阪神外国人論

今日はプロ野球がないので、阪神の外国人のことでも書きましょうか。

阪神の獲る外国人といえば、酷い成績を残す選手、言い換えれば害人ですが、多いという印象がありますよね。

なぜこんな印象がつきまとうようになったのかと言えば、暗黒時代の4番候補だった大リーガーたちがあまりに酷かったからではないでしょうか。

阪神の外国人の獲り方には3パターンあって、

①:アメリカのマイナーの選手を獲る
②:大金で現役の大リーガーを獲る
③:堅実なマイナー選手と他球団で活躍した選手を獲る

と分類できます。

阪神タイガースという球団が初めて獲得した外国人選手は、マイク・ソロムコ(1960~1963)で、今日までに82人の外国人選手が阪神タイガースに籍を置きました。

ソロムコを獲得して以来、93年ころまでは①のパターンで選手を獲得していました。いわゆる害人もいましたが、このパターンで獲った選手はそんなに酷い成績を残すことはありませんでした。

また、ものすごい優良外国人の在籍していた年は、必ず上位につけていましたね。

たとえば、バッキー(1962~1968)などは、通算で236試合に登板し、100勝73敗、防御率は2.31と超優良助っ人投手であったわけです。荒川博とのあの一件さえなければ、もっと活躍できたでしょうに…。彼の在籍していた1964年には優勝も収めています。

いわずと知れたバース(1982~1988)の在籍していた1985年には日本一になっている。もっともバースは阪神の日本一に貢献しただけでなく、日本プロ野球の打撃成績のすべてを塗り替えようか、という勢いの超優良助っ人だったわけで。2年連続三冠王で、1986年の打率.389はあのイチローでさえ塗り替えることの出来なかった大記録でした。最後の巨人戦の敬遠攻めさえなければ、本塁打記録も間違いなく更新していたに違いありません。

また、オマリー(1991~1994)は、在籍した年すべてで3割をクリアする超優良助っ人でした。彼が3番、4番にパチョレック(1992~1993)を配した92年には、ヤクルトと最後まで優勝争いをした年でもありました。このオマリーを解雇したことから、阪神の外国人氷河時代が来たと言っても過言ではないでしょう…。

この3人のほかにも、カークランド(1968~1973)、ラインバック(1976~1980)、ブリーデン(1976~1978)、キーオ(1987~1990)、ゲイル(1985~1986)あたりは優良助っ人と言えるし、89年のフィルダーは、指の怪我さえなければ、バース2世として華々しく活躍したのかもしれません。現に、デトロイト・タイガースで50号本塁打を記録するなど、彼がもし92年にいてくれたら…と思う阪神ファンは少なくないでしょうね。

ところが。誰とは言いませんが、読売巨人の当時のオーナーのワガママで、FA制度が導入されてから、阪神の外国人の獲り方がおかしくなってしまいました。

FA制度の導入により、外国人選手の一軍枠が2人から3人に拡大(98年には4人へ拡大)され、二軍にいたっては無制限となったことで、阪神は資金力に物を言わせ、巨人もビックリの外国人乱獲に出たのでありました。

暗黒時代の害人の筆頭はもちろん、マイク・グリーンウェル(1997)、彼しかいません。年俸3億5000万円ながら、7試合の半ばで自打球を右足に当て、帰国し退団という、国際詐欺師。そのわりに併殺打が4本と、ミセリもビックリするくらいの害人。

他にも、年俸2億7000万円で、大リーグ通算226本塁打の大物、ロブ・ディアー(1994)などは、打率.151、三振率.396と、清原もビックリするような成績で帰国してみたり、マイク・ブロワーズ(1999)は、前年の47万5000ドルから大幅アップの120万ドルで契約し、意気込んで使ってみたところ、打率.251、10ホーマーで8月前には帰国。三振数だけは73試合で78個という数字を残してみたりと、ロクなもんじゃない。他にも、マース(1996)、ハイアット(1997)、シークリスト(1997)、マクドナルド(1997)、フランクリン(2000)など、枚挙に暇がないです。他にも素行不良で解雇になったダレル・メイ(1998~1999)など、1994年から2001年の間で阪神は29人の外国人を獲り、さらに6度最下位に沈んでしまいました。

この時期の優良助っ人はほとんど皆無に等しいですが、強いてあげれば、クールボー(1995~1996)の1年目、リベラ(1998~1999)、ハートキー(2000)くらいでしょうか。これでも「優良」の冠からはだいぶ遠い気がします…。

そして、星野監督就任の2002年から、外国人事情が変わりました。③のパターンですね。

まず、現役大リーガーの乱獲を止め、いいマイナーの選手や、他球団で活躍した選手を選ぶ方針に変え、これが見事に成功しました。

トレイ・ムーア(2002~2003)は開幕から7連勝と、優勝に貢献した、優良助っ人投手。ま、夏場に失速して解雇されてしまいましたが。何より彼は、野手顔負けの勝負強いバッティングと、ヘッドスライディングで観客を魅了しました。2年間で20勝17敗で、防御率3.72は投手としてはそこそこですが、打率.295は圧巻です。

ジョージ・アリアス(2002~2004)は、オリックスから移籍してきた大砲で、優勝した2003年には38本塁打、107打点と、優勝に大きく貢献しました。守備もうまく、人気も抜群だったのですが、あまりに波のあるバッティングが首脳陣の構想からはずれ、解雇されてしまいましたが、暗黒時代から見れば、神のような存在でした。

他にも、優勝に貢献した選手と言えば、ジェロッド・リガン(2003~2004)がいました。

まぁ、この時期にもあまり役に立たなかった助っ人はいます。ホワイト(2002)、ポート(2003)、モレル(2004)、マイヤーズ(2004)、ホッジス(2004)など。しかし、群を抜いて強烈な印象を残してくれたのが、マイク・キンケード(2004)。彼はどこのポジションでも守れるユーティリティプレーヤーで、しかも、オープン戦でホームランを量産し、シーズンでかなりの活躍を期待されましたが、シーズンに入ってから、ホームランの数は減り、代わりに、死球を量産していました。とにかくボールが身体に当たる。シーズン全試合を出れば、間違いなく記録更新だったのですが、ケガを頻発し、それはなりませんでした。

そして、今日に至るわけです。

現在、阪神タイガースに籍を置く外国人選手は、アンディ・シーツ(2005~)、ジェフ・ウィリアムス(2003~)、シェーン・スペンサー(2005~)、ジェイミー・ブラウン(2005~)、ダーウィン・クビアン(2005~)と5人いるわけですが、まぁ、来年も続投する可能性が強いのは、シーツとウィリアムスの二人ですかね…。

シーツは、広島時代から堅実な守備と、巧みなバット・コントロールが評判でしたが、今季もそれに衰えはないですね。打率も3割を上回る好成績ですし、なにより守備が巧いです。彼のファーストは天下一品ですね。

ウィリアムスは、2003年の優勝時にはストッパーとして大活躍。今年は、浪速のJFKの一角として勝ちパターン投手として頑張っています。彼のスライダーは天下一品です。曲がりすぎ…。

とまあ、現役大リーガーを獲るのはダメだ、と言うことがわかるまで、実に7年の月日を要し、使った金額は計り知れません。しかし、しっかりとした外国人獲得方針が出来た今、長かった低迷時代を超えて、黄金時代を築いてもらいたいものです。

それにしても、現役大リーガーって、日本じゃまず成功しないですね。ミセリといい、キャプラーといい…。なぜなんでしょう?


さて、高校野球の結果でも書きますか。

前橋商-日大三。両チーム10安打ずつの打撃戦は日大三が堅守で逃げ切った。三回2死一、三塁から、中山の左中間2点二塁打で逆転。五回は5長短打で3点、八回は敵失に乗じて2点を加えた。前橋商は九回、代打・松島の左前2点適時打で3点差に迫り、なお2死満塁と攻め立てたが、後続が倒れた。 6-9。

日本航空-駒大苫小牧。駒大苫小牧が16安打で圧倒した。二回、岡山の適時打と本間の適時二塁打などで5点を挙げ、その後も着実に加点した。八回途中まで投げた田中は12奪三振。日本航空も10安打を放ったが、六回無死満塁の得点機を逸するなど、代打・保坂のソロで零封負けを免れるのがやっとだった。1-13。

樟南-銚子商。樟南は相手のミスにつけ込んで徐々に点差を広げた。三回に内野安打2本と敵失などで1点を加えた後、四回は安打と敵失で無死二、三塁とし、佐田の2点適時打と暴投などで3点を追加した。銚子商は佐田の前に六回まで無安打。七回に長沢の二塁打で2点を返したが、及ばなかった。6-2。

鳴門工-高陽東。打線好調の鳴門工が逆転勝ち。1点を追う四回無死満塁から敵失で追いつき、さらに藤の勝ち越し2点打など4連打で3点を追加。五回は堀江の適時二塁打と藤の2ランで3点を加えて突き放した。高陽東は鳴門工と同じ14安打を放ちながら、要所を抑えられ、5失策と守備の乱れも響いた。10-3。


しかし、最近時間をもてあましてます。今日も一日ギターとビデオと、ひきこもりみたいな生活をしていました。

ま、とにかく、そう、阪神。阪神が明日からのハマ戦を勝ち越してくれることに期待しますよ。竜が引っ付き回ってしょうがないですから、このへんでガーンと突き放したいところです。

ま、そんな感じで今日はおしまいです。

P.S.そういや、オリックスの加藤2軍監督が復帰しましたね。あと、SHINJYO、来季もハム残留らしいですね。
[PR]

  by crazytigersfan | 2005-08-15 23:49

<< 痺れる投手戦の結末は… 何とか連敗脱出! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE