親が仲良くなり、自然と、私とFちゃんの仲も深まっていきました。

で、年少組の時からいつも一緒にいることが多くて、幼少の頃よくあったでしょう?

「大きくなったら結婚しようね。」

と言う約束が。今から見れば、幼児の戯言と思いますが、当時の私と彼女は真剣でした。

思えば、彼女が私が初めて付き合った女の子でした。3年間の交際(交際と言えるかどうかは微妙ですが。)を経て、卒園後は、お互いに小学校がバラバラになり、彼女と会ったことは、一度もありません。

同じ町に住んでいたのですが、私の家は、北野町寄りのため、私は由井第一小学校に進み、彼女の家は子安町寄りだったため、市立六小に進んでしまい、それっきりなのです。

ま、そんなことは置いておいて。

で、前置きが長くなりましたが本題です。

13年前の或る日、確か図工?と言うか、絵を描いたりする時間だったと思います。

当然、絵を描きました。確かクレパスを使って、大きなスケッチブックに何かの絵を描いて、飾ろう、みたいなことだった気がするのですが…。

それで、一旦お絵かきの時間を中断して、休み時間?みたいな時間に入ったときのことでした。

Aちゃんに連れられて、私は何と女の子用のトイレに連れて行かれました。

なぜそんなことになったんだっけなぁ?なんかあったんですよ。何だっけなぁ?

思い出せないのが歯がゆいのですが、それ以上に鮮烈に覚えてるのが、彼女が私の前で用を足したんですよ。(小ですよ。)これは、はっきり覚えてます。

この時期なら、男の子も女の子も関係なくお風呂に入ったりということがありますが、私は弟しかいないですから、家で妹と風呂に入ったりということもありませんし、ウチの幼稚園は、お泊り保育でも、男女がきっちり分けれていたので、同級生の女の子の衣服のついていない身体を見たのはそれが初めてでした。

年長組と言えば、もう小学生になる直前ですから、そういった女の子の姿にもちょっとした興奮を覚えたりするわけですよ。

私も例外ではありませんでした。

向こうも同年齢ですから、男の子の生理現象などよく知るわけでもなし、目の前で起こったことに不思議そうな顔をしていました。

それで、本能でしょうね。

そこでキスをして、体を寄せて、くっつけたんですよ。下を。

いくら二人とも幼稚園児で身体が小さいとは言え、園児用トイレは狭いと言うわけで、(ドアも閉めてたんでね。)ほんの少し、(1分くらいかな。)そんな甘い時を楽しんで、教室に戻りました。

衝撃でしたよ。ええ。初体験がこんな形になるとは。

その晩はなかなか寝付けませんでしたよ。目を閉じても、彼女とのトイレでの瞬間がフラッシュバックされる感じで。もう興奮しちゃってねぇ…。

でも、子供だったこともあり、次の日にはケロッと幼稚園で普通に生活してました。

しかし、この出来事が私の脳裏に深く焼きついてしまい、私の欲情する対象があの時のままにセッティングされてしまったようなのです。

そして、あれ以来、私が年上の人にムラっときたことはありません。同級生にもほとんどありません。あのときの体験が、私の人生を変えてしまったのかもしれませんね。

と、こんな感じです。直接的な描写を控えると、きついですね。伝わったかどうか疑問なところがあります。

とりあえず、末期ペドの戯言と聞き流してください。本当のことなんですけどね。


さて、今日はサークルの10月ライブに向けての顔合わせ兼、打ち合わせに行きました。

バーミヤンにて昼食を取りつつ、談笑しながら、演奏する曲や、順番、スタジオに入る曜日などを決めました。

それが終わった後は、一旦家に帰ってから、立川で(‘ ε ’)氏とギャザを少々しました。

白はいやらしいですね。タフネス高くなるのは、微妙に困ります。特に、クリーチャーで殴り勝とうというデッキでやるときには。

と、そんな印象を持って帰宅して、特にすることもなく、今に至っています。

それじゃ、今日はこの辺で終わりにします。また明日、お会いしましょう。

P.S.2007年度をめどに、セントラル・リーグにもプレーオフが導入されるかもしれないみたいですね。それと、06年の球宴は神宮だそうなんで、見に行きたいですね。近いですし。ま、料金しだいって気もしますけど。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-09-05 23:08

<< 首位攻防初戦、貧打で、ルーキー... 10回、モンキー決めた!札幌シ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE